財布を買いました。

俺なりのダンディズム!二つ折り財布を買いました。

GW中に豊橋市・竹島岐阜市に寺社巡りに行った時はAcruのオシャレカメラバッグ、コルメナを持って行ってその時の荷物や1年半使ってみてのレビューも最近ブログに書きました。

その時の記事を見てもらえば分かる通り、基本的に荷物が多くていつもバッグがパンパンになります。そこで、少しでも嵩張らないように二つ折り財布にしようかと思いました。
今使っているのは10年位前に買ったKC'sのライダースウォレットでかなりヤレているのでお出かけ用に新しい財布が欲しいとも思っていたのでこの機会に財布を新調することにしました。

今までも何度か財布を買おうかと思ったことはあって、その時に検討していたのはコードバンかブライドルレザーの二つ折りで、その考えは今でも変わりません。
ブランドは海外のものならWhitehouse CoxかETTINGER、国内ならGANZOか大峡製鞄あたりを検討していましたが、長く使うものなのでもうちょっと調べてみました。

調べてみると、どれも一長一短でなかなか決められません。
ざっくり言うとWhitehouse CoxとETTINGERはコバの仕上げがヘリ返しなので却下。
ジャケットの内ポケに入れる長財布なら薄くてヘリ返しになっているドレッシーな感じがいいのですが、二つ折りだとなんか好きになれなくて。
耐久性という観点からも今回は切れ目の物にしようと思います。


(ETTINGERのロイヤルワラントというのにはかなり惹かれたんですが・・・。Tricker'sのカントリーブーツを買ったのもそこが大きかったですし。)

英国王室御用達のETTINGERが却下され、それなら皇室御用達の大峡製鞄はどうかというと、何だかシルエットがボテっとしてるんですよね。悪くは無いのですがもうちょっと角ばっていて欲しいな~という感じ。
大峡製鞄 財布大峡製鞄 コードバン札入小銭付

最後に残ったGANZOですが、こちらはコバの仕上げも形も文句なし。
強いて言うならブランドロゴがデカデカと入っているのが気になりますが、内側なので我慢できないものではありません。
他のブランドもいくつか検討しましたが、気持ちはGANZOに決まりました。
名古屋だとタカシマヤ、松坂屋、名鉄メンズ館で扱っているようなので買い物ついでに見に行って良かったら買っても良いかなと。

ただ、検討中に見た俺のダンディズムというドラマで紹介されていた万双という所がちょっと気になります。
万双さんではデパート等に卸の販売をしないらしく通販か上野と神戸の店舗でしか購入できませんが、その分リーズナブルになっているとのこと。
ホームページを見ると、財布の品質も良さそうですがブランドとしての考え方にとても共感できました。ちょうど東京に行く予定があるので上野に見に行くことにします。

アメ横表通りから一本入った、なかなか分かりづらいところにあったので若干迷子になりつつ万双さんに到着。分かってはいましたが本当に狭い店舗でした。

万双 財布 03
他も見てから決めるべきなのでしょうが「欲しい」という気持ちで見に行ってるんだから目の前にあったら買っちゃいますよね。
ちなみにすぐに使いたかったので開封はホテルで撮っています。

万双 財布 04
袋にも箱にも何も書いてありません。
この辺りの理由は万双のページの『万双の想い』に綴られています。
上述の通り、この考え方に共感したのも万双を選んだ理由のひとつです。

万双 財布 05
箱を開けると袋に入っています。
この袋はクロスとして使ってもいいそうです。

万双 財布 01
本体です。ブライドルレザーかコードバンかも決めていなくて、声をかけたら二つ折り財布を全部出してくれてじっくり選ぶことが出来ました。丁寧な接客に感謝です。
迷った末に選んだのはコードバンのボルドーです。

万双 財布 02
薄さで言えば純札入れのほうがいいのですが、利便性をとって小銭入れ付きにしました。
内側はヌメ革です。皮革製品のブランドではないファッションブランドの財布だと中は布になっていたりしますけど、万双さんの財布はカード入れの裏側等見えない部分も全部革製という贅沢な作りになっています。内装部分の材料で通常の財布が3つ作れるそうです。

万双 財布 10
容量は札入れx2、カード入れx4、小銭入れx1、ポケットx3となっています。
私はカード類はパスケースに入れているので財布には免許証くらいしか入れませんが、カードを多く入れる人にはやっぱり長財布のほうが良いでしょうね。
とりあえずカード入れにホテルのカードキーを入れて裏側のポケットに免許証を入れました。
札入れは2箇所で、10,000円札&5000円札と1,000円札で分けて入れました。
この時は旅行中ということもあって10万円ちょっと入れましたが、特に膨らんで使いづらいということもありませんでした。

万双 財布 09
小銭入れはこのように開きます。これは好き嫌いの分かれる所ですが、私は気に入りました。
量は入りますが、あまり入れすぎてパンパンになってもカッコ悪いのでこまめに使うようにしたいと思います。(ちなみに100円玉30枚入れてみましたが、どうにかボタンは留まりました)

万双 財布 07
(ここからは家に帰ってきてから撮ったものです。)
『菱縫い』と呼ばれるステッチらしいですが、綺麗です。縁には念引き(ステッチの外側の線)という処理がされていて、ちょっとしたことですがスマートに見えます。

万双 財布 06
コバの仕上がりはこの通り。見事の一言です。

万双 財布 08
俺のダンディズムで言っていた『良い財布の見分け方』やってみました。
山も綺麗ですき間も左右対称ですね。さすが。
現物を見たら買っちゃうだろうな~。とは思っていましたが、案の定買ってしまいました。もっと探せば良い物はあるでしょうが、手にとって見てみたらこれ以上の物は必要ないかなと思って。上を見たらキリがないですからね。
お金があれば「革財布なら取り敢えずHERMES買っとけばいいでしょ」って感じで銀座にでも行くのですが、なかなかそうもいかないのでw

財布はとても気に入ったので、これから大事に使ってエイジングを楽しみたいと思います。
と言ってもこれはお出かけ用財布で使用頻度は高くないのでかなり時間がかかりそうですが・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 革小物
ジャンル : ファッション・ブランド

東京から帰ってきました。2016年5月 その2

寺社巡りに行ってきました。

前回の続きです。メトロ丸ノ内線で西新宿駅に到着したところまで書きました。

次の目的地は成子天神社(なるこてんじんじゃ)です。

成子天神社 03
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/1600、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
最近買ったNDフィルターのおかげで開放で撮れました。
参道と鳥居がいい感じにボケてくれて気に入っています。

成子天神社 02
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/800、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
参道から鳥居。

成子天神社 01
24-70mm(38mm)、絞り優先AE、F4、1/500、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
手水舎。

成子天神社 04
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.8、1/400、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
本殿。街中の神社なので周囲のビルが写っていますが・・・

成子天神社 05
24-70mm(24mm)、絞り優先AE、F4、1/2000、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
いっその事広角で周囲の建物をメインで撮ってみました。こういう近代的なものが写り込むのが嫌な人もいるでしょうがこういう『新宿の神社』感のあるのも好きです。
以前にブログに書きましたが増上寺なんかはその代表です。

成子天神社 06
御朱印も頂いて、次の目的地へ向かいます。

2016 05 新宿 03
50mm単焦点、絞り優先AE、F2.8、1/640、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
歌舞伎町方面へ向かう途中の新宿大ガード。この辺りは夜撮りたいですね。

2016 05 新宿 04
50mm単焦点、絞り優先AE、F8、1/25、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
歌舞伎町と言えば!という感じのこの看板。田舎者は見ると撮りたくなるんです。
撮りたくなるのは私だけではないようで、撮ってる方がたくさんいました。

2016 05 新宿 01
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/500、ISO 100、+-0EV
火災のニュースが記憶に新しい新宿ゴールデン街をモノクロで。

2016 05 新宿 02
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/500、ISO 100、+-0EV
吉祥寺でもそうでしたが、こういうゴチャっとした路地はモノクロで撮りたくなります。

花園神社 02
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/125、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
花園神社へ到着。
広角で撮りたくなったのですが、面倒で50mmで撮ったのを覚えています。
帰ってきて見返してみると広角で撮ればよかったと後悔。

花園神社 03
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/60、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
手水舎。金網でガードされていましたが、初めて見ました。

花園神社 01
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/800、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
本殿です。
基本的にあまり気にしないのですが、この写真はちょっと周辺減光が気になります。

花園神社 04
お参りが済んで御朱印を頂いたところで次の目的地へ

2016 05 新宿 05
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/500、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
コインロッカーの荷物を引き取るついでにヨドバシへ。SIGMA Art 35mm F1.4が欲しくなったのと、見た目がカッコいいからちょっと気になっていたPEN-Fが驚くほど小さくて軽くて欲しくなったけど値札を見て涙目になったところで店を出ました。
どこかで昼食を・・・とも思いましたがホテルに荷物を預けてからにしようということで、近くのダイコクドラッグでヘパリーゼを買ってホテルへ向かいます。

ホテルの事はいつも通り別の記事に書こうと思うので飛ばします。
チェックインして荷物を置いてちょっとくつろいでから門前仲町へ。

門前仲町 深川不動堂 富岡八幡宮 06
50mm単焦点、絞り優先AE、F8、1/160、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
深川不動堂へ向かいます。こちらは仲見世通り。
恥ずかしながら仲見世通りとは浅草の仲見世通りの固有名詞だと思っていたのですが、本来の意味は『社寺の境内などにある店』らしいです。勉強になりました。

門前仲町 深川不動堂 富岡八幡宮 04
50mm単焦点、絞り優先AE、F2.8、1/60、ISO 100、WB 太陽光、+1.0EV
仲見世を冷やかしつつ深川不動堂へ到着。

深川不動堂 御朱印
お参りして御朱印を頂いて、次は富岡八幡宮へ。

門前仲町 深川不動堂 富岡八幡宮 05
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/80、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
手水。正面参道の手水舎の方は工事中で仮設の手水でしたが、西側にこんな素敵な手水がありました。

門前仲町 深川不動堂 富岡八幡宮 01
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/800、ISO 100、WB 太陽光、-1.3EV
本殿。ドラマの孤独のグルメ1話で井之頭五郎がお参りしていた神社です。

孤独のグルメ 門前仲町
Huluの孤独のグルメからキャプチャ。
そのつもりはありませんでしたが、聖地巡礼もできました。

門前仲町 深川不動堂 富岡八幡宮 02
50mm単焦点、絞り優先AE、F4、1/320、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
横綱力士碑なるものがあって・・・

門前仲町 深川不動堂 富岡八幡宮 03
50mm単焦点、絞り優先AE、F4、1/30、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
石碑の裏側には歴代の横綱の四股名が刻まれていました。

富岡八幡宮 御朱印
御朱印を頂いて次の目的地へ。

門前仲町から大江戸線で新御徒町へ向かいます。
と、まだまだ長くなるので今回はここまでで。
つづく。

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

東京から帰ってきました。2016年5月 その1

寺社巡りに行ってきました。

また、東京でフラッと寺社巡りをしてきました。
写真もたくさん撮ってきましたので、それも載せつつ書いていこうと思います。
(旅行系の記事は自分で読み返すと一番楽しいのにアクセスは全然ない不人気記事ですが)

いつも通り名駅で高速バスに乗って、6時30分頃新宿に到着。いつものヨドバシの近くのコインロッカーにコルメナひらくPCバッグに入っているすぐには必要のないものを預けて、中央線で吉祥寺駅へ向かいます。

吉祥寺 01
まだ早い時間なので、とりあえずコメダに入って今日の予定を何となく決めます。
もちろん出発前に行きたい所は決めてある程度どうやって回るか決めているのですが、今回は出発の前に急遽東京で人と会う約束が出来たのでそれを踏まえて調整。
旅行の予定は出発前に完璧に予定を立てるという人もいるでしょうが、私はざっくり決めてあとは現地で気の向くまま回るのが好きなタイプです。
余談ですが、このコメダはモーニングがいつものトースト&ゆでたまごの他に卵の部分をサラダ、小倉あんから選べるようになっていて、愛知県のコメダより親切で驚きました。

休憩したら最初の目的地、武蔵野八幡宮へ

吉祥寺 02
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/60、ISO 100、+1.0EV
途中、雰囲気のある路地をモノクロで撮ってみたり・・・

吉祥寺 03
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/80、ISO 100、WB オート、+1.0EV
店先に飾ってあったビンを撮ったりしながら歩いて・・・

2016 05 武蔵野八幡宮 04
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/200、ISO 100、WB オート、+1.0EV
武蔵野八幡宮へ到着。

2016 05 武蔵野八幡宮 01
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/250、ISO 100、WB オート、+-0EV
手水舎。

2016 05 武蔵野八幡宮 03
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/30、ISO 100、WB オート、-.03EV
境内末社の大鳥神社、出雲神社、三嶋神社にお参りして・・・

2016 05 武蔵野八幡宮 02
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/250、ISO 100、WB オート、-.03EV
本殿にお参りしてきました。

いつもならここで御朱印を・・・。となりますが、まだ時間が早くて社務所が開いていませんので今回はお参りだけして次の目的地へ向かいます。

次の目的地は、せっかく吉祥寺に来たなら。ということで井の頭公園です。

2016 05 井の頭公園 06
さすがにすべてを回るだけの余裕はないので井の頭池周辺をちょこっと散策してきました。
(この写真はトリミングしています)

2016 05 井の頭公園 04
50mm単焦点、絞り優先AE、F2.8、1/200、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
どうにかこの噴水を長時間露光で撮ろうとカメラを乗せる場所を探したのですが、木があったりして上手く撮れる所が見つかりませんでした。三脚があれば解決するんですけど、なかなか三脚を持ち歩こうとは思わないので買えずにいます。
というわけで1/200で撮ったつまらない写真です。

2016 05 井の頭公園 03
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/20、ISO 100、WB 太陽光、+0.7EV
朝日に透き通った葉っぱが綺麗だったので撮ったのですが、開放で撮ったのでうまい具合に奥のほうがボケてどこまでも続いていそうな雰囲気で撮れました。このまま進んでいくとトトロがいる所に着きそうな感じで気に入ってる写真です。
(三鷹の森ジブリ美術館は逆方向ですがw)

2016 05 井の頭公園 05
50mm単焦点、絞り優先AE、F2.8、1/20、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
池に沿って歩いて井の頭弁財天へお参りに行ってきました。

2016 05 井の頭公園 01
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/60、ISO 100、WB 太陽光、+2EV
手水。

2016 05 井の頭公園 02
50mm単焦点、絞り優先AE、F2.8、1/13、ISO 100、WB 太陽光、-0.3EV
まだ朝早かったのですが他の参拝者の方が多かったのでちょっと離れたところから参拝者の方の途切れた隙を狙って撮りました。
SSが1/13になっていますが、岐阜に行った時の反省が全く活かせていません。

お参りが済んだところで、吉祥寺駅に戻って武蔵境駅へ向かいます。

杵築大社 05
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/40、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
外からの写真を撮っていなかったみたいでいきなりの手水ですが、武蔵境の杵築(きづき)大社へ行ってきました。

杵築大社 01
50mm単焦点、絞り優先AE、F2.8、1/30、ISO 100、WB 太陽光、-0.3EV
社殿。

杵築大社 02
50mm単焦点、絞り優先AE、F2.8、1/13、ISO 100、WB 太陽光、-0.3EV
お稲荷さんにもお参りして。

杵築大社 03
50mm単焦点、絞り優先AE、F2.8、1/20、ISO 100、WB 太陽光、-0.3EV
存在は知っていましたが、一度も来たことのなかった富士塚です。
この杵築大社の富士塚は三多摩に現存するものでは2番目に規模の大きい富士塚らしいです。
ということで、登ってきました。

杵築大社 04
50mm単焦点、絞り優先AE、F2.8、1/25、ISO 100、WB 太陽光、-0.3EV
富士橋を渡って

杵築大社 10
50mm単焦点、絞り優先AE、F2.8、1/20、ISO 100、WB 太陽光、-0.3EV
富士山登山口へ。

杵築大社 06
50mm単焦点、絞り優先AE、F2.8、1/8、ISO 100、WB 太陽光、-0.3EV
一合目

杵築大社 07
50mm単焦点、絞り優先AE、F2.8、1/25、ISO 100、WB 太陽光、-0.7EV
三合目

杵築大社 08
50mm単焦点、絞り優先AE、F2.8、1/13、ISO 100、WB 太陽光、-0.7EV
山頂に到着。結構な急斜面でした。

杵築大社 09
50mm単焦点、絞り優先AE、F2.8、1/40、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
山頂から境内を見たところ。

杵築大社 11
書き置きの御朱印を頂いてきました。

富士塚へはいつか行ってみたいと思っていたので念願が叶いました。
帰ってきて調べたら江戸七富士という富士塚があるらしく、以前から行きたいと思っていた品川神社と護国寺も入っていました。次の機会に行ってみたいと思います。

武蔵境駅へ戻って中央線で荻窪駅へ。メトロ丸ノ内線に乗り換えて西新宿駅に・・・。
と、長くなるので次の記事にします。
つづく。

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

iPad Proを買ったらApple Pencilも買うべき!

Apple Pencilが思った以上に便利!

私がiPad Air2ではなく、iPad Pro 9.7を選んだ理由は『最新モデルだから』という一点です。
重たい作業やゲームをやるわけでもないのでA9Xプロセッサの恩恵を受けることはほぼ無いでしょうし、iPadで写真を撮ることは無いのでカメラの性能アップもあまり関係ありません。
しいて言えば、スピーカーが増えたのがありがたいくらい。
ProならではのApple Pencil対応も、私は絵を描かないので必要ないだろうから別にiPad Air2でも問題無いのですが長く使うので最新型が良いだろうという理由でProを選びました。
先日の記事にも書きましたが製品寿命は3年の設定らしいので結果的に正解でした)

それなので、iPad ProをSoftBankで予約してから保護ケースと保護ガラスのみ買ってApple Pencilは購入しませんでした。

iPad AirからiPad Pro 9.7への乗り換えなのでそんなに大きな変化は無いでしょうが、それでも新しいガジェットはテンションが上がるので届くまでiPad Proのレビューのブログや動画を見ていました。

やはり大体はiPadで絵を書いたりペンタブ代わりにしたりするのが便利だという記事が多かったのですが、『手書きメモとして素晴らしい』との記事も散見されます。
どうやら、アプリとの組み合わせによってはすごく便利らしいです。
私は何かを考えるとき(ごく最近で言うと旅行の予定を立てるとき)は『紙のメモに思いつくことをバーっと書いていって、後でEvernoteにまとめる』というやり方をしています。
(それなのでノートやメモ帳をたくさん持っています。

そういう使い方にもApple Pencilがあると便利らしいです。
「そっか、それなら買うか」となるところですが、すぐに買うのを躊躇う価格です。
スタイラスに12,700って・・・。Apple Pencilが如何に素晴らしいものだとしても、スタイラスに出せるのは頑張っても10,000円までだよなぁ・・・。
ということで、ヨドバシカメラで12,740円のところをポイントを2740ポイント使って10,000円の500ポイント還元で購入。
まぁ、クレカの引き落としが10,000円だからどうにか許そうと。

と、前置きが長くなりましたがiPad Proから1日遅れてApplePencilも到着。

Apple Pencil 01
いかにもApple製品という感じの箱に入っています。

Apple Pencil 04
横からスルッと出るようになっています。
この、出てくる感じもそこはかとない高級感があります。

Apple Pencil 05
出ました!高そうなスタイラスという感じです。(実際クソ高いですが)

Apple Pencil 06
内容物は説明書的な紙とペン先の替えが1つ。あとはLightningケーブルを使って充電する時用のメス-メスのアダプタが入っています。

Apple Pencil 07
ペンのお尻の部分が外れるようになっていて、ここから充電できます。
ちなみにこのキャップはマグネットでペンにくっつくので不用意に外れる事は無さそうです。
この部分のリンゴマークは彫ってあって、細工が細かいです。こんな所にお金をかけるならもうちょっと安くしてくれても…という気がしないでもないですが。

Apple Pencil 02
アダプタ無しでもiPadから充電することが出来ますが、充電方法はこれです。
なんじゃこりゃ?iPhoneのプレゼンで「Who wants a stylus?」と言っていたジョブズさんはこれを見てどう思うんでしょうね。
Apple信者の方はWindowsやAndroidの欠点を見つけると「Appleなら~」とか「Macは~」なんて言うイメージがありますが、これはどうなんですか?
もしSurfaceがこれを初めてやったらApple信者の人はここぞとばかりに叩きまくる気がするんですけど。
Apple Pencilが届いたら、とりあえず『Apple Pencilならでは!』ということがやりたくてZen Brush 2というアプリを入れてみました。
筆文字が書けるというだけのアプリなのですが、Apple Pencilを使うとちょっと凝ったことが出来るようになります。

Zen Brush 2 04
筆の向きが表示されています。手やスタイラスで書くと角度が一定ですが、

Zen Brush 2 03
Apple Pencilだと角度も追従します。私は字が致命的に下手くそなのでいいサンプルがお見せできませんが、習字の得意な方ならもっとそれっぽく書けそうです。
もちろん筆圧も感知します。

Zen Brush 2 02
背景や筆の太さ、墨の濃さ、色が墨と朱から選べる他、筆に含ませる墨汁の量を3段階から選べて、大体同じ速度、同じ強さで引いた線でこれだけ違います。
これらの機能を組み合わせて水墨画を書いている方もいるみたいです。

Zen Brush 2 01
漢字を書くと字の下手さがバレるので英語に逃げてみました。
生前「スタイラスなんて誰が欲しがるんだよ!?あんなもんすぐ無くすわ!」と仰っていたスティーブ・ジョブズさんの名言をば。

Zen Brush 2はApple Pencilという物を使ってみようと入れたお遊びアプリなので、正直私には使いみちがないです。「これを使って年賀状を書いてみようかな」くらいの物です。それは買う前から分かっていましたので問題なしです。

もう一つ本命のメモアプリを入れたのですが、これが便利すぎて「iPad ProとApple Pencil買ってよかった!」と心底思い、感動すら覚えました。
次はそのアプリの事について書こうと思います。
つづく。

テーマ : iPad
ジャンル : 携帯電話・PHS

ipad Proと一緒に買ったもの。

iPad Proと一緒に買ったもの。

昨日iPad Pro 9.7 256GBを買ったという記事を書きましたが、今回は一緒に買った小物について書いていこうと思います。

まず保護ケース。

iPad Pro ケース 04
iPad Pro 9.7 ケース | iPad Pro 9.7 ハードケース iPad Pro 9.7 クリアケース | Timber TIIPP02HDCCR | ポリカーボーネート 耐衝撃 (ハードケース, クリア)です。
iPad Airにもクリアのハードケースを付けていたので、値段が安くてレビューも良さそうだったこれに決めました。安いのにパッケージがカッコイイですね。

iPad Pro ケース 05
普通のクリアケースです。
安いからといって、バリがあったり質感が悪かったりということはありません。

iPad Pro ケース 01
上側と左側はこのようになっています。
Smart Keyboard用の端子が使えるように切り欠いてあります。

iPad Pro ケース 02
右側はスイッチ、カメラ、マイクの部分に穴が開いています。
カメラよりも厚いので、これで机の上に置いた時もガタつきません。
(意外と裸のまま置いてもそんなにガタつかないんですが。)

iPad Pro ケース 03
下側はこんな感じです。
横に持った時に違和感を無くすためでしょうか?スピーカーより大きめに切り欠いてあって上側と同じ幅になっています。

届くまでは「多少質感や使用感が悪くても目をつぶろう」くらいの気分でしたが、いざ届いてみると何の不満もない商品でした。
前に買った物は2,500円くらいでしたが、比べても特に悪いと思いませんのでかなりコスパが高いと言えます。
次はガラスフィルム。

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 04
Anker 強化ガラス液晶保護フィルム iPad Pro 9.7 inch / iPad Air / iPad Air 2用
今回はANKERの保護ガラスにしました。充電器タブレットスタンドが安くて高品質で気に入っているので、保護ガラスも変なものは出さないだろうということで。

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 05
ANKER製品っぽいパッケージ。シンプルでカッコイイです。

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 01
付属品がたくさん入っていました。
位置決めやホコリ取りのステッカー、ホームボタンの上に貼るボタン、アルコールクロスとマイクロファイバークロス、あとは説明書と、おなじみのHappy?Not Happy?のサポートの連絡先が書いてある紙です。

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 02
説明書通りに、まず位置決め用のステッカーをiPadの裏に貼ってから保護ガラスの位置決めをします。

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 03
次に反対側に取っ手になるステッカーを貼って、保護ガラスを持ち上げます。
その状態でiPadのガラス面をアルコールで拭いてからマイクロファイバークロスで拭き上げて、最後にホコリ除去シールで微細なホコリを取ったらガラスの保護フィルムを剥がしてiPadに載せて空気を抜いたら出来上がり。

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 09
位置決めがしやすいので不器用な私でも上手に貼れました。
角はラウンドエッジ加工になっています。

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 06
厚みは明記されていませんが0.33mmかな?ホームボタンは若干凹む感じになりますが、操作に問題はなくtouch IDも動作します。

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 07
こればかりはしょうがないとも思いますが、液晶の反射はかなり増えます。
この写真はガラスを貼る前。本棚が若干映っているかな?という程度ですが・・・

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 08
ガラスを貼るとこんな感じ。
かなり盛大に反射しています。せっかくの低反射ガラスが台無しではありますが、私は低反射ガラスではないiPad Airからの乗り換えでしかも保護ガラスを貼っていたので以前と変わらないです。
Air2を裸で使っていた人にとっては反射が気になるかもしれません。

私が初代iPadを買った時の保護ガラスはフッ素コート剤付きで約8,000円。他の製品も4,000円程度でしたが、今は保護ガラスも安くなりました。
あまりにも安いので普通なら安かろう悪かろうで手を出さない価格帯ですが、ANKER製なら大丈夫だろうということで買ってみました。
ガラス本体は今まで使ってきたこの製品より高価な物と比べて遜色ないですし、綺麗に貼るための位置決めのステッカー等はANKERの物のほうが圧倒的に良いです。

安いから耐久性が気になるところかもしれませんが、ハッキリ言って保護ガラスは高いものでも角に衝撃が加われば割れます。
最初に買ったガラスフィルムも、iPadが故障して本体交換になった時に買い直したガラスフィルムも結局割れました。
そして、一箇所割れるとだいたい他の箇所も割れてきます。
2枚目のフィルムは中野サンプラザのホテルで風呂に入った時に誤って落として割ってしまいましたが、その後は特に落とすなどの衝撃を加えなくてもヒビが拡大していきました。
Xperiaのフィルムもそうなので、そんなものなのでしょう。
どうせ何かあったら割れてしまうものなら安いものにしておいて割れたら交換したほうがいいです。そうなると、このANKER製のガラスはベストな選択だと思います。
次はApple Pencil。

Apple Pencil 01
悩みましたが、買いました。
これは長くなるので別の記事にします。




テーマ : iPad
ジャンル : 携帯電話・PHS

ipad Pro 9.7インチを買いました。

ipad Pro 9.7インチ 256GB購入!

初代iPadからiPad Airに機種変更して約2年半。私の予想では3月22日のAppleの発表でiPad Air3が発表されるはずだったのでそれに機種変更する予定が、まさかのiPad Pro 9.7インチでした。
iPad Pro=Apple Pencilみたいなイメージがありますが、私はApple Pencilは要らないので来年に発売されるであろうiPad Air3を待とうと思いました。

しかし、発表があってからどうにも気になってしょうがないんです。
絵を描かないから要らないと思っていたApplePencilも手書きメモとして便利みたいですし、別に無理に買わなくてもApple PencilがないとiPad Proは使えないというわけではありませんから。
こうやって悩んでいる時はどうせ買うことになるだろうということで、SoftBankオンラインでポチッと。

悩んだ結果購入に踏み切った決定打は、いつもの『旅行に行くからその時には新しい物を持って行こう』という理屈です。
時計とかブックカバーとか、いつもそんな事言ってますがw)

私が予約してから数日後、Appleから『iPhoneの寿命は3年想定』との発言がありました。
iPad Airが出るまで初代iPadでどうにかなりましたし、iPhone4SでiPhone6Sまで頑張った友人もいるので別に3年で使い物にならなくなるというわけでも無いですがAppleさんがそう言うなら買い替えどきということですね。
安くなったiPad Air2も一瞬考えましたが、長く使うものだからと最新のモデルにして良かったです。

iPad Pro 9.7 04
オンラインで予約したのが4月17日で本申し込みのメールが来たのが5月11日。
すぐに手続きをして5月12日発送で13日に到着しました。

iPad Pro 9.7 01
USIMカードと一緒にAmazon的な梱包で入っていました。

iPad Pro 9.7 02
外箱。アップル製品!という感じでいいですね。
色はシルバーと悩みましたが、今までがシルバーだったのでゴールドにしてみました。

iPad Pro 9.7 03
初めてのtouch ID端末なのでホームボタンに□がないのが新鮮です。

iPad Pro 9.7 09
iPad Airはもう手放すので、最後にiPad Proと比較してみました。
右サイドはProの方はミュートスイッチが無くなっています。これはAir2からですね。

iPad Pro 9.7 05
左サイドはSmart Keyboard用の端子が増えています。
私はiPadには物理キーボードは必要ありませんし、あったとしてもあんな高いキーボードは買わないので必要ありませんw

iPad Pro 9.7 06
下側。こちらは従来通り、スピーカーが2つとLightning端子があります。

iPad Pro 9.7 07
上側。Proではこちらにもスピーカーがあります。
このおかげで横位置で動画を見る時もステレオになります。これは大きな進歩ですね。

iPad Pro 9.7 08
背面。今までのCellularモデルはアンテナの部分のデザインが微妙だったのですが、Proからはラインのみになりました。
性能的には変わりませんが、こちらの方がカッコイイので文句なしです。
文句があるのははこのカメラですね。性能がアップしてフラッシュも付きましたが、ついにiPadもカメラが出っ張ってしまいました。
外観の比較はこんな感じです。アンテナの変更は良いですけどカメラの変更が残念といったところです。
並べて見てみると、色はゴールドにして正解でした。「色が良い」というより、今までと違う色のほうが新しい端末という感じがするので新鮮です。

箱から出して持った時は薄さと軽さに驚きました。
初代iPadからAirに替えた時ほどではないにしても、薄さには特に驚きました。
iPad Airでも十分薄くて軽かったのにiPad Proは厚さ6.1mmと、Airの7.5mmより1.4mm薄くなっています。重量はAirが478gに対してProが444と34gの軽量化です。

iPad ProはAir2と全く同じサイズと重量なのですが、スピーカーやカメラのフラッシュ等が増えているのに同じ重量ということは若干軽量化されているということですね。
Airを買った時はこれ以上薄くするのは無理なんじゃないか?なんて思っていたのですが技術の進歩はすごいです。
冒頭でも書いた通り、今回は初めてSoftBank オンラインで購入したので自分でSIMを入れたり開通作業も自分でしなくてはいけません。
何となくつまづくんじゃないかなぁと思っていたのですが、驚くほどあっさり開通できました。SoftBankのページが親切で迷うこともありませんでしたし、色々入力しないといけないかと思っていたらMy SoftBankにログインしただけですべて終わって「あれ?本当に終わりでいいの?」という感じでした。

こんなに簡単なら次も機種変更はネットで良いかと思いました。
今回は届いてiPad Airと比較してみただけですが、もうちょっと使ってみてからレビューも書こうと思いますが、とりあえず一緒に買った小物の記事を先に書こうと思います。


テーマ : iPad
ジャンル : 携帯電話・PHS

NDフィルターを買ってみました。

NDフィルターを買ってみました。

先日のGW中に豊橋市・蒲郡市竹島岐阜市に寺社巡りに行ってきました。
豊橋市に行った時は24-70mmF4Lをメインに使って撮ったら何だか物足りない写真ばかりになってしまったので岐阜市では50mmの単焦点レンズをメインに使って撮ると決めて、実際ほとんどの写真を50mmで撮ってきました。

何でもかんでもぼかして撮ればいいというわけではないのは分かりますが、やっぱり背景がボケた写真は手っ取り早く『一眼レフで撮った写真』という感じがするので大好きです。
どこかで読んだか聞いたかしたのですが、外国ではシャッタースピードによる表現が好まれて日本ではボケの表現が好まれるとか。それなのでボケは英語で“Boke”らしいです。

そんなBokeの表現をするために出来るだけ絞りを開けて撮りたいところですが、晴れた日中にF1.4とかF2.8だとSSが1/4000までしか無い6Dだと白く飛んでしまって撮れません。
これは6Dを買う前に検討した時に分かっていたとこですが。

ということで、ついにNDフィルターを買いました。

NDフィルター 04
Kenko NDフィルター PRO1D プロND8 (W) 77mmです。
NDフィルターというのはサングラスみたいなもので、レンズに入る光を減らすことで遅いSSに設定できるようにする物です。こちらはND8なので3段分遅く出来ます。
プロテクターはZetaを使っていますが、NDはちょっと妥協しました。
妥協したと言ってもKenkoさんの商品なので間違いはないでしょう。

NDフィルター 01
NDフィルターは初めて購入するのでどのくらいを選べば良いのか分からなかったので色々調べてみたら、初心者にはND8が扱いやすいとのことだったのでそちらを購入。

NDフィルター 03
薄枠を謳っていてもZetaよりは厚いかと思っていましたが、厚みは同じでした。
(左がND右が50mm単焦点に使っているZetaプロテクター)

NDフィルター 02
それならとEXUSと比べてみましたが、こちらも同じです。
(左がND右が24-70mmに使っているEXUSプロテクター)

長良天神神社 04
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/2000、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
結果はこの通り。こちらは以前にも載せた写真ですがExifによるとF1.4、1/2000となっていますので、この写真は以前の機材ではどうやっても撮れなかった写真ということになりますね。

伊奈波神社 02
50mm単焦点、絞り優先AE、F16、1.6、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
この写真なんかはNDフィルターを使って撮りたいシチュエーションの代表です。
今までも水が流れているところを見るたびに撮ろうとして撮れなかった写真がついに撮れました。この写真ではF16まで絞っていますが、欲を言えばF8で撮りたいので重ね付けするかND16が欲しいところですね。

あれば良いとは思いつつも必要に迫られていないからと購入していなかったNDフィルターをついに購入しました。
滝を糸のように撮ったりするのはNDフィルターが無いと表現できないですし、いつでも50mm単焦点で開放で撮れるようになったので表現の幅も広がります。

前回の岐阜の撮影の時は50mm単焦点のプロテクターフィルターを外して代わりにNDフィルターを付けっぱなしにしてみましたが、屋外ならどうにかなりますね。
SSが遅くなりすぎて手ブレしたのに液晶で確認した時に気付かなかったというミスもありましたが、撮る時にSSを確認する癖をつければ大丈夫そうです。
撮った写真を大きく引き延ばすということは無いのでISOを上げてSSを稼げばいいので。

ということで、屋外での撮影がメインになるであろう時は50mmにはNDフィルターを付けっぱなしにすることにしました。
(こうなるならND4を買ったほうが良かったかもとも思いますが・・・)

テーマ : カメラ機材
ジャンル : 写真

岐阜市へ寺社巡りに行ってきました。その3

岐阜市へ寺社巡りに行ってきました。その3

先日の記事の続きです。
前回は伊奈波神社から橿森神社へ向かうところまで書きました。

橿森神社 03
50mm単焦点、絞り優先AE、F8、1/15、ISO 800、WB 太陽光、+-0EV
橿森神社へ到着です。後ろに聳える山が素敵です。

橿森神社 01
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/400、ISO 100、WB 太陽光、-0.7EV
手水。

橿森神社 02
50mm単焦点、絞り優先AE、F4、1/160、ISO 800、WB 太陽光、-1.3EV
社殿。

参拝して、御朱印を頂こうとインターホンを押してみましたがご不在なようです。
残念ですがまた次回ということで次の目的地、金(こがね)神社へ向かいます。

金神社 02
50mm単焦点、絞り優先AE、F2.8、1/640、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
朝、長良天神神社へ向かう時も通った金華橋通り沿いにあった賑やかな塀が金神社です。

金神社 03
50mm単焦点、絞り優先AE、F2.8、1/400、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
金色に輝く金神社の鳥居です。

金神社 04
50mm単焦点、絞り優先AE、F2.8、1/100、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
手水舎です。こちらも塀や鳥居同様賑やかな感じです。

金神社 05
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/1000、ISO 100、WB 太陽光、-1.0EV
拝殿は、どことなく日枝神社を髣髴とさせます。

金神社 01
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/1000、ISO 100、WB 太陽光、-1.0EV

金神社 06
授与所にて御朱印も頂いてきました。
3回に渡って書いてきた岐阜市の寺社巡りの記事はこれで終わりです。
今回は寺社巡りが目的だったので、ちょっと興味のあった岐阜城もには行かなかったので次の機会に岐阜城にも行ってみたいと思います。
歴史にはあまり興味がなくて城という建造物が好きなだけのにわかですがw

次は岐阜城に行くのか、最初に検討した三重に行くのか、はたまた全然違う所に行くのか分かりませんが、どこかに行ったらまたブログにも書こうと思います。

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 BD完走。

俺ガイル 続 BD完走。そして。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 BD全7巻完走しました!
人生相談テレビアニメーション「人生」以来の久しぶりのアニメ関係の記事ですが、ただBDが揃っただけならブログに書くまでもない事です。
今回は初めてAmazonの全巻購入特典で全巻収納BOXをもらったのでその事を書いておこうと思います。

仕組みはアニメショップで全巻収納BOXをもらう時とそんなに変わりません。
アニメショップでスタンプをもらう代わりに、各巻に付属されるシリアルコードを登録していきます。

俺ガイル。続 BD 01
QRコードからアクセスしてシリアルコードを入力します。
オンライン上のスタンプカードという感じですね。

俺ガイル。続 BD 02
7巻揃ったところで応募したのが4月30日。そして本日5月11日に商品が到着しました。
肝心の全巻収納BOXの方はこんな感じです。質感はアニメショップの物と変わらないです。

俺ガイル。続 BD 03
反対側。絵があるのは一面だけです。

俺ガイル。続 BD 04
全巻収めてみました。
いつもですが、やっぱりこうやって完走した時は感慨深いですね。

俺ガイル。続 BD 05
シリアルコードを登録するのもAmazonのページではなかったのですが、発送と問い合わせ先も『全巻購入特典キャンペーン』となっています。
最近はアニメのBDも買っていなくて俺ガイルとてさプルくらいでしたが、アニメのBD完走した時は何だか達成感と「散財してしまった」という若干の後悔とが入り混じった不思議な感覚です。
ちなみにアニメショップで買うと定価販売の代わりに全巻購入特典が付いてきますが、Amazonの場合も全巻購入特典が付いてくる(シリアルコード付き)の物は定価販売です。
なので、まぁいつも通りこの箱が10,000円以上するということになります。
ハッキリ言ってボッタクリもいいところなとんでもない値段だと思いますが、分かってて買っちゃうのがオタクというものなんでしょうね。
開封して、由比ヶ浜の笑顔と雪ノ下の困惑しながらも満更でもない表情、八幡の迷惑そうな顔をしつつもされるがままにしている、この様子を見たら「ああ、買ってよかった」と。



続きを読む

岐阜市へ寺社巡りに行ってきました。その2

岐阜市へ寺社巡りに行ってきました。その2

先日の記事の続きです。
岐阜護國神社から伊奈波神社へ向かうところまで書きました。

観光地なので至る所に観光客向けの地図が設置されていて、護國神社から伊奈波神社へ向かう道中に岐阜大仏(正法寺)というお寺があるらしいです。これは見ていくしかない!ということで寄り道することにしました。

岐阜大仏(正法寺) 04
24-70mm(26mm)、絞り優先AE、F4、1/25、ISO 1600、WB オート、-0.7EV
境内や外観の写真を撮っていないのでいきなり大仏様です。
撮影禁止かと思ったらストロボ撮影禁止という張り紙があったので、ストロボを使わなければ撮影出来るか聞いたら大丈夫とのことなので撮影してきました。
全く知識が無いので何とも言えません。立派な大仏様でした(小並感)

岐阜大仏(正法寺) 06
24-70mm(50mm)、絞り優先AE、F4、1/20、ISO 1600、WB オート、-0.7EV
ちょっと寄ってみました。

岐阜大仏(正法寺) 01
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/80、ISO 800、WB オート、-0.7EV
横顔。

岐阜大仏(正法寺) 05
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/160、ISO 800、WB オート、-0.7EV
大仏殿の中はグルっと回れるようになっています。

岐阜大仏(正法寺) 02
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/60、ISO 800、WB オート、-0.7EV

岐阜大仏(正法寺) 03
50mm単焦点、絞り優先AE、F2.8、1/15、ISO 800、WB オート、-0.7EV
こちらは上の2枚と反対側の壁です。
大仏様にお参りして、御朱印を頂こうと思ったのですが予定になかったのでお寺用の御朱印帳を持っていなかったので御朱印は次の機会に、ということで。
ちなみに拝観料は200円でした。

それでは次の目的地、伊奈波(いなば)神社へ向かいます。

伊奈波神社 04
50mm単焦点、絞り優先AE、F8、1/160、ISO 100、WB 太陽光、-0.7EV
到着。

伊奈波神社 05
50mm単焦点、絞り優先AE、F2.8、1/500、ISO 100、WB 太陽光、-1EV
立派な手水舎です。

伊奈波神社 01
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/1000、ISO 100、WB 太陽光、-0.7EV

伊奈波神社 02
50mm単焦点、絞り優先AE、F16、1.6、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
滝があったので撮ってみました。
長めのシャッタースピードで撮りたいシチュエーションです。それならTvモードにしそうなところですが、以前読んだ中井精也さんの本に書いてあった通りAvのまま最小絞りのF16で撮りました。結果は1.6秒でしたが、露出はバッチリでいい感じの水の流れ具合に撮れました。
(三脚は持っていないので手前の岩の上に乗せて撮りました)

伊奈波神社 03
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/125、ISO 100、WB 太陽光、+-0EV
灯籠と滝。こちらは手持ちなので水は止まっていますが、この写真ならこの方がいいかも。滝が流れていると灯籠に目がいかなくなってしまいそうなので。

伊奈波神社 06
50mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/250、ISO 100、WB 太陽光、-0.3EV
神門。

伊奈波神社 07
社務所にて御朱印を頂いて次の目的地、橿森(かしもり)神社へ向かいます。

長くなりすぎるので、今回はここまでにしておきます。
つづく。

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

プロフィール

第四純愛丸

管理人:第四純愛丸
愛知県の片隅でアニメ見たりラノベとか同人誌読んだりビール飲んだり音楽聴いたりしてます。
買ったもののレビューやら思ったことをつらつら書いてます。

最新記事
カテゴリ
リンク
楽天
最近買ったもの
最近買った本
ブログパーツ