アナと雪の女王 3Dが届きました。

やっとアナと雪の女王のBD買いました。

今更感がありますがアナと雪の女王のBD買いました。

アナと雪の女王 01

映画館で見てから円盤出たら絶対に買おうと思っていたのですが、予約していなくて発売直前に買おうと思った時には3Dが売り切れていて10000円くらいで転売されていました。
3D版が欲しいけど転売屋から買うのも・・・。でも仕方ないか・・・。などと悩んでいたのですが、どうやら通常版を買うと3D版を買う権利が与えられるとか。
それなら早速ポチろうと思ったのですが、せっかくヨドバシの店舗に行ける機会があるから店舗で買おうということで養豚場ミーティングの時に秋葉原のヨドバシで買ってきました。

ホテルに帰ってきてから早速開封してディズニーストアで注文。
2160円ですが、通常版に同梱されていたクーポンコードを使って1944円で買えました。
ただ、このディズニーストア内で通常版は簡単に見つかるのに3D版がどこにあるのかよくわからなくて購入ページに行くのにすごく苦労しました。同じような人のために一応リンク貼っておきます。
アナと雪の女王 3D購入ページ

この2Dを買うと3D版の購入権利が手に入るというMovie NEX商法?は批判されていますね。ボッタクリだと。
とは言っても3660+1944=5604円なので訓練されたアニオタに言わせてみればずいぶん安く感じますけどね。
2話しか入っていないディスクに7000円以上払うのが普通になっているのでw

そんなこんなで注文して、すぐにディズニーストアから届きました。

アナと雪の女王 04
箱可愛いですね。大きな箱で来たので何かおまけがあるのかと思ったらディスクだけ入っていました。
Amazonもビックリの過剰梱包。

アナと雪の女王 05
3Dと書いてありますね。2Dと3Dが選べるなら絶対3Dの方がいいと思います。


別に映画本編のレビューなどはしないのでアナと雪の女王に関してはブログに書く予定は無かったのですが、なぜブログに書こうかと思ったかと言うと今までの自分の3Dに対する考え方が変わったからです。

今までそんなにたくさんの3D作品を見てきたわけではないですが、私の経験からすると3D作品というのは“飛び出し感”よりも“奥行き感”がすごいという感じでした。
このアナと雪の女王も本編は“奥行き感”がある作品でした。それなので3Dというのは“奥行き感”には強いけど“飛び出し感”を出すのは難しいものだと思っていました。
しかし、ボーナスコンテンツの『短編アニメーション ミッキーのミニー救出大作戦』を見てからその認識が変わりました。
“劇場のスクリーン上に映しだされたミッキーがスクリーンを破って劇場に飛び出してくる”というシーンがあるのですが、こちらに飛び出してきた時に思わず体が仰け反って声が出そうになるほどの飛び出し感に驚きました。
映画館で見た時もすごかったのですが家で改めて見てもビックリしました。

その事から考えるに、きっと“飛び出し感”を強調しすぎた作品だと見ていて疲れてしまうから普通のシーンでは“奥行き感”でここぞという時に“飛び出し感”を強調するくらいがちょうどいいのだと思いました。
今まで「3Dって言ったって奥行きだけで飛び出しが無いからな~」なんて舐めていましたが3Dとは思ったより出来る子でした。
なので“アナと雪の女王”というか“ミッキーのミニー救出大作戦”の感動を伝えたくてブログを書きました。
3Dに私と同じような感想を持っている方は一見の価値アリです!
これって自分が知らなかっただけでもっと飛び出し感全開の作品とかもあるんでしょうかね?あったら見てみたいです。

余談ですが我が家には3Dのでかいテレビを置く場所も無いし、そもそもそんなに映画を観る方でもないので大きなテレビは必要無いので3D作品はヘッドマウントディスプレイで見ています。

このヘッドマウントディスプレイという物は素晴らしいと思うのですが、どうも世間では認知されていない、若しくは認知されていてもおもちゃのようなものと思われている感がありますが3D映画を観るならこれほど適しているものも無いと思います。
是非一度家電量販店等で体験してもらいたいです。

アナと雪の女王 03
私が愛用しているのはソニーのHMZ-T1です。
予約開始直後に予約して、届くまでワクワクしてしょうがなかったのがいい思い出です。
映像は素晴らしいですが、いかんせんヘッドホンは本当にショボイので改造して外しています。
後継機のHMZ-T2以降ではヘッドホンが選べるようになっているのでそういう声が多かったのでしょう。


アナと雪の女王 06
外したヘッドホンの替わりにソニーのサラウンドヘッドホンMDR-DS7500を使っています。
当然ですがヘッドマウントディスプレイに付いているヘッドホンとは雲泥の差です。

アナと雪の女王 02
ユニット系はメタルラックと自作の棚に収めてあります。
自作なので色々な機器がピッタリ収まっているので気に入っています。


今はヘッドマウントディスプレイもサラウンドヘッドホンも新型が出ているのでそっちもちょっと気になりますね。
FHDパネルが採用されたら買い換えようと思っているのですがHMZ-T3でもまだHDパネルなのでHMZ-T4あたりでFHDになるのを期待!
3Dテレビという物は家電量販店等の店頭でしか体験したことがありませんが、やっぱり3Dテレビよりヘッドマウントディスプレイのほうが没入感があるので映画を見るなら絶対こっちがいいと思います。(ホームシアターを構築されている方は別ですが)

今回、3Dの話と言う事で私の3D視聴環境も書いてみました。
ヘッドマウントディスプレイを検討している人の参考になれば幸いです。

ソニー ヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewerソニー ヘッドマウントディスプレイ “Personal 3D Viewer" HMZ-T3
()
ソニー

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ディズニー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

第四純愛丸

管理人:第四純愛丸
愛知県の片隅でアニメ見たりラノベとか同人誌読んだりビール飲んだり音楽聴いたりしてます。
買ったもののレビューやら思ったことをつらつら書いてます。

最新記事
カテゴリ
リンク
楽天
最近買ったもの
最近買ったラノベ・マンガ
ブログパーツ