2015年11月に読んだ本まとめ。

今さらながら読書メーターの『まとめ』機能を知る。

今年も残すところ一ヶ月を切りました。
毎年言っていますが、本当に一年はあっという間ですね。
全体を振り返るとあっという間に感じますが、よくよく考えてみると色々な事がありました。
今年、私にとっての大きな出来事というと『御朱印集めを始めたこと』と『文芸書を読むようになったこと』です。

御朱印集めの方は5月に東京に行った時に始めて、最近だと紅葉を見に行った時にも寺社巡りをしたりして楽しく続けています。

文芸書の方は、元々が本好きなので何か始める時・・・それこそカメラとか御朱印集めの時も本を買って勉強したり、気になる新書を読んでみたり、オタクなのでラノベ、マンガ、同人誌は日常的に読んだりしていましたが、文芸書はほとんど読んできませんでした。

それが又吉直樹さんの『火花』が芥川賞受賞というきっかけで読んでみたら文学も面白いものだと気付いて、それからは色々読んでいます。
その時に買ったブックカバーもほぼ毎日愛用しています。

文芸書も読むようになったからと、9月にTwitterのフォロワーさんがやっているので気になっていた読書メーターに登録して読んだ本の記録に利用していたのですが、その読書メーターに『まとめ』機能があることに今さら気付きました。

せっかくなので活用しよう!ということで11月に読んだ本のまとめを貼っておきます。



2015年11月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2771ページ
ナイス数:68ナイス

新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか新しい道徳 「いいことをすると気持ちがいい」のはなぜか
読了日:11月1日 著者:北野武
告白告白感想
町田康さんの作品は初めてでしたが、この作品を読み終わった感想は「疲れた!」単純に長いから読むのに疲れたし、読んでいると熊太郎のお人好しさというか馬鹿さ加減にイライラするし、鬱な展開もあるし、ハッピーエンドとは程遠いので読了感も最悪。じゃあ面白くなかったかというと、めちゃめちゃ面白かった。不思議な感じ。町田さんの他の作品も読んでみたくなりました。
読了日:11月7日 著者:町田康
天国までの百マイル天国までの百マイル感想
ハッピーエンドとは程遠い本を読んだ直後だったのでハッピーエンドで感動できるものをと思って読んでみた。期待通りものすごくいい話だったし泣けた。母の愛にも感動したけどマリの愛にものすごく心を打たれた。マリには絶対に幸せになってほしい。
読了日:11月8日 著者:浅田次郎
とせいとせい感想
初めての今野敏さんの作品。話の大筋はヤクザの親分が経営の傾いた出版社の社長になって立て直すという話で、もう一つの下町工場の話の方はシマ内の工場の経営を立て直す話。最後の方はちょっとご都合主義的のところもあったが、ハッピーエンドで読後感は良い。文体も易しくてテンポよくサクサク読めました。学園、病院も読んでみようと思います。任侠映画などのヤクザものはその筋の人ならではの専門用語を知らないと難しいこともありますが、この作品はそういった用語も少ないのでそういうのに疎い人でも楽しめると思います。
読了日:11月10日 著者:今野敏
月の砂漠をさばさばと月の砂漠をさばさばと感想
読んでいて癒される、母と娘の日常を描いた短編集。挿絵も雰囲気にバッチリ合っていて、小説というより絵本を読んでいる感じでした。どの話も素敵でしたが、中でも『川の蛇口』と『猫が飼いたい』が気に入りました。
読了日:11月13日 著者:北村薫
東京百景 (ヨシモトブックス)東京百景 (ヨシモトブックス)感想
又吉さんのエッセイ的な書評『第2図書係補佐』を読んで面白かったのでこちらを読んでみましたが、面白かった。声を出して笑ったことも何度もあった。火花にあった『ベージュのコーデュロイパンツ』の話、読んでる時は「うわ、気まずいなぁ」と思っていましたが、又吉さんの体験談だったんですね。
読了日:11月15日 著者:又吉直樹
任侠学園任侠学園感想
任侠シリーズ2です。『とせい』では出版社でしたが、今回はヤクザが高校を立て直すという話です。とせいが面白かったので読んでみましたが、今回も面白かった。前回と同じくヤクザものというよりお仕事小説という感じで、文体も易しいので一気読みでした。問題が解決して阿岐本組が学校を去った後、最後の最後に日村さんが黒谷に電話して「つい声が弾んでしまうのを必死にこらえていた」というところはホロリときました。
読了日:11月16日 著者:今野敏
ふるふる感想
大好きな西加奈子さんの作品ですが、この話はちょっと難しくてどう読んだらいいのか分からなかった。話は難しかったですが、出てくるキャラクターは素敵な人ばかりです。この先さなえや朝比奈と話してどうなるのか?もうちょっとだけ先の話が読んでみたいですが、この終わり方がいいんでしょうね。今回はちゃんと読めなかったので、いつか再読・・・というか再チャレンジしてみたい本です。
読了日:11月22日 著者:西加奈子
イニシエーション・ラブ (ミステリー・リーグ)イニシエーション・ラブ (ミステリー・リーグ)感想
普通にside-Aを読んで、まぁプロローグ的な事かな。と。side-Bを読んでいくと「主人公最低だな。マユには幸せになって欲しいな」なんて思いながら何か違和感が・・・。でも勘違いかな?と思いつつ最後まで読んで全てを理解した時に違和感の正体が分かって驚き!すっかり騙されました。女は怖い。
読了日:11月23日 著者:乾くるみ

読書メーター


先月読んだ本はこんな感じです。
あんまりガチガチに目標を立てると嫌になってしまうので、ゆるく「出来るだけ毎月10冊以上は読む」という目標を立ててはいるのですが、10冊を割ってしまいました。
月に10冊はなかなか難しいですね~。まぁ、無理せずに『一年で120冊、月平均10冊』くらいの感じでいこうと思います。

この読書メーターの『まとめ』はHTMLタグをコピペするだけと簡単なのでこれからも月初めくらいに毎月ブログにも載せようと思います。
「何か面白い本でもないかな~」なんて時の参考になれば幸いです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書記録
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

第四純愛丸

管理人:第四純愛丸
愛知県の片隅でアニメ見たりラノベとか同人誌読んだりビール飲んだり音楽聴いたりしてます。
買ったもののレビューやら思ったことをつらつら書いてます。

最新記事
カテゴリ
リンク
楽天
最近買ったもの
最近買ったラノベ・マンガ
ブログパーツ