ギターのピックアップを交換しました。

ギターのピックアップを交換しました。

いきなりですが、前置き長いので興味ない人は下まで飛ばしちゃってください。

年がバレそうですが私の青春時代と言えばHi-STANDARDの全盛期で、周りの友人がギターを買ってコピーしているのに影響されて私もギターを始めました。
それから特にバンドを組むでもなくみんなで合わせたりして遊んでいたのですが、いつしかみんな楽器を弾かなくなって私もギターを弾かなくなってしまいました。よくある話ですよね。

弾かなくなってから数年後、職場にギターを始めたいという子が入ってきたのをきっかけにその子に教えるためにギターを引っ張り出してきて弾くようになりました。
その時私の使っていたのは15,000円くらいで買ったレスポールモデルで後輩が買ったのはEpiphoneのレスポールだったのですが、10代の頃は周りにそんな高級なギター持ってる友人はいなかったので試しに弾かせてもらったらやっぱり良いものは良いんですよね。
それでどうしても後輩よりいいギターが欲しくなって憧れだったギブソンのレスポールを買いました。20万円くらいだったので、今思い出しても結構な勢いで買ったなぁ~と思いますが少し経ったら結局弾かなくなりました。
けいおん!の放送が始まった時は唯と同じギターということでテンション上がって弾いていたのですがその後また弾かなくなり、また何かのきっかけで弾き始めても1ヶ月くらいで飽きてまた弾かなくなり・・・を繰り返していたのですが、最近You TubeでKen Yokoyamaの曲を聞いたらまたギターが弾きたくなって最近はよくギターを弾いています。

ハイスタからKen Yokoyamaになってからは聴いていなかったので、知らないうちに横山健さんが箱モノに手を出していてしかもグレッチからケニーファルコンという横山健モデルが出ていたのに驚いて横山健さんのオフィシャルサイトでギターを見ていたらハイスタ時代に弾いていたレスポール、通称ハニーについても書かれていていました。
ハイスタをコピーしていた世代の人はハニーに憧れてピックアップセレクターにガムテープ貼った人も少なくないんじゃないでしょうか?
改めて写真を眺めていたらガムテープ以外のところで「これだ!」と思ったのがリアのピックアップです。
フロントはカバーが付いていてリアはカバーがないのがカッコいいなと。

完全に見た目から入りましたが、調べてみるとこのSeymour DuncanのSH-4 JBはミッド・ハイ寄りでギラギラした感じの音みたいで、音も私の求めている方向なことが分かりました。
見た目カッコ良くて音も良くて横山健さんとお揃いなら買うしかない!と言うことでポチッと。(どうせまた飽きるだろうから実際は結構悩んだんですけどねw)
ここから本題。
初めてのピックアップ交換なので右も左も分からないので調べてみたら結構簡単そうでショップに出さなくても良さそうなことがわかりました。
ということで、必要な物を買い揃えました。

Duncan JB 05
はんだごては持っているので、はんだ、はんだ吸取線、はんだごての先端を購入しました。
なぜ先端を買ったかというと・・・

Duncan JB 01
手元にあったのが先端がカッターになっているもので、確かはんだごて用の先端パーツも付属していたと思うのですが見当たらなかったので購入しました。はんだごては30Wのものです。

Duncan JB 03
そして、当然ピックアップ本体です。
JBにはカバー付きや黒一色、白一色、白黒のゼブラ、ゼブラが逆のリバースゼブラ等があるみたいですが、私はもちろん横山健さんと同じリバースゼブラにしました。

Duncan JB 10
正規輸入品にはこんなシールが貼ってあるらしいです。
(これは開封後に撮った写真なのでシールが切ってあります)

Duncan JB 09
せっかくなので色んな角度から写真を撮ってみました。

Duncan JB 04
逆側からも。

Duncan JB 06
内容物は本体と、エスカッションとつなぐためのビスとスプリングと

Duncan JB 07
配線図です。

Duncan JB 11
ここから取り付け作業に入ります。
結論から言うと拍子抜けするくらい簡単な作業でした。
まずは後ろのふたを開けて現状付いているピックアップの配線を外します。
左下がリアのボリュームポットなので・・・

Duncan JB 12
この2箇所の配線を外します。

Duncan JB 13
はい。外れました。
私は元のはんだを吸取線で吸い取りましたが、再利用しても問題ないかと思います。
よく見ると外さなくてもいい赤い線も外してしまっているのがわかると思います。
写真を撮った後に気付いてすぐに元に戻しました。

Duncan JB 08
次にピックアップ側の準備をします。
本来なら皮膜を剥くようですが、最初から剥いてあったので赤と白、緑と皮膜無しの網線を一緒にまとめて・・・

Duncan JB 15
はんだ付けします。
黒い線にも予備はんだをしておきます。

Duncan JB 16
準備は整ったのでピックアップを外します。
プラスドライバーで角の4つのビスを外すとエスカッションごとピックアップが外れるので、外したらマイナスドライバーでエスカッションとピックアップを分離します。
その時にスプリングが飛んでいかないように注意してください。

Duncan JB 14
エスカッションの前後を間違えないように後ろ側に印を貼っておきました。
あとは逆の手順でエスカッションにピックアップを取り付けてから配線を通して本体に取り付けて・・・

Duncan JB 17
配線して終了です。
緑と網線をポットへ、黒を外したのと同じ位置へはんだ付けします。
赤と白は使わないのでビニールテープを巻いておきます。
これでピックアップをドライバーで軽く叩いてみて音が出れば成功です。
(ビニールテープがなかったのでとりあえずセロハンテープを巻いておきました。後日ビニールテープに交換します)

Duncan JB 02 Duncan JB 18
あとはテールピースを元に戻してチューニングしてピックアップの高さを調整して完成。
ビフォー・アフター。
うん。カッコいい!!横山健さんのハニーはフロントがアンティクイティーですが、見た目はカバー付きで同じなのでとりあえずフロントはまた次の機会でいいかな。
あんまり「音は二の次で見た目重視!」でピックアップを交換する人はいないと思いますが、見た目がハニーと一緒になってとりあえず大満足です。

音の方は、一緒に弦を交換すると変化が分かりづらくなるかと思い弦は切らずにテールピースを外してピックアップ交換しました。
それなのに弦を張り替えた直後みたいなジャキーンとしたブライトな音でビックリしました。
正直、スタジオで鳴らさないと分からないレベルの変化なんじゃ・・・と思っていましたがここまで変わるものとは。これならフロントもアンティクイティに!とも思いますがフロントあんまり使わないからなぁ・・・。

ちょっと横山健さんのサウンドに近づいたのでこの勢いでアンプもDIESEL HERBERT&V-412 RCに!・・・して家で弾いたら速攻でご近所さんに通報されるので次はそれっぽい音のオーバードライブとか欲しくなっちゃいます。今はBoot-Leg/RRP-2.0を使っていて、気に入ってはいるんですけどちょっと方向が違うので。
アンプシミュレーターになりますが、AMT ELECTRONICSのD2 Diezelがなかなか良いみたいなのでちょっと気になります。
次はフロントをアンティクイティに交換するか、エフェクターなりアンシュミなりを買うか、弦交換が楽になるらしいのでロックペグに交換するか・・・多分その前に飽きるのが濃厚だとは思いますが、またギター関係で何かあったらブログにも書くかもしれません。

最後に、ピックアップ交換にあたってSeymour Duncan Japanの動画がとてもわかり易かったのでそちらを貼っておきます。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

第四純愛丸

管理人:第四純愛丸
愛知県の片隅でアニメ見たりラノベとか同人誌読んだりビール飲んだり音楽聴いたりしてます。
買ったもののレビューやら思ったことをつらつら書いてます。

最新記事
カテゴリ
リンク
楽天
最近買ったもの
最近買ったラノベ・マンガ
ブログパーツ