ビアグラスを買いました。

ビアグラスを買いました。

かなり久しぶりのレビュー記事。最近、ビアグラスを新調したのでブログに書いてみることにしました。
デリリウム・クリスマスのおまけのグラスを使っていたのですが割ってしまいまして。
それからは適当なコップで飲んでいたのですが、味気ないのでグラスを買おう!と。

有田焼とか錫のタンブラーだとビールの泡立ちが良くなったりとかまろやかになったりとか利点は色々あるみたいですが、ビアグラスはやっぱり中が見えたほうが良いのでガラス製の物から選ぶことにしました。
サブのグラスはそういう素材でも良いかもしれませんけどね。

となると、まぁ選ぶ基準は量とデザインですね。量は350mlのビールと泡が入る程度の量。
デザインは「ビアグラス」で画像検索したり、グラスを扱っているネットショップを眺めて決めました。
で、選んだのはこちら!

ビアグラス 08  ビアグラス 01
ツヴィーゼル ピルスナービアグラス 410cc ZW5537-329978TP です。
紙でできた簡単な箱に入っていました。

ビアグラス 06
クリスタルガラスについての説明の紙と・・・

ビアグラス 05
ビアグラス 04
ビアグラスの紹介の紙が入っていました。

ビアグラス 02  ビアグラス 03
こちらが本体。350mlのビールを入れるとこんな感じでピッタリです。
使い始めて2ヶ月ちょっとになりますが、やっぱりちゃんとビアグラスで飲むと気分が良くて美味しく感じますね。まぁぶっちゃけて言うと、ウイスキーグラスの時みたいな劇的な変化は無いです。強いて言えば飲みくちが薄いから口当たりが良いかな?という程度かと。

そんな薄めのグラスなので細心の注意を払っているのですが、先日洗っている時に別のグラスに思いっきりぶつけてしまいました。完全に「やっちまった!」と思ったのですが、割れることも欠けることもなく無傷で事なきを得ました。
ツヴィーゼルの中でもこのショット・ツヴィーゼルは耐久性に優れているラインらしいのでそのおかげでしょう。以下ツヴィーゼルより引用。

日常で使うなら、信頼できるものを選びたい。厳しい目を持つプロが知っている、強く、美しい、賢いクリスタル。

プロがショット・ツヴィーゼルを選ぶのには、理由があります。
”ワインを美味しく飲んでいただける。””ワインが注がれたときの重さを基準に設計されているので、疲れない。””耐久性にすぐれ、割れにくい。 ― そして、いつまでも輝き、美しい。”
世界120カ国以上の有名レストラン、高級ホテルが指示するSCHOTT ZWIESELです。

とのことで、その耐久性を身を以て知ることが出来ました(笑)

概ね満足して使っていますが、一点だけ気に入らない点が『グラスの奥が洗いにくい!』です。スポンジがギリギリ底まで届かなくて、かと言って水筒を洗うようのスポンジを使うまでもないのでスポンジを菜箸で押し込んで洗っています。
これはしっかり考えれば分かりそうなものですが、買うまで気づきませんでした。
ちなみに食洗機の利用はOKとのことです。

これを使うことによっていつものビールが美味しくなる!と言い切るほど変わるものでもありませんが、見た目に美しくて気分良く飲めるようになりました。普段適当なコップでビールを飲んでいる人、このグラスはいかがでしょう?

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日用品・生活雑貨
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

第四純愛丸

管理人:第四純愛丸
愛知県の片隅でアニメ見たりラノベとか同人誌読んだりビール飲んだり音楽聴いたりしてます。
買ったもののレビューやら思ったことをつらつら書いてます。

最新記事
カテゴリ
リンク
楽天
最近買ったもの
最近買った本
ブログパーツ