たまこラブストーリー BDを買いました。

映画「たまこラブストーリー」が思った以上に良かった。

「たまこまーけっと」はテレビ放送で見ていて好きな作品だったので劇場版ということで映画館に見に行きたかったのですが、なかなか機会がなくて見に行けませんでした。
いや、「機会がなくて」というのは違うか。「けいおん!」の劇場版は映画館に何回も見に行ったのに「たまこラブストーリー」を見に行かなかったのは正直たまこまーけっとにそこまで思い入れが無かったからです。
なのでこのBDも予約していなくて「まぁ機会があった時に買えばいいかな」くらいに思ってて、買うか買わないかも微妙な感じだったのですがちょっとレビューを見てみたらかなり評価が高くて。
そんなにいいなら見てみるかと思ってポチろうとしたら在庫切れ!そうなると俄然欲しくなりますよねw
それで在庫の復活したタイミングで購入。

たまこラブストーリー01

届いたので早速見てみましたが、これは良かった!

高校3年生のたまこたち。みどりは進学、かんなも建築学科へ進学、史織は留学と周りが進路を決めている中、その変化に戸惑うたまこ。
そんな中、もち蔵から東京の大学に行くという報告。と同時に告白されて変わらないと思っていたもち蔵との関係も変化していくことに戸惑い、悩み・・・。それを乗り越えていく青春ラブストーリー。
何だか思った以上に「近くて遠い、ふたりの恋」が描かれている映画でした。

「劇場版けいおん!」はTVアニメの「けいおん!」が好きな人の為の作品で、もちろんそれはそれで大好きです。
しかし、この「たまこラブストーリー」はTVアニメ「たまこまーけっと」未見でも楽しめる青春群像劇という感じ。
若い人はもちろん、年配の方が見ても面白いと思える作品だと思います。

それと、作画、演出は「さすが京都アニメーション」という感じ。
特に凄いと思うのが、被写界深度が浅い。見せたい物にピントが合って背景はボケてて、川でのシーンでは玉ボケしてるしアニメーション作品とは思えないです。
最後の告白の返事のシーンの演出はヘッドマウントディスプレイで見ていることもあってか鳥肌が立ちました。

それと映像、演出を引き立てる音楽もとても良かったです。
どの曲もシーンに合った素晴らしい音楽でしたが、特にトイレの前でもち蔵とみどりちゃんが話しているシーンとたまこが告白されて走っているシーンの音楽はとても気に入りました。
別に珍しくもないストーリーで「ラストに大どんでん返し!」みたいな事もない王道中の王道。
文字にすると全然面白くない作品ですが見てみると面白い。
それが作画のためか演出の良さからか音楽がいいからか・・・。きっと全てが高次元でバランスした結果なのでしょう。
深夜アニメの、所謂「萌えアニメ」の劇場版とはちょっと違う。「面白い映画」でした。
機会があれば見てみてください。「青春!」って感じのいい映画ですよ。


とてもいい映画ですが、強いてダメな点を挙げるとすると、かんなちゃんの出番が少ない!
TVアニメの時からダントツでかんな推しなので残念でした。

そんな私の一番のお気に入りシーン!↓
たまこラブストーリー02
マーチングフェスティバルに出るように説得してるかんなちゃん。

次に気に入ったシーン↓
たまこラブストーリー03
セーラー服あんこ。

一番の名シーン↓
たまこラブストーリー04
これはどういうことか?映画を見た人は納得だと思います。
気になる方は映画を見てみると分かってもらえるとことでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

第四純愛丸

管理人:第四純愛丸
愛知県の片隅でアニメ見たりラノベとか同人誌読んだりビール飲んだり音楽聴いたりしてます。
買ったもののレビューやら思ったことをつらつら書いてます。

最新記事
カテゴリ
リンク
楽天
最近買ったもの
最近買った本
ブログパーツ