結局バンド調整工具も購入!

明工舎 ブレスレット アジャストツールセットを買いました。

先日買ったお気に入りの時計ですが、ヨドバシで買って近所の時計屋でバンド調整してもらったと書きました。
その時は「ちょっと緩めだけどあと1コマ詰めるとちょっとキツイかな」という感じだったので2コマ詰めてもらってバックル部分の2段階の微調整箇所を小さい方にしてもらいました。
家で付けている時は問題なかったのですが、いざ初めて付けて出かけてみたら歩行中に手首の骨の出っ張っているところくらいまで落ちてくると時間を見ようと思った時にちょっと時計が回りそうなくらい緩くなってしまいました。
かと言って、落ちてこないくらい肩側に時計を付けるとちょっと時計の位置が不格好になってしまいます。

これならもう1コマ詰めても大丈夫そうだからもう一回詰めてもらおうと思いましたが、いざ詰めてみたら今度もその場ではちょうど良くてもいざ使ってみたらキツいとなると厄介だなと。
最初に「これからもバンド調整は店に任せるから工具は買わない」という方針で工具を買わなかったので今さら工具を買うのは何だか負けた気になりますが、何回も時計屋に通うよりはいいしどうせまた時計を買うこともあるだろうから思い切って買うことにしました。

色々調べたらだいたい3000円程度で必要な工具は揃うみたいなので早速ポチろうかと思いましたが、ちょうどハンズに行く予定があったのでハンズで探してみて無かったらネットで買ってもいいかと思いハンズに行ったらこの商品があったので買ってきました。

ブレスレットアジャストツールセット 5
ブレスレット アジャストツールセットというもので、
バンド調整に必要な物がセットになっています。

ブレスレットアジャストツールセット 1
箱を開けるとバンド調整の方法が書いてある説明書が入っています。

ブレスレットアジャストツールセット 2
箱の中にはきれいに工具が収まっています。
ハンズのガラスケースにこの状態で入っていて、この収まり具合が気に入って即決しました。
どうせ開封したら箱は捨てるのにw

安い物をバラで買うと3000円程度で、同じものもネットで買うとハンズより安いですがそのまま持ち帰りたかったのと、ハンズがポイント5倍だったのでそのまま買ってきました。

早速バンド調整にチャレンジ。

ブレスレットアジャストツールセット 4
まず、このピンを打つ矢印の向きを確認して

ブレスレットアジャストツールセット 8
バイスの穴とピンの位置を合わせて挟んだら

ブレスレットアジャストツールセット 3
工具をピンに当ててピンが抜けるまでハンマーで叩いて打ちぬく。

作業はこれだけです。あとは中に入っているCリングを無くさないように気をつけて、抜いた時と反対側からピンを入れるだけです。実際やってみると、最初から自分でやれば良かったと思うくらいあっさり出来ました。

ブレスレットアジャストツールセット 7
早速付けてみたらちょっとキツめだったので微調整のバネ棒を大きい方に入れ替えました。
これは爪楊枝でも調整できますが、一回バネ棒を飛ばして探すのが大変だったので要注意。

ブレスレットアジャストツールセット 6
時計を水平にした時にバンドが四角形になるのが理想らしいです。
6時側を1コマ外したらきれいに四角形になりました。
バックルの位置がちょうど手首の真ん中に来るようになって装着感も向上しました。

調整が終わってから早速装着して家を歩きまわったり腕を振り回したりしてみましたがいい感じにフィットしています。
以前は指が1本は入るけど2本は入らない。というくらいでしたが、調整後はギリギリ指が1本はいるくらいになりました。

色々と遠回りしたもののこれで快適に使えるようになりました。「やったこと無いし、Cリングを紛失したら大変」なんて言って挑戦しませんでしたが、やってみたら本当に簡単なことでした。
何事もとりあえずやってみないと分かりませんね。
学生の頃に「チャレンジ精神を持て!」と言われていたのに十数年経ってすっかり忘れていました。

ともあれ、これでバンド調整は完璧なので新しい時計を買っても安心です。
さて、次はどの時計を買おうか・・・

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

第四純愛丸

管理人:第四純愛丸
愛知県の片隅でアニメ見たりラノベとか同人誌読んだりビール飲んだり音楽聴いたりしてます。
買ったもののレビューやら思ったことをつらつら書いてます。

最新記事
カテゴリ
リンク
楽天
最近買ったもの
最近買った本
ブログパーツ