腕時計がやって来た!

SEIKO PRESAGE SARX015を買いました。

前回は時計を買うに至るまでから届いたところまで書いたので今回は詳細と感想を書いていきたいと思います。
(いつも画像は容量重視でかなり圧縮していますが今回あまり圧縮せずに、下手くそなりに写真も頑張ったので是非クリックして大きい画像も見てみてください。)

まず、スペックはこんな感じです。以下SEIKOのページより。

駆動方式 メカニカル 自動巻(手巻つき)
キャリバーNo 6R15
ケース材質 ステンレスケース 裏ぶた:ステンレスとガラス
ガラス材質 サファイアガラス
ルミブライト あり(針・インデックス)
精度 日差+25秒〜-15秒
防水 日常生活用強化防水(10気圧)
耐磁 あり
サイズ 縦48mm×横39.5mm×厚さ11.2mm
重さ 151g
その他特徴 スクリューバック
シースルーバック
石数 23石
秒針停止機能

バンド胴元幅は20mmでした。


SARX015 04
到着。何かが届いてこんなにテンション上がったのはかなり久しぶりな気がします。

SARX015 05
白い箱のなかには本体、説明書、保証書が入っていました。
ちなみに説明書はキャリバー6R15共通のものでした。

SARX015 09
かっこいいいいいーー。
写真はバンド調整後のものですが、
開封して保護テープを剥がしている時はテンションマックスでしたw

SARX015 10
斜めから見てもカッコいい。
GSみたいにギラギラではありませんが鈍く光っています。渋い!

SARX015 02
角度を変えるとダイアルに入った模様がうっすら見えますね。素敵!

SARX015 03
アップにすると模様がはっきり見えます。バーインデックスも立体感があってかっこいい。
詳しくは後述しますがSARXにして良かった。

SARX015 01
裏スケになっています。
特別綺麗だったり複雑だということも無いですが機械式という感じがして嬉しいです。
機械式初心者なのでテンプの動きに感動しました。

SARX015 06
竜頭にはSEIKOの“S”の字が。

SARX015 07
イメージではこういうバックルって薄い板をプレスした物なのですが、これは無垢でした。
なんかちょっといい時計っぽい。

SARX015 08
余ったバンドとピンです。Cリング式というものです。
後述しますがこのCリングを無くすと大変らしいです。

SARX015 11
本体はMADE IN JAPANですが箱は中国製みたいです。


率直に言ってめちゃくちゃ気に入りました。
バンド調整して帰ってきてからは5分ごとに眺めたり、無駄に付けたり外したりしたり、新しいおもちゃを与えられた子供のようにはしゃいでます。
今、こうして書いていてもちょっと書いては眺めて・・・を繰り返していて全然進まないですw

腕につけた感想は、今まで全く腕時計をしていなかったのでこの左腕のちょっとした重みが“時計付けてる”という感じで心地いいです。これ、慣れたら「重い!」ってなるんでしょうかね?
どうと言うことも無い事ですが、時計を耳に当てた時に「チチチチチ」と音がするのも“機械式”って感じで感動しました。

実は最後までこのSARX015SARB033のどちらにするか悩んでいたのですが、最終的にSARX015にした決め手はダイアルの模様でした。
いざ手にしてみるとこの模様が角度によって微妙に表情を変えていいアクセントになっていて、かと言って主張しすぎなくてとても気に入りました。SARB033との差額がヨドバシで11320円ですが、この模様代が11320円でも納得というくらい。
買う前はSARX015の角ばったバンドよりSARB033の丸みを帯びたバンドの方が好みだったのですが、このダイアルとサイズのバランスを考えるとこのバンドの方が合っている気がします。

機械式時計なので精度はクオーツに劣るわけですが、私の場合毎日付けるわけでは無いので使う前日に動かして時刻を合わせるという使い方になると思うので精度は気にしません。
一応6R15のメーカーの公称精度は日差+25秒〜-15秒らしいですが、検索してみるとだいたい+-10秒以内に収まっているみたいです。1年保証なので1年後に計ってみて公称値から外れていたら調整してもらおうと思います。

ちょっと前まではAmazon至上主義だったのに最近はヨドバシに浮気しているので今回もヨドバシで買いました。
買った時に還元されたポイントでバンド調整の道具を買って自分でバンド調整しようとも思ったのですが、ちょっと調べたら割りピン式というものなら素人でも簡単に出来るらしいのですがCリング式だと若干難易度が上がって、さらに中のCリングを紛失するとそれ単体で手に入れるのが非常の困難とのこと。
自分で挑戦してうっかりリングを紛失しないとも限らないし、どうせ調整用の道具を買っても元が取れるまで使う事は無いであろうということ。
もし次にグランドセイコーみたいな高価な時計を買ったら傷つけるのが怖くて自分でバンド調整にチャレンジしたりしないだろうということでバンド調整は近所の時計屋さんで1000円でやってもらいました。
ヨドバシ.comで買った時計は実店舗に持っていけば無料でバンド調整してもらえるみたいですが、名古屋にはヨドバシが無いのでしょうがない。2016年に出来る予定らしですが2年も待てませんw

さて、2回に渡り長々と書いてきましたが、初めてのちゃんとした腕時計はとても気に入りました。
そして今まで特に興味が無かった腕時計というものに興味を持ち「次はORIENTが欲しいな~」とか「冬用の革バンドはどこのにしようかな~」とか物色中です。
当分の間は買い足すとしても安い時計でしょうが、いつかはグランドセイコーが欲しいですね。
価格もハードルではありますが、今の自分にグランドセイコーはいささか分不相応なので時計に負けない人になれるよう日々精進しようと思います。
それまでこの時計を大事にしていきます。

後日、動画を撮りました。よろしければこちらも是非御覧ください。
YouTube


ニコニコ動画



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

シンプルイズベスト!
まさにこの言葉が似合う時計だね
プロフィール

第四純愛丸

管理人:第四純愛丸
愛知県の片隅でアニメ見たりラノベとか同人誌読んだりビール飲んだり音楽聴いたりしてます。
買ったもののレビューやら思ったことをつらつら書いてます。

最新記事
カテゴリ
リンク
楽天
最近買ったもの
最近買ったラノベ・マンガ
ブログパーツ