本の小口研磨ってどうですか?

本の小口研磨について。

ピースの又吉直樹さんの火花が芥川賞を受賞したということが話題になっていますね。
ブックカバーの記事にも書いた通り、最近はラノベくらいしか読んでいませんし、純文学は昔からほとんど読まないのですが、ついつい影響されて買ってしまいました。
これをきっかけに純文学に興味が湧くかもしれませんし。

又吉さんのおかげで三島賞、芥川賞が話題になったりして巷でも本の話になることが多いので、私が本に関して前から思ってることを書いておこうかなと。

私は昔から本という物が大好きで、(実はオタク歴はそれほど長くないのですが)所謂オタクになってからはライトノベルも読むようになり、ジャンルはゴチャゴチャですがそこそこの蔵書があります。

又吉さんなんかは2000冊以上読んでるらしいので読んでる人に比べたらまだまだですが、世間には全く本を読まないという人も4割程度はいるらしいので、こんな私でも一応読書家を名乗ってもいいかと思っています。

読書家には「本は絶対に店舗で買う」という方も多いでしょうが、私の住んでいるところにはあまり大きな書店が無いのと、やっぱり便利なのでamazonやヨドバシ.comで買うことが多いです。今どきはむしろそういう人の方が多数派かな?とも。

家にいながら買えて、当日か遅くても次の日には届く。しかも実店舗よりも在庫も充実しているとなるとネットで買うことのほうが多くなるのは当然なのですが、唯一ネットが実店舗に劣っていると思うところが『小口研磨された本が届く可能性がある』ところです。
実店舗なら実物を見て研磨本だったらそこでは買わなければいいわけですからね。
本が好きな人なら共感してくれる方もいると思いますが、本を読まない人にはそもそも『小口研磨って何?』という方もみえると思うのでちょっと説明しておきます。

小口研磨 04
小口研磨とは、文字通りこのように小口(背表紙を除いた3面)を研磨することです。

小口研磨 03

同じシリーズの本ですが左が研磨本、右が未研磨本です。

小口研磨 01
最近読んだ中で気に入った本なのですが・・・

小口研磨 02

残念ながら2巻が研磨本です。
シリーズの中でこうやって混ざるのがすごく気分悪いです。

気にならない人は気にならないでしょうが私はこの小口研磨が大嫌いで、ネットで買った本が研磨本だとガッカリします。

何が嫌かというと、まず上の写真のとおり見た目が悪いです。
本棚に入れたり遠目で見れば分からないのですが気にしだすと気になっちゃって、机の上に置いてある読み止しの本の小口が研磨されているとちょっとテンションが下がります。

次に手触りが悪いです。
削ってあるので、裁断したものに比べると当然手触りが悪くなります。
それに、削った事によってその部分の厚みが若干増すので本を開いた時に変なボリュームが出るというか・・・。なかなか文字にしにくいですが、とにかく嫌な挙動をします。

他にも削ったことによってページがくっついていたり、とにかく良いことは無いです。

こんな(私にとって)百害あって一利なしなことを何故するかというと、出版社に返本されてきた時にヤケなどがあった時に綺麗にして出荷するためなのですが、そもそも裁断されたままでピシっとした本と無残に小口が削られた本が同じ『新品の本』扱いなのも納得いきません。

どうやら返本があればとりあえず研磨する事になっているのか、初版から半年も経っていないのに研磨されているということもあるみたいです。

このへんの事は『本の再販制度は必要か?』論になるので、まぁ色々議論の余地はあるでしょうがこの『返本された本はとりあえず研磨』というシステムは即刻やめてほしいです!
珍しく純文学の本を買ったので、本つながりということで『小口研磨が嫌い』ということについてだらだらと書いてきました。

火花は芥川賞受賞でさらに増刷が決まって100万部を超えたみたいです。
そんな火花を読んだのがきっかけで読書をするようになって、それから研磨本の不条理さに気付いた人が増えて、いつかこの世から研磨本が無くなればいいのに・・・なんて思っています。

スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌

御朱印集めの書籍レビュー。その2

また御朱印集めの本を買いました。

少し前に御朱印集めを始めようということで何冊か本を買って勉強して、その後無事御朱印集めデビューしました。

いざチャレンジしてみてどうだったかというと、元々神社仏閣巡りは好きだったこともありますし、写真という趣味とも絡めやすいのに加えて、歳を重ねても楽しめるので趣味として続けていこうと思いました。

続けていこうと言っても時間もお金も有限なので、全国の全ての神社仏閣へ行くことは出来ません。
それで、指針というか参考になればと新しい御朱印の書籍を買いました。

この御朱印が凄い! 01
日本全国この御朱印が凄い! 第壱集 増補改訂版  です。
この本は以前にブログにも書いた『御朱印でめぐる 全国の神社---開運さんぽ』と同じシリーズです。

こちらは“神社の紹介+御朱印の紹介”だった『御朱印でめぐる 全国の神社』に対して、“御朱印の紹介+寺社の紹介”になっている感じです。
後述の写真を見てもらえば言いたいことが分かってもらえるかと思います。

この御朱印が凄い! 03
まず巻頭に『おめぐりマップ』というものが載っていています。
掲載されている寺社が日本地図上に書いてあるのですが、これは旅行の計画を立てる時に参考になりそうです。

次に『○○が凄い!』というテーマごとに祐天寺、龍安寺、四天王寺、古峯神社、六道珍皇寺の御朱印の紹介、その後に『御朱印とは』とか『御朱印の読み方』『御朱印の頂きかた』が乗っています。
ここは以前に書いた、同じく地球の歩き方シリーズの御朱印でめぐる 江戸・東京の古寺とほぼ同じ内容です。

他には四国のお遍路タクシーのドライバーさん、タレントの和田彩花さんのインタビュー記事と、御朱印帳の紹介なども載っています。

この御朱印が凄い! 04
本編のページ構成はこんな感じです。
大きく御朱印が載っていて、上に書いた“御朱印の紹介+寺社の紹介”という意味が分かってもらえると思います。
下に寺社の紹介、写真と地図、それにデータ(神社は住所、交通、拝観時間、拝観料。お寺は宗旨・山号・住所・交通・拝観時間・拝観料)が掲載されています。

このようなページ構成で
第壱章『墨書きが凄い』
第弐章『存在が凄い!』
第参章『主役が凄い!』
第四章『個性が凄い!』
第伍章『希少性が凄い!』 の全5章で構成されていて、それぞれ13~18づつ紹介されています。

さすが『この御朱印が凄い!』のタイトル通り、魅力的な御朱印と寺社がたくさん載っていてとても楽しめました。

この本は第弐集も出ていて内容がつまらないと嫌なのでとりあえず第壱集だけ買ったのですが、これなら第弐集にも期待できるのでそちらも購入。

この御朱印が凄い! 02
結論から言うと、こちらも第壱集同様大変楽しめました。

第壱集と同じく巻頭に『おめぐりマップ』が載っていて、ページの構成も第壱集と同じく大きく御朱印があって下に寺社の紹介、写真と地図、それにデータが載っています。
他に御朱印帳の紹介や『四国八十八ヶ所お遍路の旅』というコラムが載っています。

本編は冒頭に『凄い御朱印』として8つ紹介されていて、他に注目の御朱印、凄い御朱印が北海道・東北、関東・甲信越、北陸・東海、近畿、中国・四国、九州・沖縄のエリアごとに80社程度紹介されています。
御朱印集めをしてみよう!と思い立ってからなんだかんだで神社仏閣と御朱印の本を8冊も買ってしまいましたが、こちらはさすがに御朱印集めに特化しているだけあって「とりあえず御朱印集めがしてみたい」という人にはこちらが一番オススメです。

本来なら『参拝(納経)の証に御朱印をいただく』はずが『御朱印をいただくために参拝する』になってしまうのは良くないという意見もありますが、私は「ちゃんと参拝しているなら神様も多少は許してくれるかな」という考えです。

ぶっちゃけ『御朱印が可愛いから』という理由で烏森神社を参拝した直後の宝くじが当選したりしてますし、神様はそんな細かいことは気にしないだと思っています。

ちゃんと調べもしないで自分の中で勝手に「御朱印はガチの方だけのもの」と決めつけていて御朱印集めを始めるのが遅れたのを後悔しているので、少しでも興味がある人はこの本を買ってみて気軽に始めてみるといいと思いますよ。


テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

第四純愛丸

管理人:第四純愛丸
愛知県の片隅でアニメ見たりラノベとか同人誌読んだりビール飲んだり音楽聴いたりしてます。
買ったもののレビューやら思ったことをつらつら書いてます。

最新記事
カテゴリ
リンク
楽天
最近買ったもの
最近買った本
ブログパーツ