Lightning SDカードカメラリーダーに至るまで

紆余曲折の後Lightning SDカードカメラリーダー購入。

以前書いたACアダプタポーチの記事に「写真に写っているLightning USBカメラアダプタについて色々あった」と書きました。
今日はその“色々”について書いていこうと思います。

そもそもの始まりは「旅先で撮った写真をその日にiPadで確認できるようにしたい」というところからでした。
そこで真っ先に思い浮かんだのはEye-Fiです。
ただ、値段が高いんですよね。16GBで5000円くらいするし、“その日に確認”出来ればよくて“その場で確認”したいわけではないので却下です。
(一応説明しておくとEye-Fiというのは写真を撮るとそのままiPad等にwifiで転送できるSDカードです)

そうなるとLightningコネクタにSDカードを読み込めるものを付ける事になります。
世の中にはそういう物が色々ありますが、アップデートで使えないとかそんな問題が起きないとも限らないので社外品は除外です。

そこで素直にLightning SDカードカメラリーダーを買えば良かったのですが「Lightning USBカメラアダプタなら他の周辺機器もつなげて便利だ」と思ってLightning USBカメラアダプタとSDカードリーダを買いました。
どうせ周辺機器なんて繋がないだろうに。

カメラコネクションキット 4  カメラコネクションキット 1

早速iPadにつないでみたら「接続されたデバイスは消費電力が大きすぎます。」との表示が!!
それで咄嗟に思いついた理由が「USB3.0のカードリーダだからだ!たしか消費電力が大きかったはずだから、それがダメなんだ」というもの。
早速調べたら、やっぱりUSB3.0だと900mAhでUSB2.0の500mAhより大きかったのでそれが原因に違いない。
残念ではあるけどまぁちゃんと調べなかった自分が悪いから仕方ないとUSB2.0の同じようなメモリーカードリーダを買い直しました。

カメラコネクションキット 2

なんだか無駄に遠回りしたけどこれで大丈夫。
早速つないだら「接続されたデバイスは消費電力が大きすぎます。」の表示。
な゛ん゛でだよ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛(CV藤原竜也 西明日香)

はい。もうわけわかんないので素直にLightning SDカードカメラリーダー買いました。

カメラコネクションキット 3

当然なんの問題もなく取り込むことが出来ました。

後になって調べてみたらLightning USBカメラアダプタで電力不足と表示されて使えないという人は結構いるみたいですね。100mAh程度の周辺機器しか使えない?との情報も。
買う前にそのレビューを見ていたら素直にLightning SDカードカメラリーダーを買ったかもしれないと思うと、ちゃんと調べなかったのが悔やまれます。

そして、Eye-Fiは高くつくからということで却下したのですが計算してみると最終的に
Lightning USBカメラアダプタ  3130円
Lightning SDカードカメラリーダー  3130円
エレコム MR3-C004SV  1480円
サンワサプライ ADR-MSDU2W  872円 
合計で8612円かかりました。
はい。Eye-Fiの16GBどころか32GBも買えちゃいますね(泣)

この件はホントにやっちゃった~って感じですね。しかもなんだかんだでEye-Fiに興味が湧いている始末。
これでEye-Fi買っちゃったらLightning SDカードカメラリーダーすらも無駄になるのでどうにか思いとどまっているところです。

まぁ、今回のことはちゃんと調べてから買わないとこんな事もあるという事が分かった授業料だということで。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : タブレット関連
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

第四純愛丸

管理人:第四純愛丸
愛知県の片隅でアニメ見たりラノベとか同人誌読んだりビール飲んだり音楽聴いたりしてます。
買ったもののレビューやら思ったことをつらつら書いてます。

最新記事
カテゴリ
リンク
楽天
最近買ったもの
最近買った本
ブログパーツ