2016年8月に読んだ本まとめ。

2016年8月に読んだ本まとめ。

読書メーターさんがまとめてくれた先月に読んだ本のまとめです。
2016年8月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:724ページ
ナイス数:75ナイス

有頂天家族有頂天家族感想
阿呆な大学生ではなく、阿呆な狸の物語。主人公が狸なことは知っていたので、ちょっとファンタジー過ぎるかな?と敬遠していたのを後悔。相変わらず阿呆でオモチロイ森見ワールド全開の話。しかも、笑えるだけではなく最終章では家族愛にホロリときました。続編ももちろん読みますが、アニメも見てみようかと思います。
読了日:8月27日 著者:森見登美彦
しろいろの街の、その骨の体温のしろいろの街の、その骨の体温の感想
芥川賞受賞ということで、以前からタイトルが気になっていたこの作品を読んでみました。初めての村田沙耶香さん。最初はあまり話に入れませんでしたが結佳が中学生になってからはどうなってしまうのか気になってサクサク読めました。救いのない最後になるのかな?とも思いましたがそうでもなくて読後感もまずまず。伊吹が良い奴で良かった。そして、信子ちゃんがカッコ良すぎた。スクールカーストの話を読んでたら「桐島、部活…」を再読してみたくなりました。
読了日:8月31日 著者:村田沙耶香
森見登美彦の京都ぐるぐる案内森見登美彦の京都ぐるぐる案内感想
森見さんの作品に出てくる京都の名所が載ったガイドブック。森見登美彦さんの作品は大好きでよく読むのですが、京都へは数えるほどしか行ったことがなくて『鴨川デルタ』『先斗町』など地名を読んでもピンと来ません。そんな私にはピッタリの本で、もっと早くに読んでおけば良かったです。京都に行くときはこの本を片手に聖地巡礼したいと思います。2本の随筆ももちろん面白かったです。
読了日:8月31日 著者:森見登美彦

読書メーター
先月は何かと忙しくて・・・というわけでもなく、ただ遊んだり呑んでたりギター弾いたりしてただけなんですけど・・・まぁそんなこんなでほとんど本を読めませんでした。
でも月に一冊も本を読まないという人も50%近くいるみたいですし、まぁ読んでる方だろ。と、無理矢理自分を納得させることにしました。

有頂天家族は実に森見登美彦らしい阿呆でファンタジーな大変オモチロイ作品でした。そしていつも通り京都の地名がたくさん出てくるのですが、私は京都なんて修学旅行を合わせても3、4回くらいしか行ったことがなくて京都の知識は全く無いので鴨川デルタとか四条大橋なんて言われてもいまいちどういう場所なのか分かりません。
というわけで、そんな人のための本『森見登美彦の京都ぐるぐる案内』を読んでみたのですが、森見作品に登場する場所の紹介とエッセイが載っている素敵な本でした。森見登美彦ファンで京都の知識が無い人必携の書です。

阿呆で読みやすい有頂天家族を読み終わったので、多分難しいであろう『しろいろの街の、その骨の体温の』を読んでみました。
読書メーターの感想にも書いた通り、村田沙耶香さんが『コンビニ人間』で芥川賞受賞を受賞したので前からタイトルが気になっていたので。
芥川賞を取った作品って、ちょいちょい自分には合わない作品もあるのでどうかと思って読んでみたらとても読みやすくてサラッと読めました。
スクールカーストなんかが出てくる話なのですが、ラノベと同じで学生時代の「その世界が全て」みたいな年代の話の読んでてやきもきする感じとか大好きなのでハマりました。コンビニ人間も読んでみようと思います。
5月もそうでしたが、やっぱり旅行前になると読書量が減る傾向にありますね。ゲームやったりギター弾いたりしていない時間で普段なら読書に充てられる時間で計画を立てたりするから仕方ないかと。
9月に入って段々過ごしやすくなってきました。『読書の秋』到来!と言うことで秋の夜長は本を読んで過ごそうと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書メーター
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

第四純愛丸

管理人:第四純愛丸
愛知県の片隅でアニメ見たりラノベとか同人誌読んだりビール飲んだり音楽聴いたりしてます。
買ったもののレビューやら思ったことをつらつら書いてます。

最新記事
カテゴリ
リンク
楽天
最近買ったもの
最近買ったラノベ・マンガ
ブログパーツ