FC2ブログ

またまたまた、カメラバッグを買いました。

カメラバッグ Endurance Ext 購入!

またまたまた、カメラバッグを買いました。
今の手持ちのカメラバッグはオシャレでカメラを持たない普段使いにも使えるAcruのコルメナとそこそこオシャレで機能性バツグンのPeakdesign エブリデイメッセンジャーと、単体での使い勝手は悪くないけどピークデザインのバッグを買ってから使用頻度少なめのincase Ari Marcopoulos CL58033の3つです。

写真を撮りに出かけるときは機材の他にも色々入ってポケットも多いエブリデイメッセンジャーを持っていくことが一番多いのですが、荷物が多すぎるために一日外にいると方の疲労がハンパないです。

となると、バックパックタイプのカメラバッグが欲しくなるところです。
バッグ好きなので実は前から目をつけていたカメラバッグがあって、それがEndurance(エンデュランス)です。
写真好きなら一度は見たことがあるであろう有名ブログのstudio9の中原さんのプロデュースしたバッグです。

初代のEnduranceと改良型のEndurance HGと小さめのExt(エクステンド)があるようですが、私は機材がそこまで多くないのとあまり大きすぎるのも街なかで浮きそうなのでExtにします。

かなり前から存在は知っていて、studio9のエンデュランスの記事を何回も読んだり動画やブログで見て「バックパックタイプのカメラバッグならこれだな」とは思っていました。
それなのに今まで購入しなかったのはズバリ、見た目が微妙だったからです。
見た目というのはデザインと言うよりカラバリですね。

黒、ネイビー、カーキの3色展開ですが、黒はカメラバッグっぽい黒で無難ではあるのですがちょっと安っぽくも見えるので却下。ネイビーは好きな色ですが、写真で見た感じは青すぎる感じがしてちょっと・・・。単体で見ると一番好きなカーキも、いざ自分が背負って歩くとなるとバッグに合う服が無いかも。といった感じで躊躇していました。

そんな私のために(というわけでもないでしょうが)新色が出ていました。それが黒の迷彩柄です。
バッグの中が赤というのも非常に気に入って、これは買うしか無い!と購入したのが2月15日だったのですが発送は4月10日以降になるとのこと。
「桜の時期に間に合わないのか」と諦めていたら偶然AmazonのエンデュランスSHOPで在庫が復活して即発送になっているのを見つけました。
私はYahoo!ショッピングで購入していたので「Amazonの方では即日発送になっているみたいなのでどうにか4月5日到着にならないですか」的な問い合わせをしたらAmazonの倉庫の方から発送手配していただけて3月30日に受け取れました。
親切な対応感謝です。

バッグについての細かい説明は公式の記事がすごく詳しくて分かりやすいのでそちらを読んでいただくとして、届いてから1ヶ月ちょっと使ってみたので私なりの感想を書いていきます。

Endurance Ext 01
最近出かける時のカメラ機材のセットはこちら。
EOS6D2SIGMA 50mm F1.4を付けて交換レンズはSIGMA 35mm F1.4です。
フード逆付けで奥行きがバッグの奥行きとピッタリです。
ちなみに、別の日に24-70F2.8LⅡを借りて撮影に行ったときも仕切りが変形するくらい無理やりですが位置を変えずに入りました。(さすがにフードは別の場所に入れましたが)

Endurance Ext 06
こちらはコスプレ撮影に行った時の中身。
上の空間に愛用のポーチ(モバイルバッテリーとか入れている)が入って下の空間にはでストロボ(430EX 3-RT)を入れていました。この写真は裸で入れていますが、ケース付きでも余裕で入ります。

Endurance Ext 08
メイン収納部分のフラップ部分はポケットになっています。
マチが無くて薄い物しか入らないので携帯を入れています。どうにか背負ったまま手探りでで出し入れ出来るので便利です。

Endurance Ext 02
横から見たところ。ハンドストラップもいい感じに収まっています。
ここからバッグを降ろさずにカメラを取り出せます。それは今までのエブリデイメッセンジャーでも同じですが、フードを逆付けせずに入れてるので本当に出してすぐに使えるのが便利です。

Endurance Ext 07
カメラを横から取り出す部分は薄いポケットがあるのでここにパスケースを入れています。
カメラ同様バッグを降ろさずに取り出せて便利です。

Endurance Ext 09
上気室の部分の外側ポケットには財布を入れています。
中にはメッシュで仕切られた小さいポケットが3つあって、それぞれにバンドエイドとロキソニン等の薬、シューホーン、ゴミ袋を入れています。

Endurance Ext 11
上の気室は一応背中側にポケットがありますが、もうちょっとポケットがほしいところ。
ということでAmazonでバッグインバッグを購入しました。外のポケットにマルミのハンディ・ポケッチがピッタリ収まってラッキー。

Endurance Ext 12
内側にもポケットがあります。写真で上のポケットはマチが無いので使い勝手は微妙。
下はポケットではなく貫通しているのでペンとレンズペンを挿しています。
左のちょっと広い部分は愛用のDAPがピッタリ収まりました。
ハンディ・ポケッチといい、嬉しい誤算がたくさん。

Endurance Ext 10
バッグに入れるとこんな感じ。Amazonによく売っているフェルトのバッグインバッグのMが気持ちいいくらいピッタリ収まりました。
上気室を開けた時にバッグインバッグも一緒に広がって欲しいので片方安全ピンで留めています。それによって、写真に無いハンディポケッチを入れたのと反対側にある大きなポケットが使えなくなりますが、バッグインバッグとバッグの間にスペースが出来るので大丈夫です。
出来たスペースには自転車用スピーカーを入れています。
購入してから、桜を撮りに大阪に行ったり、東京に遊びに行ったり、ディズニーランドに行ったり、ホココスに行ったり・・・と使い倒していますが、特に不満が無いくらい使い勝手が良いです。というか、何より楽!!
まぁ、これはエンデュランスだからというわけではないですけど今まで片方の肩にだけかかっていた負担が分散されるので疲れ方が全然違います。

このバッグは上気室のロール部分を伸ばしたり下気室のマチを増やしたりして容量アップが出来るのも売りのひとつで「便利な人には便利だろうけど自分は使わないだろうな」と思っていました。ところが、この機能にもの凄く助けられたことがありました。
それがGWのことで、せっかくの10連休なので3泊4日で東京に行ってきました。いつもはホテルに宿泊ですが今回は友人の家にご厄介になることになって、手持ちの荷物はこのバックパックに入れて着替え等々は宅急便で送りました。
その送ったダンボールを3日目の夜にコンビニで発送したのでその日の部屋着や歯ブラシ、髭剃り等はバックパックで持ち帰ることになります。
そんな時に容量が多くなるというのはとても便利でした。というか、このバックパックじゃなければ置いていくしか無かったかも・・・。

良いところだけではなく、悪いことも書いておこうと思っても『夏は暑くて使えない』とか『カジュアルすぎる』とか、エンデュランスの悪いところじゃなくてバックパックの悪いところしか思いつきません。それくらいに完成度が高いです。
「じゃあお高いんでしょう?」と思いきや、17,800円とビックリするくらい安いです。単色なら15,800円です。「じゃあ安っぽいんでしょう?」と思いきや、全然そんなことないです。安物感は皆無です。(まぁ特に高級感もありませんが)
重箱の隅をつつくような文句を言うなら、Enduranceのロゴが入ったタグがあんまり好みじゃないところですかねぇ。まぁ、写真の通り届いてすぐに外したので問題ありません。

他の方のブログでも評価が高いみたいですし、私も自信を持ってオススメできます。もっと機材の多い方や縦グリを使う人はさらに便利に使えると思います。
バックパックタイプのカメラバッグをお探しの方、これは良いですよ!!



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : デジタル一眼レフ
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

第四純愛丸

管理人:第四純愛丸
愛知県の片隅でアニメ見たりラノベとか同人誌読んだりビール飲んだり音楽聴いたりしてます。
買ったもののレビューやら思ったことをつらつら書いてます。

最新記事
カテゴリ
リンク
楽天
最近買ったもの
最近買った本
ブログパーツ