キヤノン EF&EF-Sマウントレンズ 完全レビューブック を買いました。

キヤノン EF&EF-Sマウントレンズ 完全レビューブック を買いました。

私がSIGMA 50mm F1.4 EX DG HSMを購入した時もそうだったように、新しいレンズを検討する時にPHOTO YODOBASHI SHOOTING REPORTを参考にされる方は多いと思います。
素敵な作例がたくさん掲載されているのでレンズを買おうとする目線ではなく、写真集的に見ても面白いし勉強になりますよね。
そのPHOTO YODOBASHI SHOOTING REPORTが書籍化されるということで、買おうと思ってはいたのですがなんだかんだで買っていなかったところを先日ヨドバシに行った時に買ってきたので軽いレビューと、ヨドバシで試着してきたレンズのレビューというのは烏滸がましい感想を書いておこうと思います。

キヤノン EF&EF-Sマウントレンズ 完全レビューブック 01キヤノン EF&EF-Sマウントレンズ 完全レビューブック 02

発売日に買わなかった理由が「欲しいけど、PHOTO YODOBASHIで見れるからなぁ」という理由でしたが、ちゃんと調べたらネットに掲載されているものをまとめただけの本ではないようです。以下 PHOTO YODOBASHI から抜粋。

キヤノン / ニコン用交換レンズを全網羅し作例をすべて掲載したそれぞれの書籍を、2016年6月18日(土曜日)に同時リリースします。これまでPHOTO YODOBASHIで掲載できていなかったレンズ、新たにリリースされたレンズの作例撮影はもとより、掲載済みのレンズも場合によっては撮り下ろしのうえで編集しました。巻頭に24ページの口絵、レンズのジャンルごとにページをまとめ、各ジャンルごとに口絵を掲載しています。その他、編集員の各コラムなど、WEB版とは一味違った編集となっています。書籍ならではの参照性のよさがあり、交換レンズにご興味のあるみなさんに、眺めつつ読んでいただけるような本を目指しました。ページ下に書籍紹介を掲載いたします。少し掲載カットとともに、編集作業のエピソードや、PYの日常などを交えてご案内いたします。

とのことで、それなら買うしかない!と。ちゃんと調べないとダメですね。

パラパラめくった程度ですが、これは素晴らしい!カメラ好きなら絶対楽しめます。
紙の書籍版と電子書籍版が出ていて、ヨドバシ.comだと2016年6月30日までの期間限定で書籍版購入でDoly版のダウンロード権がついてきたみたいですが、店頭で買ったら電子書籍版のダウンロード権も付けてくれました。さすがに携帯で読む気にはなりませんが、iPadで読むとちょうどいいです。iPad Proで読むとさらに良さそうです。

ヨドバシに行ったのは特に何が欲しかったわけでは無かったので、店内をうろうろしてサブ機としてちょっと気になっているEOS M3を手にとっていたら店員さんに声をかけられたのでひとしきり気になるところを聞いて、かなり気に入ったのですがさすがに衝動買いするには金額が大きいので購入はしませんが、せっかくヨドバシに来て店員さんも付き合ってくれてるから「買えないレンズを試させてください!」という無茶なお願いをしていくつか試させてもらってきました。
店内を数枚撮っただけなのでレビューにはなりませんがちょっとした感想を書いておこうと思います。

ヨドバシ レンズ試着 05
これはぱっと見て分かる通りEF8-15mm F4L フィッシュアイ USMです。15mmで撮っています。
You Tuberの瀬戸弘司さんがgoogleから60万円分だったかな?の機材をもらえるという時に5D MarkⅢと24-70 F2.8とこの魚眼をもらった時の動画で「このレンズは自分のお金で買う気がしない」と仰っていましたが、確かにそうですね。良いレンズなことは間違いないのですが使い所が難しくて限られるし、Lレンズなだけにお値段も高いですから。

ヨドバシ レンズ試着 01
せっかくフルサイズ機なので8mm側で円周魚眼。面白いけどなかなか使う機会が少ないですよね。うん。買わないなぁ。

ヨドバシ レンズ試着 02
店員さんが「どうせ買えない、買わないレンズならこちらはどうですか?」と勧めてくれたのがこちら。EF11-24mm F4L USMです。
これは発表があった時にスペックを見て驚いて、値段を見てさらに驚いた覚えがあります。
値段は結構下がってきていますが、それでも十分高額です。このレンズは、あったらあったで使うだろうけど使用頻度と値段を考えたらやっぱり買わないレンズですね。

このレンズは重量が1,180gと、持った時の『ガラスの塊』という感じが凄いです。それゆえ6Dにつけた時のバランスは最悪でした。感想は、装着してファインダーを除いた瞬間に思わず「え?何これ!?」と声が出るくらい不思議な感じでした。これは11mmで撮っているので上の魚眼の15mmより広いのに真っ直ぐです。凄すぎて意味が分からないです。
開放で撮っているので周辺光量落ちしていますが、私は嫌いではないので問題無いです。

ヨドバシ レンズ試着 03
四隅の流れもこの程度です。11mmでこれって凄すぎます。使い所を選びますが、お金があったら買って使いこなしたいレンズですね。

ヨドバシ レンズ試着 04
次はEF35mm F1.4L II USMです。F1.4で。
新開発のBRレンズを採用しているレンズですね。確かに適当に撮ったこの写真が何か透明感みたいなものがあっていい感じです。

ヨドバシ レンズ試着 08
F8で。描写はハンパなく綺麗ですが、お値段も半端ないですからねぇ。
私にはEF35mm F2 IS USMで十分かなぁ。と。

ヨドバシ レンズ試着 06
ここまで買わない、買えないレンズばかりでしたが最後に買おうと思っているレンズを試してきました。EF70-200mm F4L USMです。次に買うレンズは35mmの単焦点かこれになるかと思うので試してきました。店員さんが小型軽量だし、ISの効きも良くてオススメだと言っていたので70mm側F4でSSが1/20秒で撮りましたが、しっかり止まっています。
望遠ならF4でもいいし、軽いし安いから望遠レンズはこれに決めていたのですがちょこっとF2.8も試してみました。

ヨドバシ レンズ試着 07
こちらはほぼ同じ構図でEF70-200mm F2.8L IS II USMでF2.8で撮ったものです。
細かい描写の違いはちゃんと撮って等倍で見れば差がわかるのでしょうが、それは置いておいてやっぱりボケ方全然違いますね。やっぱり明るいレンズは良い!!
デカイし重い事が気になっていたのですが、F2.8がφ88.8mm×199mm 1490g、F4がφ76mm×172mm 760gと、もちろん数字では違っても試しにカバンに入れてみると結局『そのスペースにそのレンズしか入らない』という意味では同じなんですよね。
それに、フィルター径がF4の67mmに対してF2.8は77mmで、手持ちのレンズは77mmなのでフィルターが使いまわせるのはありがたいです。
これは正直試さないほうが良かったかもしれません。完全に考え方が変わって、多少デカくて重くて高くても買うなら絶対F2.8になってしまいました。
EF&EF-Sマウントレンズ 完全レビューブックは眺めていると最近収まってきた『新しい機材が欲しい病』がぶり返してくる魔性の本でした。
機材が欲しいと言えば、レンズも欲しいですが最近スピードライト、所謂ストロボが欲しくなってきました。

というのも、私が写真に撮るのは専ら神社やお寺でたまに街スナップという感じなので「ちょっと違う被写体にチャレンジしてみよう!」と世界コスプレサミットに行ってレイヤーさんを撮らせてもらってきました。
そこで、人物を撮るならやっぱりストロボ欲しいなぁ。と。
今回ちょっと撮ってみて、風景とは全然勝手が違いますがポートレイトも面白いかも。とは思ったので何度かコスプレイベントにも足を運んでみてハマったらスピードライトも購入しようと思います。600EX II-RTが必要なのか430EX III-RTで十分なのか・・・。その辺もちゃんと調べて、購入したらブログにも書きます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

第四純愛丸

管理人:第四純愛丸
愛知県の片隅でアニメ見たりラノベとか同人誌読んだりビール飲んだり音楽聴いたりしてます。
買ったもののレビューやら思ったことをつらつら書いてます。

最新記事
カテゴリ
リンク
楽天
最近買ったもの
最近買った本
ブログパーツ