Xperia Z3購入!

Xperia Z3に機種変更しました。

タイトルの通り、Xperia Z3に機種変更しました。
いつもなら新しいガジェットを買うとテンション上がって楽しくてしょうがないのですが、今回はそうでもありません。
何故かと言うと、今使っているZ1を壊してしまって泣く泣く機種変更になった為です。

土曜日の深夜、ニコ生で『てさぐれ 部活ものすぴんおふプルプルんシャルムと遊ぼう』を見ていた時に事件は起こりました。
コメントを打とうとキーボードに手を伸ばした時に、机の上に置いてあった携帯に腕が当たって床に落下させてしまいました。
まぁ、よくあることなのでその時は気にも留めずに本編を視聴し、ラジオも聞き終えて、さて寝る前に携帯を充電しておこうと携帯を手にとったらステータスバー(通知バー)に新着メールの表示がありました。
それで上からスワイプしようとしたら何回やっても反応しない・・・。
あれ?と思ってホームボタン等を触ってみるとそこは反応する。
まさか!?と思って保護ガラスを剥がしてみると

Xperia Z1液晶割れ
はい。液晶割れてましたー(泣)
写真に上手く写らないのですが、画面左中央部分から右方向と右上方向にヒビが入っていて液晶の上部分のタッチパネルが反応しなくなってしまいました。
多分落ちた時にチェアの足部分の金属か、メタルラックの角に当たったものと思われます。

起こってしまった事はしょうがないですが、とりあえず携帯が無いと困るのでドコモのケータイ補償サービスを頼ることにしました。
こういう事故で壊してしまった時に5,000円だったかな?くらいでリフレッシュ品と交換出来るサービスで、過去に何度かお世話になっています。
もちろんZ1でも加入していたので早速ドコモのページで手続きしようとしたら、もうZ1の代替機は品切れとのこと。
代わりに他の機種と交換出来るようですが明らかに在庫が余っているゴミみたいな端末しか選択肢に無くて気に入った機種が無かったので、仕方ないので機種変更することにしました。

このタイミングなのでiPhone6 Plusに機種変してAppleWatchも・・・。とも一瞬思いましたが、今はそんなお金があるなら自転車の購入資金にしたいので却下。
無難にXperia Z3に機種変更することにしました。
(本当はXperiaZ4かZ5くらいで機種変の予定だったのに・・・)
ドコモのページで在庫確認したら近所のドコモショップに在庫があるみたいなのでサクッと機種変更してきました。
発売からかなり経っていて、もうすぐZ4の発表があるか?という時期なので需要は無さそうですが、せっかくなのでサラッとレビュー的な物を書いておこうと思います。

Xperia Z3 01
まず外箱から。
左がZ1、右がZ3の箱です。厚みは変わらずにちょっと小さくなってます。

Xperia Z3 12
同梱物はこれだけです。
充電クレードル、TV用のアンテナ、説明書と保証書です。
充電器やmicroUSBケーブルは付属しません。

Xperia Z3 13
充電クレードルには裸で使う用と、ケース等を付けて厚くなった時用の物が付属します。

Xperia Z3 02
まずは俯瞰で。細かいサイズは後述しますが、ぱっと見ではほぼ変わらないです。

Xperia Z3 03
側面のデザインは変更されています。Z1は面の角を落として丸くしてあるのに対して
Z3は完全に丸くなっていて角の部分は樹脂になっています。

Xperia Z3 04
Xperia Z3 05
右側面。ボタンの形やフタの形状が若干変わっただけで配置は変わらないです。
使い慣れたZ1と同じ操作感で使えるのでありがたいです。
Z1はこちら側にSIMカードのみ。Z3はSIMカードとSDカードが入るようになっています。
Z1はこちら側にストラップホールがありますが、Z3は反対側に移動しました。

Xperia Z3 06
Xperia Z3 07
上側面。ここはヘッドホン端子があるだけです。もちろんZ1同様キャップレス防水です。

Xperia Z3 08
Xperia Z3 09
左側面。両機種とも充電クレードル用の端子があり、Z1はこちらにmicroUSB端子と
microSDカードスロットがありましたがZ3ではmicroSD端子のみになっています。
上述の通りZ3はこちら側にストッラプホールがあります。

Xperia Z3 10
Xperia Z3 11
下側面。Z1はここにスピーカーがありましたが、Z3ではスピーカーがステレオになって
液晶の両サイド(縦に見た時に上下)に移動したのでここには何もありません。

外観はそんなに変わらないのですが、持ってみるとかなり薄くなったと感じます。
Z1 約144㎜×約74㎜×約8.5㎜ 約171g
Z3 約146㎜×約72㎜×約7.3㎜ 約152g
と、約1.2㎜の差なのですが側面の丸まった形状も相まって薄くなって手になじむようになりました。
ただ、側面の金属部分がサラサラしていて滑りやすいのでいつか落としてしまいそうでちょっと怖いです。

CPUはQualcomm2.2GHz クアッドコアから2.5GHz クアッドコアになっていますが、私はそんなに重い作業やゲームをしたりしないので変化は感じませんでした。言われてみれば若干軽いかな?程度です。

スピーカーがステレオになったので動画視聴にはいい感じです。
まぁ『ステレオ感がある』というだけで音質は・・・。
気に入らなければイヤホンで聴けばいい事なのでこれで十分でしょう。

音関係で言ったら、Z3はハイレゾに対応しています。
でもハイレゾ対応の音源もイヤホンも持ってないし・・・。と思っていたらDSEE HXというアップコンバート機能があるみたいです。
物は試しとDSEE HXをオンにしたものとオフにしたもので聴き比べてみたら、私の耳では「若干解像感が増したかな?」という程度でした。
しかし愛用のiPod touchよりは確実に音質が上だと感じました。
そもそも『電話と音楽プレイヤーを分けたい』という理由でiPod touchを愛用していて、理由の一つが『携帯のバッテリーを無駄に消費したくないから』というものでしたが、今はモバブーを持ち歩くようになって充電の心配も無くなったので音楽再生もXperiaにしようかと検討しています。

次に、XperiaZ3の機能で忘れてはいけないものと言えばカメラの性能です。
特にISO12800の高感度性能ですが、これはすごいですね。12800といえば70Dと同等です。
ということで部屋を薄暗くして撮ってみたのですが、マニュアルでISO感度を設定することが出来ないみたいでISO12800まで上がらずにISO3200ですがこんな感じで撮れました。

Xperia Z3 14
オートで撮ってこんな感じです。F2.0、SS1/16秒、ISO3200。

Xperia Z3 15
参考にiPod touchでも撮ってみた物です。F2.4、SS1/15秒、ISO640。

Xperia Z3 16
ついでに70Dでも撮ってみました。F1.8、SS1/30秒、ISO12800。

Xperiaが何故かISO3200止まりでしたが、好意的に考えるとISO感度が自分で設定できないのにこのシチュエーションでISO12800で撮ると薄暗いところで撮った写真だとわからなくなってしまうので、この程度の暗さの方が『雰囲気が伝わる』という意味ではいいですね。
オートで撮って70Dの写真くらい明るく写るとそれはそれで困ってしまうかもしれないので。

明るい場所での写真はZ1でも不満がなかったので、Z3でも全く不満はありません。
それにしても携帯のカメラでこれだけの物が撮れるようになった事に驚きです。
改めてエントリークラスのコンデジはもういらない時代だと実感しました。
今さら感がすごいですが、長々とXperia Z3のレビューを書いてきました。

買う前は「別に欲しくも無いのに・・・。」と思いながら機種変更をしましたが、手にしてみると「まぁ、新機種はやっぱりいいな」となって、今は「寧ろあの時携帯落として良かった」くらいに思うほど気に入りました。(無理に自分を納得させている所も多少ありますがw)

とは言っても予想外のちょっと残念な出費なので、今度はこういう事故が無いように気を付けて使っていきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : XPERIA
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

第四純愛丸

管理人:第四純愛丸
愛知県の片隅でアニメ見たりラノベとか同人誌読んだりビール飲んだり音楽聴いたりしてます。
買ったもののレビューやら思ったことをつらつら書いてます。

最新記事
カテゴリ
リンク
楽天
最近買ったもの
最近買ったラノベ・マンガ
ブログパーツ