初めてのスコッチ・ウイスキー。

ついにスコッチ・ウイスキーデビューしました。

ちょっと前からウイスキーにハマっいて、日本のウイスキーのミニチュアボトルセットを飲んだ後の記事に「次はスコッチ・ウイスキーに挑戦!」と書きました。
ということで、初めてのスコッチ・ウイスキーを買いました。

スコッチ・ウイスキー デビュー

ザ・マッカラン12年です。
スコッチ・ウイスキーデビューに何がいいかと入門書を買って読んでいたら、このザ・マッカランが初心者にオススメで『シングル・モルトのロールスロイス』なんて呼ばれているらしいのでこれに決めました。
他にも気になる物はあったのですが、決め手になったのはミニチュアボトルがあったからです。
ちゃんとしたコレクターではないので中身は飲んでしまいますがちょっと集めてみようかなんて思ったのと、今まで飲んだものは日本人の味覚に合わせて日本で作ったウイスキーばかりなので初めてのスコッチ・ウイスキーが万が一口に合わなかった時にフルボトルだと飲み切るのが辛くなるといけないので。

早速いつもどおりストレートで飲んでみて、次にトワイスアップで飲んでみました。
美味しい。美味しいんだけど・・・。期待しすぎた?
某書籍によるとアロマは「甘くいい香り。クリーム、シェリー香、レーズン、コーヒー豆、ラズベリータルト。」フレーバーは「シェリー酒の味。少し苦めのココア」とのことです。
確かにそう言われればそんな感じなのですが、私にとっては飲んでいる最中も後味にも何だか紙っぽい味がするんですよね。
じゃあ、紙っぽくて不味いのかと言われるとそうじゃないんです。美味しい。でも紙っぽい。
味を文章で表現するのは難しいのでこんな感じになってしまいましたが私の初めてのスコッチ・ウイスキー体験はこんな感じでした。
今回、お酒のちゃがたパークというところで購入しました。
そちらで色々見ていると、ミニチュアボトルになっていない日本のウイスキーで気になるものが売っていたので一緒に買ってみました。

富士山麓 宮城峡 余市

左から富士山麓 樽熟50度 600ml、ニッカ シングルモルト 余市、宮城峡 500mlです。

余市、宮城峡はどちらもそこそこ美味しかったです。悪くはないのですがほんとに「そこそこ」という感じだったので、次は12年か15年あたりを飲んでみたくなりました。

富士山麓はアルコール度数が50°もあるのでストレートだと結構強烈ですw風味はスッキリしているのでハイボールで飲むのに良さそう。
ということで炭酸水を買いました。

ペリエ ケース

ペリエナチュラル 750ml×12本です。
前に飲んだら結構気に入ったのでケース買いしました。
普段飲むにもいいし、チェイサーにしてもいいので。カルピスの原液を買ってきてカルピスソーダにしてもいいかもしれませんね。
肝心のハイボールではどうだったかというと、いい感じに飲みやすくなってグイグイいけますね。
ただ、割っているから飲みやすいだけで元は50度のお酒をグイグイ飲んでいるのですごい早さで酔っ払いました。気をつけないといけません。

あと、コンビニでウイスキーに合いそうなつまみも適当に買ってきました。

スコッチ・ウイスキー デビュー03

定番どころでチョコとナッツを。
どちらも美味しかったですが、どちらかと言うとチョコが好きです。
私は呑むときにつまみがないとダメということはないので、まぁ気が向いた時に甘さ控えめのチョコを買ってみようかなと思います。
さて、色々話が脱線しましたが初めてのスコッチ・ウイスキーの感想はこんな感じです。
スコットランドにはスペイサイド、ハイランド、アイラ、キャンベルタウン、ローランド、アイランズの6箇所の蒸留所があって、それぞれの土地の気候や水の違いで風味も違うらしいです。
今回飲んだザ・マッカランはスペイサイドのものなので次は別の地方のウイスキーにするか、スペイサイドの別の蒸留所のウイスキーにするか・・・。
本を読んだりネットで調べたりして、色々悩んでいます。
また「これは!」と思うウイスキーに出会ったらブログにも書こうと思います。

ペリエ 炭酸水 750ml×12本(並行輸入品)ペリエ 炭酸水 750ml×12本(並行輸入品)
()
ペリエ(Perrier)

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お酒
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

第四純愛丸

管理人:第四純愛丸
愛知県の片隅でアニメ見たりラノベとか同人誌読んだりビール飲んだり音楽聴いたりしてます。
買ったもののレビューやら思ったことをつらつら書いてます。

最新記事
カテゴリ
リンク
楽天
最近買ったもの
最近買ったラノベ・マンガ
ブログパーツ