小銭入れを衝動買い!

小銭入れを買いました!

先日の記事に書いた通り、5月の23、24日に東京に行くので『御朱印集め』を始めてみようと色々と勉強中です。

調べていると、だいたい御朱印代(納経料、初穂料)は300円のところが多くて、たまに500円のところもあるとのこと。お釣りの無いように小銭を用意するのがマナーだそうです。
それはそうですよね。『10,000円出して9,700円のお釣り』というのはおかしいですから。

ということで、貯金箱をひっくり返して100円玉と500円玉を出発前に鞄に入れるだけの状態にしておこうと思って・・・↓

小銭入れ 袋

ねんどろいどのパーツを保管する時に使っている袋に入れてみました。
100円玉が25枚、500円玉が5枚あったのですが、思ったよりはかさばらないですね。
とは言っても、全部を財布に入れたらパンパンになってしまうのでとりあえず少し入れておいて、小銭が無くなったら少しづつ財布に移し替えて・・・という事になると思います。
う~んなんだかスマートじゃないですよね・・・。

ということでこの問題を解決すべく、小銭入れを買うことにしました。
餅は餅屋、鞄は鞄屋。こういう小物を探すのはいつも吉田カバンなので今回も吉田カバンで探したらちょうどいいのがありました。パパっとポチッてサクッと到着。

小銭入れ 03

PORTER サンフォライズドヘリンボーン 財布 小銭入れ 733-08429です。

以下吉田カバンのホームページより引用

日本の職人の技術が冴え渡る。細部にまでこだわった使い勝手のよさが魅力的な、ワークテイストのカジュアルシリーズ。シャトル織機で織った厚手のセルヴィッチヘリンボーン生地の魅力を存分に楽しみたい。
古着などに見られるような色落ちやアタリといった、リアルな経年変化によって生まれる立体的な表情を最大のコンセプトにしたワークテイストのカジュアルシリーズです。

10オンスというヘリンボーンの中でも厚手のセルヴィッチ(耳)付き生地は、シャトル織機で織っています。通常の織機で織る生地に比べてコシ感・ボリューム感があり目が詰まっているのが特徴です。

とのことです。

カメラバッグの記事の時にも書きましたが、使っているとただ傷むだけというのではなく『経年変化を楽しめる』というのが好きなのでこれにしました。
同じ形で14オンスのデニムの物もあるので悩みましたがヘリンボーン柄が好きなのと、こちらのほうがどんな格好にも合わせやすそうなのでこちらにしました。

届いて触ってみた感想は、10オンスのしっかりした生地で手触りもいい感じ。
ファスナーに付いているディアスキンの紐もいい触り心地です。
縫製やファスナーなどは安心の吉田カバンクオリティなのでバッチリですね。

小銭入れ 04
裏側に、何かに付けられるように金具と二重リングが付いています。
二重リングを外すと後ろから金具も外れるようになっていて、私は使わないので外しました。

小銭入れ 05
内側にはこのシリーズ共通のスタンプが押してあります。
見えない部分ですがこういうのがいいですね。ちなみに手押しらしいです。
マチも結構大きくとられているので入れようと思えばかなりの小銭が入りそうです。

小銭入れ 01
内側にはポケットが両側に付いていて、カードが入るようになっています。
(写真はPASMOですが)予備で持ってるmanacaを入れておくことにしました。
というのも、カードが入っていないとファスナーの開閉時にRの部分で全体が歪んでしまいスムーズにスライドしなかったのが、カードを入れておくとそれが骨になって開閉がスムーズになったので。

小銭入れ 02
サイズはW115/H95/D15です。
愛用のパスケースと比較すると全体にひと回り大きいくらいです。
片手に持って大きすぎず小さすぎな、ちょうどいいサイズ感です。
御朱印集めを始めよう!から始まって何故か小銭入れを衝動買いしてしまいましたが、近所のコンビニに行く時にも重宝しそうなのでいい買い物をしたと思っています。
物は間違いなくいい商品なので長く使えますし。
それに時計を買った時の理由のひとつでもあったのですが、この小銭入れも旅行前に買っておけば一緒に旅行をしてより愛着も湧くかと。
ということで、来月この小銭入れと一緒に神社巡りを楽しんでこようと思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

第四純愛丸

管理人:第四純愛丸
愛知県の片隅でアニメ見たりラノベとか同人誌読んだりビール飲んだり音楽聴いたりしてます。
買ったもののレビューやら思ったことをつらつら書いてます。

最新記事
カテゴリ
リンク
楽天
最近買ったもの
最近買ったラノベ・マンガ
ブログパーツ