金沢へ旅行に行ってきました。その2


先日書いたその1の続き、今回は兼六園からです。

水戸偕楽園、岡山後楽園と、この兼六園で日本三名園と呼ばれているらしいです。
さて、日本三名園に数えられる兼六園とはどんなもんかと。
まず入ってみて思ったのは、スケールが違う。広いのは分かってたけど想像以上。
そして、見どころとして“徽軫灯籠”とか“時雨亭”等色々あるのですが、そういうものでなくてもどこを向いても庭として成り立っているというか、どこを撮ってもそれっぽく写るというか。
なので入った時にもらったパンフレットに見どころが書いてありましたが、あまり気にせずに気に入ったものをパシャパシャ撮ってきました。
元々嫌いでは無かったのですが自分は自分が思っているより庭が好きだったらしく、とても楽しめました。
また桜の時期や雪吊のある雪景色などに訪れたいですね。
今回はたまたま雪吊の設置工事に立ち会えて、なかなか見れないものだと思うのでラッキーでした。

兼六園 06
30mm単焦点、絞り優先AE、F11、1/200、ISO 200 ホワイトバランス オート

兼六園 02
30mm単焦点、絞り優先AE、F11、1/80、ISO 200 ホワイトバランス オート

兼六園 03
30mm単焦点、絞り優先AE、F11、1/500、ISO 200 ホワイトバランス オート

兼六園 04
30mm単焦点、シャッター優先AE、F14、1/2、ISO 100 ホワイトバランス オート

兼六園 07
30mm単焦点、絞り優先AE、F16、1/200、ISO 100 ホワイトバランス オート

兼六園 08
30mm単焦点、絞り優先AE、F11、1/125、ISO 100 ホワイトバランス オート

兼六園 05
30mm単焦点、絞り優先AE、F11、1/40、ISO 100 ホワイトバランス オート

次は金沢城公園・・・の予定でしたが、地図を見たら反対側に石川護国神社があるようなのでそちらへ向かうことに。誰かと一緒だとそういうわけにはいきません。一人旅のいいところですね。

サクッと参拝して写真も撮ってきました。
熱田神宮の時も撮ってましたが、手水舎って何か好きなんです。なのでそちらもパシャリ。

石川護国神社 01
30mm単焦点、絞り優先AE、F16、1/80、ISO 160 ホワイトバランス 太陽光

石川護国神社 02
30mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/800、ISO 160 ホワイトバランス 太陽光

次こそ金沢城へ!と思ったのですが、思ったより時間が経っていたので金沢城は次の機会にしてひがし茶屋街へ向かうことにしました。
その時のことは次に書こうと思います。
続く    

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

金沢へ旅行に行ってきました。その1

急遽、金沢旅行へ行ってきました。

かなり昔に桜を見に行きたいけどどこに行こうかと悩んでいた時に金沢も候補に上がったのですが遠いので行けなくて、いつか行きたいと思っていましたがなかなか機会がありませんでした。

それから数年、洲崎西の“DJCD Vol.4~石川であやっぺといっしっし”の発売がありまして以前にも少し書いた通り私の中で金沢が『いつか行ってみたい場所』から『聖地』に格上げになり、行きたいという気持ちが強くなっていました。

そしてつい先日、土曜出勤なので代休ということで10月29日が休みとなりました。
前の週の水曜日も休みで、その時は熱田神宮に撮影に行ってきてとても楽しかったのと、ちょっとした用事で日曜日もカメラを持って地元を歩いている時に写真を撮ってたら楽しかったのでまたどこかにカメラを持って出かけようと決めました。

どこに行こうか迷った時にふと金沢が頭によぎって・・・。
レンズカメラバッグを買ったから年末に向けて節約しないといけなくて、だから先週は遠出しないで熱田神宮で済ませたのにこれで金沢なんて行ったらダメですね。却下です。
しかし考えてみると来年の春に北陸新幹線が開業したら関東から大勢の観光客が来るようになるでしょう。
そうなると金沢の方は有り難いでしょうが観光客の私にとっては人が多くなってあまり良くありません。
となると今行っておいた方がいいんじゃないかと。
年末の為にお金を使わないって言っても別に食うに困るお金じゃなくてどうせ同人誌やらグッズを買うお金がちょっと減るだけのこと。
寧ろ今行っておかないと後悔するかも!と言うことで金沢へレッツ・ゴー!!

と言っても出来るだけ旅費は安く済ませたいので行きは夜行バスで行くことに。
調べてみたら23時15分に名駅を出発して7時2分に金沢駅へ到着する便があったのでサクッと予約。5050円でした。

名駅のバスセンターでバスに乗ると、平日ということもあって乗客はまばら。
3列独立シートでしたが隣の2列にはお客さんいませんでした。

寝るまでにちょっと金沢観光のオススメでも見て軽く計画でも立てようかと携帯で調べてたら思ったよりも眠かったらしく、一宮を超えた頃には寝てしまい目が覚めた時にはもう金沢でした。
急に思い立って出発したので旅行の計画なんてありませんが、数年前に調べた時に
・兼六園
・金沢城
・近江町市場
・ひがし茶屋街
・長町武家屋敷

とりあえずこの5箇所には行きたいと思っていたので一日でこの5箇所を回って16時48分の特急しらさぎ14号で帰ることにします。細かい部分はまぁ適当で。自由気ままな一人旅のいいところです。
バスを降りたら早速目に飛び込んでくる「もてなしドーム」金沢に来たなーって感じです。

金沢駅 01
18-135mmを18mmで使用、絞り優先AE、F11、1/60 ISO 100 ホワイトバランス オート

金沢駅 02
18-135mmを18mmで使用、絞り優先AE、F11、1/100、ISO 100 ホワイトバランス オート

金沢駅 03
30mm単焦点、絞り優先AE、F11、1/80、ISO 100 ホワイトバランス オート

さて、金沢駅に到着したものの、ちゃんと計画を立てていないのでどうしたものか。

とりあえず近江町市場は近いみたいなのでそちらへ向かうことにしました。
少し歩いて到着しましたが、まだ朝の8時。早朝に行っても近江町市場は楽しめそうにないと言うことで時間関係なく楽しめそうな長町武家屋敷へ向かうことに。

近江町市場むさし口の向かい、めいてつエムザの前に雪吊りのオブジェみたいなものがあったのでパシャリ。

金箔きらら
18-135mmを18mmで使用、マニュアル露出、F11、1/200、ISO 100 ホワイトバランス オート

朝食がてら喫茶店にでも入ろうと思ったらコメダ珈琲が。金沢に来てコメダというのもどうかと思いましたが、愛知県民はコメダが大好き。なのでコメダで朝食&コーヒー。最近4日に1回はコメダに来てます。

腹ごしらえを済ませ、歩いて15分程度。長町武家屋敷へ到着。
藩政時代、加賀藩士の邸宅が立ち並んでいた一帯で火災が少なかったために粛然とした武家屋敷が状態良く残っている。という地域です。
いい感じに川があってその通りもいい雰囲気なのですが、ちょっと入ると土塀に囲まれた狭い路地になっていて時代劇の中のよう。歩いているだけでワクワクしました。

ここでちょっと休憩に入ったところに金沢百万石BEERとやらが売っていたので午前中からビール。
ペールエール、コシヒカリエール、ダークエールの3種類があってコシヒカリエールにも惹かれましたが大好きなダークエールにしました。雰囲気のいいところで平日昼間から呑むビールは最高でした。

長町武家屋敷 01
30mm単焦点、絞り優先AE、F11、1/400、ISO 200 ホワイトバランス オート

長町武家屋敷 03
30mm単焦点、絞り優先AE、F11、1/50、ISO 200 ホワイトバランス オート

長町武家屋敷 02
30mm単焦点、絞り優先AE、F8、1/200、ISO 200 ホワイトバランス オート

ビールを呑んでほろ酔いになったところでこの金沢旅行で一番の目当て、兼六園へ。

途中、猫がいたので追いかけて撮ってみました。
望遠に替えようかと思いましたが人に慣れてるみたいで逃げないので単焦点でパシャリ。

やはり金沢では北陸新幹線開業というのは大きなことらしく、そこかしこに看板や垂れ幕がありました。

あと、洲崎西であやっぺが石川にも109があると言っていましたが、ありました。ということでパシャリ。
青看板の兼六園の左に徽軫灯籠(ことじとうろう)の絵があるのにちょっと感動。

兼六園まで 01
30mm単焦点、絞り優先AE、F1.4、1/1000、ISO 200 ホワイトバランス オート

兼六園まで 03
30mm単焦点、絞り優先AE、F5、1/1250、ISO 200 ホワイトバランス オート

兼六園まで 02
30mm単焦点、絞り優先AE、F11、1/500、ISO 200 ホワイトバランス オート

途中若干道に迷いつつも徒歩20分くらいで兼六園へ到着。

兼六園 01
30mm単焦点、絞り優先AE、F11、1/25、ISO 200 ホワイトバランス オート

まだまだ長くなるので今回はその1ということでここまでで。
また近いうちにその2も書こうと思います。
続く    

続きを読む

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

たまこラブストーリー BDを買いました。

映画「たまこラブストーリー」が思った以上に良かった。

「たまこまーけっと」はテレビ放送で見ていて好きな作品だったので劇場版ということで映画館に見に行きたかったのですが、なかなか機会がなくて見に行けませんでした。
いや、「機会がなくて」というのは違うか。「けいおん!」の劇場版は映画館に何回も見に行ったのに「たまこラブストーリー」を見に行かなかったのは正直たまこまーけっとにそこまで思い入れが無かったからです。
なのでこのBDも予約していなくて「まぁ機会があった時に買えばいいかな」くらいに思ってて、買うか買わないかも微妙な感じだったのですがちょっとレビューを見てみたらかなり評価が高くて。
そんなにいいなら見てみるかと思ってポチろうとしたら在庫切れ!そうなると俄然欲しくなりますよねw
それで在庫の復活したタイミングで購入。

たまこラブストーリー01

届いたので早速見てみましたが、これは良かった!

高校3年生のたまこたち。みどりは進学、かんなも建築学科へ進学、史織は留学と周りが進路を決めている中、その変化に戸惑うたまこ。
そんな中、もち蔵から東京の大学に行くという報告。と同時に告白されて変わらないと思っていたもち蔵との関係も変化していくことに戸惑い、悩み・・・。それを乗り越えていく青春ラブストーリー。
何だか思った以上に「近くて遠い、ふたりの恋」が描かれている映画でした。

「劇場版けいおん!」はTVアニメの「けいおん!」が好きな人の為の作品で、もちろんそれはそれで大好きです。
しかし、この「たまこラブストーリー」はTVアニメ「たまこまーけっと」未見でも楽しめる青春群像劇という感じ。
若い人はもちろん、年配の方が見ても面白いと思える作品だと思います。

それと、作画、演出は「さすが京都アニメーション」という感じ。
特に凄いと思うのが、被写界深度が浅い。見せたい物にピントが合って背景はボケてて、川でのシーンでは玉ボケしてるしアニメーション作品とは思えないです。
最後の告白の返事のシーンの演出はヘッドマウントディスプレイで見ていることもあってか鳥肌が立ちました。

それと映像、演出を引き立てる音楽もとても良かったです。
どの曲もシーンに合った素晴らしい音楽でしたが、特にトイレの前でもち蔵とみどりちゃんが話しているシーンとたまこが告白されて走っているシーンの音楽はとても気に入りました。
別に珍しくもないストーリーで「ラストに大どんでん返し!」みたいな事もない王道中の王道。
文字にすると全然面白くない作品ですが見てみると面白い。
それが作画のためか演出の良さからか音楽がいいからか・・・。きっと全てが高次元でバランスした結果なのでしょう。
深夜アニメの、所謂「萌えアニメ」の劇場版とはちょっと違う。「面白い映画」でした。
機会があれば見てみてください。「青春!」って感じのいい映画ですよ。

続きを読む

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

カメラ関係のムック本を買いました。

カメラ関係のムック本紹介

前に使っていたNikonのV1を買った時もそうだったのですが、説明書だと字だけで書いてあることが作例と一緒に解説されていて分かりやすいので今回もムック本を買いました。

キヤノン EOS 70D 完全ガイドです。

Canon EOS70D 完全ガイド

期待通り各部の名称説明や設定項目が説明書とは違ってカラー写真付きで書いてあるので分かりやすいです。
クリエイティブフィルターやピクチャースタイル等の効果も実際の写真と一緒に説明さてれいてどういう効果なのか一目瞭然です。
他にも構図、露出、広角と望遠、等々の写真がうまくなるためのヒントが載っていたり、風景、花、飛行機、ポートレート、動物をそれぞれプロのカメラマン5人が70Dでの設定や機能を活かして撮るコツを作例付きで解説してくれていたりして私のような初心者にはありがたい構成になっています。
最後に「交換レンズインプレッション」というキヤノンのレンズ紹介があり、キットレンズからLレンズまで色々紹介されています。
ここはじっくり読むと財布へのダメージが甚大になる恐れがあるので軽く読み飛ばすくらいがいいでしょうw

写真の上級者で70Dを買った人だと最初の各部名称と設定メニューの数ページくらいしか役にたたないと思いますが、私のように写真の初心者には説明書+作例や撮影テクニックも勉強できるのでオススメです。
他にも何か役に立ちそうな本が無いか見ていたのですが、だいたい入門書とかばかりでそういう本は前にKindleで買って読んだので内容も重複しそうなのでそういうのを除外して探したら面白そうな本がありました。

図解 デジタルカメラの仕組みという本です。

デジタルカメラの仕組み

この本はタイトル通り、デジタルカメラの仕組みについて書いてある本です。
“撮像素子がどうやって光を電気に変えているのか”というところから始まってシャッターの仕組みやオートフォーカス、手ぶれ補正、ボタンやダイヤル、背面モニターという本当に“カメラの仕組み”というところが書いてあります。
カメラ本体のことだけではなく“レンズがどうやって伸びるのか”とか“絞り機構”や“マウント”等のレンズの事から“インクジェットプリンター”や“バッテリー”“メモリーカード”等カメラとは直接関係ないものの仕組みまでしっかり解説されています。

デジタル一眼レフって高額な商品だと思いますが、これを読めば高くなるのも納得です。寧ろこれだけのものが入っていてその値段なら安いとさえ思えるくらいです。

ただ、この本は“カメラの仕組み”について解説されたもので写真について書いてある本ではないので読んでも写真のテクニックは1ミリも上がらないです。書いてある内容も写真を撮る時に知らなくてもいいことばかりです。
ですが、読み物としてすごく面白かったです。特にメカ好きな人は絶対楽しめると思います。
なんなら“写真が好きでメカは苦手”な人より“写真に興味は無いがメカが好き”な人のほうが楽しめそうな感じです。

一つ役に立ったのが「一枚消去はあまりやらない方がいい」というのを知ったことです。
これをやると消したところが歯抜けになるので断片化してあまり良くないそうです。
私はこれを結構やるのでこれから気をつけたいと思います。
今どきはネットで色々な情報が得られるので本(特に雑誌)を読むことが少なくなりましたがやっぱり本で読むと落ち着きますね。
EOS70D完全ガイドの方はKindle版もあるのでそちらにしようかとも思いましたが、上にもちょっと書いた通りカメラの入門書をKindleで買って読んだことがあるのですがあまりいい印象が無かったので今回は紙の本を買いました。
古い人間なのでやっぱり紙の本の方が落ち着くし頭に入る気がします。

これとは別に今度は構図の本を買って勉強中です。
そちらも読み終わったらレビューを書こうと思います。


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

EOS 70Dを持って撮影に行ってきました。

初めてEOS 70Dを持って撮影に行ってきました。

カメラバッグが届いたので早速どこかに出かけたくなって、今日はお休みだったので何か撮りに行こうと言うことでカメラを持って初めて出かけてきました。
と言っても節約生活中なので遠出はできないので買い物ついでに熱田神宮、大須観音とついでに大須の商店街の写真を撮ってきたのですが、ハッキリ言ってダメダメでした。
持っていったのはカメラバッグの記事の時に書いたものなのでズームレンズも持って行きましたが、どうしても必要にならなければ単焦点でいこうと決めていたのでSIGMA 30mm F1.4のみで撮ってきました。
このレンズは手ぶれ補正付いていません。

AVモードで絞りF8.0、ISO100でシャッタースピードをカメラまかせで撮ったのですが、曇っていて暗かったのでシャッタースピードが遅くなった為に手ブレ写真がかなり多かったです。
その場でカメラの液晶で見たら時はそれなりに撮れているように見えたのですが帰ってきて確認したら酷いもので失敗写真ばかりでした。

「部屋よりは明るいし、ノイズが出るのも嫌だからISO100にしておこう」
「風景だから絞りはF8.0でいいんじゃないかな~」
という根拠が無い安易な設定なうえに撮れた写真をちゃんと確認しなかった。
“1/焦点距離”というシャッタースピードのセオリーを守っていなかった。
というかそもそもそこに気が回っていなかったのが主な敗因です。
(平日休みなのをいいことにランチでビールを飲んだのも原因かも)

帰ってきて冷静になれば色々考えらるのですがその場に立つとテンション上がってそんな事にも気が回らなくなってポカミスを連発してしまった感じです。
まぁ、これは場数を踏んで慣れるのが一番手っ取り早い方法かと思うのでこれからもガンガン撮って慣れていければと思います。
作例とも言えない稚拙な写真ですが貼っておきます。
いつかこの写真を見て「この頃はホントに下手だったな~」なんて笑えるようになるといいのですが・・・。
熱田神宮 03
絞り優先AE F値1.4 シャッタースピード1/80 ISO感度100 ホワイトバランス オート

熱田神宮 02
絞り優先AE F値8.0 シャッタースピード1/20 ISO感度320 ホワイトバランス オート

熱田神宮 01
絞り優先AE F値1.8 シャッタースピード1/100 ISO感度320 ホワイトバランス オート

まともな写真はこんなところですね。(他の写真は人が写り込んでいるのもあるので)
結局、背景をぼかしてあるのでそれなりに撮れたように見えるだけでイマイチ何が言いたいのかよくわからない写真ですねw

初めての外での撮影は散々な結果になりましたが撮ってる時はすごく楽しかったです。
これから家にいる時は写真の勉強して、時間がある時はカメラを持って出かけるようにして、とにかく場数を踏んでもっと上手になれるように頑張っていこうと思います。

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

カメラバッグがやって来た!

Acru(アクリュ)カメラトートバッグ コルメナを買いました。

カメラを買った。レンズも買った。ということで、カメラバッグも買いました。
SIGMAのレンズの記事の時に気になっているものを買ったと書きましたが、それがこれです。

そもそも先月から旅行用のカバンを探していて、ネットで気に入ったものを見つけたのですが他にも良い物が無いか探してみて無さそうならそれを買おうと思っていました。

デパートや百貨店を回って探してみましたが、やっぱり前に見つけたものが一番良さそう。
それならと早速ポチろうとしたら、買おうと思っていた店で品切れ。
仕方ないので他の店で買おうと思ったらそこも品切れ。
メーカーのオンライショップでも品切れなのでこれは生産中止っぽい・・・。
まぁ欲しいのは年末だからそれまでにはまた良い物が見つかるだろうと言うことで諦めました。

そんな時に一眼レフカメラを買いまして、勢いでレンズも買ってしまったのでこれはカメラバッグが欲しいなぁ。と。
けど、カメラバッグって見た目よりも機能性重視で『いかにも』な物ばかりなんですね。
5D Mark IIIクラスのカメラに大三元とかを持ち歩くなら、そんな『いかにもなカメラバッグ』がいいのでしょうが、そこまで本気で写真を撮りに行くわけではないので普段持ち歩いているもの+カメラ(70Dに標準ズームレンズと単焦点くらい)が持ち歩ける物で十分です。

それだけなら愛用のひらくPCバッグでも問題ないのですが、せっかくなら旅行用のカバンとしても使えるといいなぁ。なんて。

そして、出来ることなら普段使いも出来るくらいおしゃれで、且つ収納力があればベストなんだけど・・・。
まぁそんな都合のいいものは無いか。と思っていたらありました!

ハンドストラップを買おうとしているAcruさんに理想としているバッグが売っていました。
その名も「コルメナ」です。Acruさんのページからの引用です↓

「la colmena」で「ハチの巣の」という意味。
コルメナは映画「ミツバチのささやき」という映画で
象徴的に登場するミツバチの巣の形をモチーフにしたバッグです。
不思議な力によってミツバチたちが作り出すあの形は
たくさんの魅力を持った形でした。
六角形のシルエットで、見た目はコンパクトに見せながらも、
強度と収納性を兼ね備えています。

とのことで、要求を全て満たしているだけでなく色々考えられている素敵なバッグです。
ひらくPCバッグとの二つ持ち態勢でこれをサブのカバンにすれば旅行にも使えるでしょう。
また品切れになると困るのでさっさと買っておこうと言うことでポチッと。
Acru コルメナ 01
届きました。箱を開けると新品の革製品の匂いがして「おお!」と声が出ましたw
色は5色展開でベージュ、カーキ、ブルー、ネイビー、ブラックがあります。
ベージュと迷ったのですが、最終的にカーキに決めました。

Acru コルメナ 05
このHAND WORK IN JAPANのタグに打刻印を打ってもらえます。
無難にイニシャルのJ.Fにしました。
「手仕事の証」という紙に私が責任持って制作しましたと
製作者さんのサインが入っています。

Acru コルメナ 03
上のフタを開けると、この特徴的な六角形を形作っているバンドがあります。

Acru コルメナ 10
ボタンを止める部分が二箇所あって調整が出来るようになっています。

Acru コルメナ 09
荷物を大量につめ込む時はバンドを止めなければ普通のトートバッグのような形になります。

Acru コルメナ 20
その時、バンドは収納できるようになっています。
ここに別売りのショルダーストラップを付けて肩掛けで使うことも出来るみたいです。

Acru コルメナ 06
この部分はそのまま曲げると革に負担がかかるので蝶番のようになっています。
このパーツにもAcruさんの“A”マークが刻印されています。

Acru コルメナ 07
中はこんな感じでゴムのバンドが全周に巻いてあります。

Acru コルメナ 08
このゴムバンド部分にパーテーションプレートを取り付けて区画するようになっています。
ちなみにこのバンド部分にはフィルムを挟んでおくこともできるそうです。

Acru コルメナ 15
パーテーションプレートも革で出来ていて、柔らかいです。
1枚付属しているのですが、私はとりあえず1枚追加で購入しました。

Acru コルメナ 16
持ち歩くものを入れてみました。
メインの所に入っているのはEOS70DにSIGMA 30mm F1.4
を付けたものとCanon EF-S18-135mmです。
空いた所にペットボトルを入れていますが、
パーテーションを上手く使えばレンズがあと2本入りそうです。
前後にポケットがあるのですが、そこにはiPad、財布、パスケース、
カードケース、iPod touchを入れました。

Acru コルメナ 12
カバンの内側には外ポケットもあります。ここには文庫本を入れました。
これで撮影に行く時に持って行きたいものは全部入りました。

Acru コルメナ 14
結構重くなりますが、そういう事も当然想定されているので
ベルトが上手く重なるようになっていてよく見ると太さが違います。
これはどういう事かと言うと・・・

Acru コルメナ 13
太い方(体側)には低反発素材が付いていて肩へのを減らせるようになっています。
一眼レフカメラという重い物を入れるカバンとしてよく考えてあります。気が利いてる!

Acru コルメナ 02
気が利いていると言えば、このフタのボタンの受けも指が入って留めやすくなっています。

Acru コルメナ 11
底面には鋲が打ってあります。
底はかなりしっかりしていて、内側には衝撃吸収材が入っています。
こういう所もただのトートバッグではなくてカメラバッグなのだと感じます。

このカバンに期待していた事である「カメラバッグ」で「普段使いも出来る」くらい「オシャレ」で「収納力がある」というポイントを全て高次元でクリアしている素晴らしいカバンです。
旅行の時はカメラやガジェット系をひらくPCバッグに入れてこちらに着替えを入れればいいので「旅行用のカバンが欲しい」というのもクリア出来ました。

触ってみると素材や質感、細かい部分の作りがそこらの安物とは明らかに違って本当にしっかり作られている物だと分かり、Acruさんのモノ作りに対するこだわりを感じました。

こんな素敵なカバンを作っているところなら、さぞかし『カシェ・バナーヌ ハンドストラップ』も素晴らしい商品なのでしょう。オーダーしに行くのが楽しみです。

使っている素材が牛革、帆布、真鍮と全て経年変化を楽しめる物なので大切に長く使っていけそうです。
(牛革はクロムなめしではなくベジタブルタンニンなめしです。さすがこだわってますね~)
さて、今回は写真も盛りだくさんで長々と書いてきました。
何回も書きますが本当にこだわって、よく考えられていて、素晴らしい鞄です。
それなので、当然それなりのお値段します。
バッグが29700円、パーテーションプレートが1836円、合計31536円でレンズを買った直後なので結構悩みました。
結果的に満足だったので良かったですが、財布へのダメージはレンズと合わせて相当なものなので「パーッと撮影旅行」というわけにいかなくなってしまったので、買い物ついでに写真を撮ってくるくらいにとどめようと思います。(本末転倒w)

続きを読む

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

明るい単焦点レンズを買いました。

SIGMA 30mm F1.4 DC HSM を買いました。

一眼レフを買ったのにまだ一度も外に撮影に出ていないのですが、何事も形から入りたがる私なので「せっかく何か撮りに行くならレンズがもう一本あるといいなぁ」なんて思いまして。

望遠とかマクロはまだ使わないので必要になった時に買い足すとして、2本目のレンズは前にもちょっと書いた通り明るい単焦点レンズを買うと決めていたので早速Canon EF50mm F1.8 Ⅱをポチろうと思いました。

通称“神レンズ”なんて呼ばれてる大変コストパフォーマンスに優れたレンズです。
メーカー希望小売価格12,000円で実売10,000以下なのにF1.8と大変明るいレンズで、キットレンズの次の一本に最適とのこと。ニコンユーザーはCanonのこのレンズが羨ましくてしょうがないとか。

そしてこのレンズを体験すると「もっと良いレンズはどんなもんだろう?」とLレンズに興味を持ち始め、気付いた時にはレンズ沼にハマってしまうというキヤノンさんの罠。その為“撒き餌レンズ”とも呼ばれています。
価格以上の素晴らしいレンズとしていろんな人が2本目に最適と勧めているのですが、焦点距離が50mmというのはどうなんだろう・・・。
フルサイズならちょうど良いでしょうが70Dに装着するので換算80mmになります。
試しに手持ちの18-135のレンズで50mmに合わせてみましたが、ちょっと狭いような…。
ブログ用の物撮りにも使おうと思うと最短撮影距離45cmというのもちょっと遠い気が…。

となると、もうアレしか無いよなぁ…。ということでSIGMA 30mm F1.4 DC HSMを購入。
ですが、予算はプロテクター込で10,000円ちょっとを想定していたのが40,000円なのですごく悩みました。
だって40,000円って言ったら中価格帯のコンデジより高いわけですから。数年前の自分には信じられないですよ。
まぁ今の自分はこのレンズにその価値を見出したので買ったわけですが、ホントに悩みました。

悩んだのですが最終的には単焦点レンズは遅かれ早かれ買う時が来るので、それなら年末東京に行く時までに慣れておくといいかなと思ったのがひとつ。
時計買った時もこんな理由でしたがw
それに自分の性格を考えると、仮に今CanonのEF50mm F1.8を買ったとしても結局SIGMAの30mm F1.4が欲しくなって買ってしまうと思うのです。
それなら最初からSIGMAを買ったほうがいいので買っちゃおうと。
SIGMA 30mm F1.4 DC 01
届きました!プロテクターフィルターの方が先に届いたのですごく待ち遠しかったですw

SIGMA 30mm F1.4 DC 02
箱はシンプルでカッコいいです。箱を開けると↓

SIGMA 30mm F1.4 DC 03
保証書、説明書が入っていてその下にポーチに入った状態でレンズが入っています。

SIGMA 30mm F1.4 DC 04
袋に包まれて出てきました。見た目よりも重くてかなりずっしりしています。
レンズフードも付属です。旧型は花型だったのですが新型は残念ながら円形です。

SIGMA 30mm F1.4 DC 09
カメラに付ける前にプロテクターを装着します。
絶対に埃を混入させるわけにはいかない緊張の一瞬。
プロテクターは以前と同じKenkoのZetaです。62mmでした。

SIGMA 30mm F1.4 DC 10
無事プロテクター装着完了。レンズのカメラ側の部分は光沢があって鈍く光っています。
このレンズ、手ぶれ補正は付いていません。
なのでスイッチはオートフォーカスとマニュアルフォーカスの切り替えのみです。
ピントリングはキットレンズに比べると重くて高級感あります。

SIGMA 30mm F1.4 DC 05
カメラに装着。色味も違和感なくマッチしています。
根本の光沢とアートラインのAがカッコいいですね。
キットレンズに比べるとコンパクトになって可愛らしいバランスになりました。
重さはキットレンズ480gに対してこのレンズが435g。
なので重量のバランスはあまり変わりません。

装着してみて、早速また部屋にあるものを撮ってみました。

SIGMA 30mm F1.4 DC 06
水槽をバックにして椎名ましろのにいてんごをF1.4で撮ってみました。
水槽もぼけていますが、そのすぐ後ろにある物もぼけていて何かわかりませんね。

SIGMA 30mm F1.4 DC 07
手持ちなので厳密では無いですが、同じ構図でF10まで絞ってみました。
これで後ろにあったものがビールの空き缶だと言うことが分かりました。
被写体のましろもF1.4の時よりパキっとしています。

SIGMA 30mm F1.4 DC 08
12時のインデックスにピントを合わせて開放で撮りました。
向こう側のバンドはもちろん、3時位置の日付がボケるくらい被写界深度浅いです。

SIGMA 30mm F1.4 DC 11
ゴールデンハニードワーフグラミーを撮ったつもりだったのですが
たまたま同じ面にいた左のダイヤモンドテトラにもピントが合ってしまい、
何だかちぐはぐな写真になってしまいました。
こういう事にも注意しないといけないんですね。

分かりきった事だし、そもそもそれ狙いで買ったのですが、『とにかくボケる!
きれいにボケた写真だと説得力みたいなのがあって、時計の写真なんか適当に撮っただけなのに何か意味のある作品みたいに見えて写真が上手くなったと錯覚してしまいそうです。

部屋での物撮りは適当に撮ってトリミングしてしまうので関係無いですが、外に出て風景などを撮ろうと思うと単焦点というのは難しそうですね。
写真の勉強には単焦点がいいという人もいるので、自然と目が30mmの画角になって撮影位置にスッと立てるようになるまで基本的にカメラに付けておくのは単焦点でいこうと思います。

単焦点レンズも初めてですが手ぶれ補正が付いていないレンズも初めてなのでそこもちょっと不安だったのですが、明るいのでシャッタースピードが上げられるので問題ありませんでした。
いつも絞り優先モードで撮っているのですが、いつもと同じように部屋を開放付近で撮ってみたらシャッタースピードがめちゃくちゃ速くて間違えてISO感度上げたのかと思うくらいでしたw

少し気になる点はAF時に結構音が出ます。写真なら問題無いですが、静かな場所で動画を撮るとAFの音を拾ってしまうのでそういう時は対策が必要だと思われます。
私は動画はあまり撮らないのでいいですが、動画でもガンガン使おうと思っている人は要注意です。

被写界深度が非常に浅いのでフォーカスロックした後にカメラを振ったらピントが外れるなんて事もありそうですが、もちろんフルタイムマニュアルなので大丈夫です。
さて、届いてパパっと撮ってみた感想はこんなところです。

これで機材の方はEOS 70DにSIGMA 30mm F1.4と申し分なくなり、いい写真が撮れないなら完全に腕ということになります。
すごくボケる写真が撮れるようになったものの、それを活かした写真を撮るにはどうしたらいいのか良くわからないのでこれからは構図についての勉強が必要だと感じました。

実はレンズ以外にもちょっと気になっていたものを買ってしまって・・・。
これから節約生活に入るので紅葉を撮りに行く時までお金を使わずに写真についての勉強をすることにします。

【Amazon.co.jp限定】 Kenko カメラ用フィルター Zeta プロテクター 62mm レンズ保護用 レンズクロス・ケース付 390924【Amazon.co.jp限定】 Kenko カメラ用フィルター Zeta プロテクター 62mm レンズ保護用 レンズクロス・ケース付 390924
(2013/08/01)
ケンコー

商品詳細を見る

続きを読む

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

EOS 70Dが届きました。

EOS 70Dが到着。ちょっと使ってみました。

先日に70Dを買ったという記事を書きましたが、あの時はまだ届いていなかったのでカメラ本体のことには何も触れていなかったので届いてからちょっと使った感想を書いておきます。
本当は外に出てちゃんと使ってから書こうと思っていたのですが、ちょっといつになるか分からないのでレビューその1という感じで。

EOS 70D 03
到着!最近買ったもので言うと時計の時はかなりテンション上がりましたが、
今回はそれ以上です。踊りだしそうな勢いです。

EOS 70D 04
YouTubeの開封動画とかで見て憧れてたこの箱が自分の元に!

EOS 70D 05
このふさふさの布も人の動画で見て指を咥えて羨んでたやつですね。
この段階で液晶保護フィルムを準備して、袋から出してすぐ貼り付け。
レンズにプロテクターとフードを付けて・・・

EOS 70D 06
ド━(゚Д゚)━ン!!
カッコいい!今まで家電量販店で触っていたのと違ってチェーンが付いてないw
自分の一眼レフ!感動です!!
物を買ってこんなにテンション上がったのは10年くらい前に買ったレスポール以来かも。

一緒に買った小物類は先に届いていたのでカメラが届くのを音楽をかけずに窓を開けて運送屋さんのトラックの音が聞こえるようにしてじっと待っていました。
そして到着!一人で「いえーい!」とか言っちゃうくらいにテンション高かったですが、まずは落ち着いて保護フィルムとプロテクターを装着。
初めてレンズをカメラに付けてみると・・・重い!家電量販店で触る度に「重いな~」と思っていましたが、やっぱり重い。本体重量675gに電池を入れて755gで18-135のレンズが480gなので総重量1235gです。
写真を撮る目的ではないちょっとお出かけ程度の時はやっぱりミラーレスですねw
まだ全然使いこなせていませんが、ちょっと使ってみた感想をいくつか書いていくと

☑めちゃくちゃボケる
一眼レフが欲しい理由の中でも大きな割合を占めているのが“ボケる”だと思います。
コンデジからNikon V1に変えた時もボケるようになって感動しましたが、70Dは全然ボケ方が違いますね。
望遠端の最短撮影距離で撮ると背景が何だかわからないくらいボケて、適当に撮った写真なのに何か意味のある作品みたいになりますwセンサーサイズが大きいというのはこういうことなんだなぁと感動。

☑高感度でもノイズが少ない
最近ブログを始めてから部屋で物撮りをすることがよくあります。特に照明も炊かずに部屋の蛍光灯で三脚を使わずに手持ちで撮るので手ブレして使えない写真も多いです。
ISO感度を上げてシャッタースピードを上げて撮るのですが、そうするとどうしてもノイズが・・・。
V1だとISO感度が800くらいがまぁそれなり。1600まで行くとどうにか許せる範囲。3200はちょっと・・・。という感じなのですが、70Dだと3200でもそれなりで、6400でもどうにかなる感じです。
同じ物を撮るのにV1だとシャッタースピード1/8なのに対して70Dだと1/30で撮れるので手ブレ無くなって快適です。これも大きいセンサーサイズのおかげですね。

☑OVFも悪くない
初めての一眼レフなので初めてのOVFです。電源が入っていなくても見えるのは新鮮ですが、今までV1のEVFに慣れていたので正直「OVFってどうなんだろう・・・」と。
表示できる項目が圧倒的に少ないから不便なんじゃないか?と思っていましたが、使ってみると悪くなかったです。
グリッドも水準器も表示されるのでとりあえずは必要十分という感じ。
液晶ディスプレイで本を読むより紙の本を読んだほうが目が疲れないのと同じで、実像を見るOVFの方がEVFより目が疲れないです。ただ、私の場合そんなに長時間ファインダーを覗く事はないので恩恵を受けることは無いでしょうが。
OVFだと遅延が無いから云々という話もありますが、速いものを撮らないのでV1でも不満が無かった私にとっては関係ないですね。まぁ遅延ゼロというのは精神衛生上いいかなというレベル。
時代はEVFの流れでSONYだとα99みたいなフラッグシップ機もEVFなのでこの先OVFのカメラは無くなっていくでしょう。となると、光学ファインダーを経験出来て良かったかも。
とりあえず届いて箱から出してちょっと触った感想はこんな感じでした。
買ってみていざ手にしてみたら初めて知った事ではなく、事前に知識として知っていた事がいざ触って目の当たりにすると「ここまでか!」というのが多かったです。
特にボケ方には感動したのでさらにボケる明るい単焦点レンズが欲しくなりました。
“ぼかすことによって何かを表現したい”じゃなくて“ただボケた写真が撮りたいから”という手段と目的が逆になっているような理由ですが初めはそんなもんでいいんじゃないかな~と。
最後に、作例というほどの物でもないですが部屋にあるものを適当に撮った写真を載せておきます。

70D 作例01
とりあえず背景ボケさせた写真が撮りたくて水槽をバックにして撮ったにいてんご白井黒子。

70D 作例03
同じく水槽をバックにしたダンボー。

70D 作例04
バックにした水槽の住人、コリドラス・ステルバイ。ホントに被写界深度浅いですね。

70D 作例02
万年筆と紙とインク。

せっかく大枚はたいて一眼レフを買ったのに部屋でしか使っていないので早く何か撮りに行きたいですね。
時期的には紅葉がいいかなぁ。なんて思っていますが・・・。

続きを読む

テーマ : デジタル一眼レフ
ジャンル : 写真

ハクバ グリップストラップを購入。

ハクバ グリップストラップ KGP-04を買いました。

ハクバ グリップストラップ 01 ハクバ グリップストラップ 02

EOS 70Dを買って、少しでも早く慣れるよう暇さえあればパシャパシャ撮っています。
まだ部屋の中でしか使っていませんが、ストラップの類を何もつけていないので持つ時に取っ掛かりが無く、いつか持とうとした時に落としてしまいそうな気がします。
部屋の中でならまだどうにかなるかもしれませんが、外でアスファルトの上に落としたら無傷では済まないでしょう。

なのでストラップを付けようと思ったわけです。カメラにストラップが付属しているのでそれを付ければいいのですが、ネックストラップの“カメラから何かぶら下がってる感じ”があまり好きじゃなくて、以前のNikon 1 V1の時も買った直後は使っていましたが途中でハンドストラップにしました。
(ひらくPCバッグにしてから“移動中はカバンの中、撮る時に取り出す”というスタイルになったのも大きいですが。)

ということで、新しいカメラ用のハンドストラップを買おうかと調べてみたらAcru(アクリュ)さんというところの『カシェ・バナーヌ ハンドストラップ』という商品に一目惚れ!
早速ポチろうかと思ったのですが、実店舗だと革やステッチの色を自由に組み合わせてオーダーできるとのこと。

ネットショップで選べるCamel Orangeで全然問題ないのですが、長く使う商品になると思われるのでせっかくならオリジナルで作ってもらいたいのと、大阪にも遊びに行ってみたかったので実店舗にオーダーしに行きたいと思います。

しかしこういうグリップストラップという物を使ったことがないので、いざ大阪まで行って試しに付けてみたら使用感が気に入らなかったりしたら残念です。

そこで、厳密に言うと少し違うのですが似たような使用感になると思われるこのハクバのグリップストラップを購入しました。こういうグリップストラップは各メーカーから色々出ていますが、これに決めたのは安かったからです。

とりあえずお試しで買ってみて、気に入ったらAcruさんでオーダーしてそれを使うことになるのであまり高いものを買ってももったいないのでこれにしました。
ハクバ グリップストラップ 04
下側はこのプレートを三脚穴に付けて固定します。
前後方向に調整が効くように長穴になっています。

ハクバ グリップストラップ 03
上側は普通のストラップと同じようにカメラのストラップ取付金具に通して使います。
このプレートににストラップが取り付けられるようになっています。
ショルダーストラップと併用するその場合は、ぶら下げたカメラが縦になります。
プレートには三脚穴が付いているので三脚との併用も出来ます。

ハクバ グリップストラップ 05
カメラに付けるとこんな感じです。色味も合っていていい感じです。

付けてみた感想はとりあえず持つ時に取っ掛かりが出来たので持ちやすくなりました。

グリップストラップとしての使用感ですが、片手でがっちりホールド出来るようになり大満足です。
私はマニュアルモードで撮る時、人差し指でメイン電子ダイヤルを回してシャッタースピードを決めてから中指でシャッターを切ります。
それなので薬指と小指でグリップを握ることになり、左手を添えていない時はかなり負担がかかるのでいつか滑って落とすのではないかと心配でしたが、これで安心です。

悪いというか少し気になる点は、しっかりホールドできるような長さにベルトを調整した時に少し手を引き抜かないとギチギチ過ぎて手が動かないのでサブ電子ダイヤルが操作出来ません。
少し手を引き抜いて緩めに持てばサブ電子ダイヤルも操作できるようになります。
動画やライブビューで撮る時は手をしっかり差し込んでガッチリホールドできるようにして、ファインダーを覗いて写真を撮る時で絞り値も頻繁に変える時は緩く持つようにする使い方が良さそうです。
サブ電子ダイヤルを触れるくらいに緩く持ってもグリップと手のひらでホールドされるのでカメラが落ちるようなことはありません。
このグリップストラップというものですが使用感はかなり良いです。
ハクバさんには申し訳ないですが、これで雰囲気をつかむことが出来たので安心してAcruさんでハンドストラップをオーダーしに行けます。

メインの用事はそれですが、そのためだけに大阪に行って帰ってくるのはもったいないので大阪観光の予定でも組んでおこうと思います。

前に書いたエクスプレス・カードに続いてEX-ICカードも届いたのでチケットレスで新幹線に乗れるようになったので早速大阪へ!とも思いましたが最近お金を使い過ぎていているので節約しないといけません。

EX-ICを初めて使うのは年末に東京に行く時になりそうですね。
でもカメラバッグも欲しいし、旅行用のカバンも用意しないと・・・。



~追記~
実店舗に行くのは難しそうなので結局カシェ・バナーヌ ハンドストラップをオンラインストアで購入しました。そのレビューも書きましたので宜しければどうぞ。

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

人生相談テレビアニメーション「人生」Blu-ray買いました。

人生相談テレビアニメーション「人生」BD買っちゃいました。

アニメ化された時は「あ~なんかGAGAGAからそんなの出てたな。アニメ化か。」くらいの感想で特に期待していたわけでもないのですが、ニコニコで配信されていたのでなんとなく1話を見てみたら意外と面白そう。OPの曲もいい。
2話も見てみたらやっぱり面白い。EDの曲もいい。そこから毎週楽しみにしてて13話まで見終わったのですが、基本見終わった後に何も残らないような日常系アニメが好きな自分には大ヒット。
どのキャラも好きですが、特に文系担当の九条ふみは最近のアニメのヒロインの中ではダントツに気に入りました。

それで、放送終わった後に「これは手元に置いておきたい作品だ!」ということでBD購入。

全13話なので1巻のみ1話収録で2巻以降は2話収録×6本のパティーンです。
自分の持っている物だと「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」と同じです。

値段が1巻は1話収録なので2,592円で2巻以降6,264円と他の作品と比べるとちょっと安いですね。
俺ガイルは1巻が4725円で2巻以降7,140なので7,389円も安いことになります。
まぁ、そもそもアニメのBD全巻揃えて40,176円が安いのかというとそれは別の話ですが・・・。

人生相談テレビアニメーション 人生 1巻 03

人生相談テレビアニメーション 人生 1巻 01

人生相談テレビアニメーション 人生 1巻 02

1巻には全巻収納ボックスが付属しています。
私はこの全巻収納ボックスというのが好きで、店舗特典が全巻収納ボックスだったりするとamazonとの差額が10,000円以上あるのがわかっているにもかかわらず店舗で買ったりします。(ポイントをためたいのもありますが)
しかし、この作品は全巻収納ボックスが付いているのでわざわざ定価販売のアニメショップで買わずにamazonやヨドバシ等で安く揃えられる。
なんというお得なことか!そうだ。これはお得だ!買うしか無い!!(何か買う時はだいたい頭のなかでこんな事を考えて自分を説得して買っていますwだって冷静に考えたらアニメのBDって超高いですもん)
内容の方は放送されたのと一緒で、オーディオコメンタリーも無しですが、いつもコメンタリーは聞かないので無くてもいいです。
映像特典はノンテロップオープニングです。まぁ普通ですな。

特典CDの方はEDテーマの「人生☆キミ色」のフルとTVサイズが2つ、オフボーカルの4トラックです。
何か聞いていて不安になるような曲ですがそこが癖になり、好きな曲なので何回も聞いています。

特典小説は遠藤梨乃役の新田ひよりさんが『高校を卒業し“女子高生声優”の肩書が無くなったらどんな肩書で活動していったらいいか?』という相談に答えるという内容です。アニメから入ったので小説形式で読んだのは初めてですが、アニメ同様テンポが良くて面白かったです。30ページでしたがあっという間に読み終わりました。

放送は『部活が復活してめでたしめでたし。生徒会長とのいざこざは一時保留』で「俺達の戦いはまだまだ続く!!」という終わり方で続きが気になっていたので原作を買うか迷っていました。
そんな時にこの特典小説を読んでみたら「アニメから入ったけど原作読んだら思ったのと違った!」という事にはならなそうなので原作の方も買って読んでみたいと思います。

“てさぐれ!部活もの”の時にも書きましたがアニメのBDを買う時は『気に入った作品だから高画質で手元に保存しておきたい』という理由からで「今すぐ見たい!」というわけではないので、買ったものの開封してない作品が結構あります。
しかし、今回は特典CDに入っているEDテーマ「人生☆キミ色」のフルをiPadに入れようと開封したので、ついでに映像ディスクの方も見ました。
今までニコニコ動画の配信で見ていたので比べるのも失礼な話ですが、やっぱりブルーレイは映像が綺麗だし音もクリアですね。今さら何言ってんだよ!という感じですが改めて感動してしまいました。

アニメのBDを買った時の利点の一つだと思いますが最終巻が出るまでこれから半年間、毎月楽しみが出来ました。

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

第四純愛丸

管理人:第四純愛丸
愛知県の片隅でアニメ見たりラノベとか同人誌読んだりビール飲んだり音楽聴いたりしてます。
買ったもののレビューやら思ったことをつらつら書いてます。

最新記事
カテゴリ
リンク
楽天
最近買ったもの
最近買ったラノベ・マンガ
ブログパーツ