明るい単焦点レンズを買いました。その2。

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSMを買いました。

今まで愛用していたEOS 70Dを持って出かける時は、EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM、もしくはSIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACROと一緒に必ずSIGMA 30mm F1.4 DC HSMを持って出掛けていました。

レンズの使い方は、基本的にカメラに付けておくのは単焦点レンズで、もっと広角や望遠が欲しい時にズームレンズに付け替えるという感じです。

標準レンズと言われるだけあって、なんだかんだで50mm(正確には48mmですが)という画角はしっくり来るんですよね。収まりがいいと言いますか。

単焦点なのでズームレンズに比べたら描写も綺麗ですし、開放F1.4なのでボカしやすく、レンズもコンパクトでと言うこと無しでした。
それなのでフルサイズに移行しても『ズームレンズ+単焦点レンズ』で行きたいと思います。

ズームレンズはEF24-70mm F4Lがあるので50mmの単焦点レンズを買おうと思うのですが、最初に思いつくのはやっぱり『みんな大好き神レンズ』ことEF50mm F1.8 STMですね。
以前検討した時から型が変わってSTM(ステッピングモーター)搭載で静かになり、円形絞りになってボケも綺麗に出るようになったり、最短撮影距離が10cm短くなって35cmになったり・・・とかなり良くなったようです。
(その分ちょっとお値段は上がりましたが、それでも激安です)

50mmを50mmで使えるようになったし、早速ポチッと!・・・しようと思いましたが、今まで70DでSIGMA 30mm F1.4を使っていたのに6DにEF50mm F1.8だとどうなんだろう?

(もちろんそんな単純なものでは無いことは理解していますし、EF50mm F1.8も良いレンズなことは分かりますが)せっかくボディが良くなったのにレンズの質が落ちてプラスマイナスゼロ的な感じがなんか嫌だなぁ。なんて。

となると今までと同じSIGMAでフルサイズ対応の50mm F1.4 DG HSMが候補になってきます。
しかし、こちらはまだ自分がフルサイズ機を買うなんて思いもよらない時にヨドバシで何となく手にとって見た感想が「何これ重たっ!単焦点でしょ?」というもので、とにかく衝撃の重さだったのを覚えています。
確認してみたらカタログ値で最大径Ø85.4mm、全長99.9mm、重量は815 gとなっています。EF24-70mm F4Lよりも若干大きくて200g重たいということですね。
徹底的に描写にこだわった結果この大きさと重さになったようですが、これだとせっかくの6Dの軽量・コンパクトというメリットがスポイルされてしまいます。
価格も最安で87,500円。amazonで90,190円と、買うのに勇気がいる金額です。
正直、カメラを買った直後の今、これを買う勇気はないです。

それならと、他に50mm単焦点を探してみると・・・。
キヤノン純正で評価の高いものだとEF50mm F1.2L USMですが・・・。
SIGMAが高いって言ってるのに買えるわけ無いです。即却下。
次の候補はEF50mm F1.4 USMです。
値段はグッと下がりましたが、こちらは2002年発売のモデルとなっており、光学系の技術というのは日進月歩で新しければ新しいほどいいそうです。それを考えるとちょっと設計が古すぎるので却下です。

次に社外品で探してみると、Carl Zeiss Planar T*1.4/50 ZE (キャノンEF)が値段的にはちょうどいいところです。
カールツァイスに憧れているところがあるのでこの機会に!とも思ったのですが、やっぱりMFしかないレンズにいく勇気がありません。
2本目の50mmならいいんでしょうけど、ちょっと今回はパスです。
次回のお楽しみということで。

ここで手詰まりになってしまって、また一から検討して調べていたらSIGMA 50mm F1.4 EX DG HSMが検索にヒットしました。Artになる前の型です。
ずっとArtモデルしか眼中に無かったですが、旧モデルのEXという選択もありかも。
値段も安いし、サイズも最大径Ø84.5mm、全長68.2mmと直径は太いものの全長は短く、重量は505 gと50mm短焦点としては軽くないですが、Artに比べればだいぶ軽いです。
でも、型落ちかぁ。と悩みました。

Artモデルと旧型の比較を見ると、Artのほうがボケ味や色味が良くなっています。
当然ですね。ただ、じゃあ旧型が悪いのかというと、そうでもないんですよね。
Artモデルについて、SIGMAは『超高画素時代にふさわしい最高性能の大口径標準レンズ』と言っているので5DsRとかD810にはArtの方が良いでしょうが、2020万画素の6DならEXでも良いのでは?
フォトヨドバシの実写レビューを何度も見てみましたが、Canon機でもSONY機でもNikon機でも、すごく綺麗に撮れています。

なら、これでいいじゃん!ということでポチッと。
しようと思いましたが、2008年発売で現在は終売みたいです。
新品が手にはいらないわけでもないですが、新型が出てから時間も経っていて値段もこなれているので中古で購入しました。

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM 01
初めてのEXレンズです。箱のデザインはやっぱり今のほうがカッコイイですね。

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM 02
レンズはいつものポーチに入っていました。

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM 03
口径が大きくて全長が短いのでずんぐりむっくりという感じです。
デザインはArtとは違う方向性ですが、カッコイイですね。
金の輪に赤いカッティングシートを貼って「なんちゃってLレンズに」と思いましたが、
逆にみじめになりそうなのでやめますw
プロテクターはzetaをおまけで付けてくれました。太っ腹。

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM 04
フードを付けてカメラに装着してみました。
バランスも良くていい感じ。

SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM 05
最後に作例というほどのものでもないですが、机にあったものを撮ってみました。
ピントはウイスキーです。さすがの被写界深度ですね。

長々とSIGMA 50mm F1.4 EX DG HSMを買うに至るまでを書いてきました。

家の中で適当に撮ってみた感想は、まずAFが結構速くて音も気にならない程度です。
古いレンズなのでもっともっさりしてると思っていましたがそんな事はなかったです。

重さも大きさは6Dとのバランスが良くて付けっぱなしにするレンズとしてはちょうどいいと思います。
気になる点は最短撮影距離が45cmと長いことくらいです。今まで30mmF1.4が30cmだったので、その感覚で撮ろうとするとピントが合わなくてもどかしいです。

ちょっと触ってみた感じはこんなところでした。6Dを買ってから、まだ家の中でしか使っていないので近場に撮影に行ってこようと思います。
その後で改めて6Dと24-70F4Lこのレンズの感想を書こうと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

第四純愛丸

管理人:第四純愛丸
愛知県の片隅でアニメ見たりラノベとか同人誌読んだりビール飲んだり音楽聴いたりしてます。
買ったもののレビューやら思ったことをつらつら書いてます。

最新記事
カテゴリ
リンク
楽天
最近買ったもの
最近買ったラノベ・マンガ
ブログパーツ