腕時計を買うに至るまで。

SEIKO PRESAGE SARX015を買うまで。

私は仕事で腕時計をしないので腕時計を持っていません。
中学生くらいの時に持っていたくらいで、それ以来ずっと時計をしていなくて時間を確認するのはもっぱら携帯でした。
そんな私が何故時計を買おうかと思ったかというと、単純に「大人になったから」です。
それまでは全然気にならなかったのですが注意して見ると世間の人たちはみんな腕時計をしています。
それで自分も時計をしないとな~と思いつつも時間を確認するのは携帯で十分だからとなかなか手が出せずに数ヶ月が経過しました。
それが何故このタイミングでの購入になったかというと、ひとつは半袖の季節になって腕周りが寂しい感じがするという事です。
次に、今腕時計を買って8月の旅行に付けて行くと後々に「この時計とも色々あったなぁ」みたいな思い出になると素敵かと思って。そういうの結構好きなんです。
それで、どうせ遅かれ早かれ買うものなら旅行の前に買おうと思って買いました。

さて、時計を買うと決めたもののどれを買うかという話になります。
以前に時計が気になり始めた時にもぼんやり考えていたのですが、今回本気で買うにあたって重要視したのは以下の3点です。
1.機械式時計であること。
自分の中ではどうしても「時間なんか携帯でも見られるし、腕時計なんて3000円でそれなりの物が買える」というのがあって、それなのに敢えて腕時計を買うならやっぱり機械式の方がしっくり来るというか。機械式の時計を持ったことが無いので興味もあるし、なんとなくクオーツより愛着も湧くかなという理由です。
2.オーソドックスな3針。あってもパワリザまで。クロノグラフ等はいらない。
これはただの好みです。初めての時計であんまりゴチャゴチャしたのはいらないので。
3.メタルバンドであること。
単純に今からの季節に革ベルトはキツイからというのと、最初に付いているのがメタルバンドなら冬になったら革ベルトに付け替えたりできますが革ベルトからメタルバンドにしようとしても社外品で時計側のRとピッタリ合うものは無いと思われるので。

以上の3点を満たす物を探して、メーカーはすぐにSEIKOに決まりました。安心・信頼のMADE IN JAPANなので。

そこから来る日も来る日もSEIKOのページを眺めて、YouTubeで動画をて、フラッと行ける距離に時計が多く展示されている店が無いのでビックカメラやコメ兵で見たことを思い出したりして、やっとSEIKO PRESAGE アップグレードラインのSARXに決まったのですが文字盤を白にするか黒にするか・・・。
それがどうしても決められなくてまた数日悩んでいて、その中でもちょっと白に気持ちが傾きかけている時に友人に相談したところ「黒の方がいい」とのこと。
また振り出しに戻って悩んでいた時に、仕事のお客さんで年配の方が白い文字盤のSEIKOの時計を付けているのを見て「白い文字盤の時計は年をとってからでも似合うけど黒い文字盤が似合うのは若いうちだけだろう」と思い黒い文字盤のSARX015に決めました。
決まったら早いのですぐにヨドバシでポチッと。

そして本日到着しました。

と、ここまで書いて長くなり過ぎそうなので2回に分けることにします。 続きはこちらです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

第四純愛丸

管理人:第四純愛丸
愛知県の片隅でアニメ見たりラノベとか同人誌読んだりビール飲んだり音楽聴いたりしてます。
買ったもののレビューやら思ったことをつらつら書いてます。

最新記事
カテゴリ
リンク
楽天
最近買ったもの
最近買った本
ブログパーツ