キューポッシュ 黒猫がやって来た!

キューポッシュ 黒猫が届きました。

去年の10月に予約してたキューポッシュ黒猫がやっと到着。
キューポッシュというのは乱暴な言い方をすると“コトブキヤの作ったねんどろいど”です。
なので記事のカテゴリもねんどろいどにしときました。

さて、ねんどろいどは60体くらいありますがキューポッシュは初めてです。
どんな物が詳しく見てみましょう。

キューポッシュ黒猫1  キューポッシュ黒猫5

キューポッシュ黒猫2   キューポッシュ黒猫3   キューポッシュ黒猫4

はい。相変わらず写真が下手くそですね。それはともかく感想を書いていきましょう。
まず、塗装が汚いとか仕上がりが悪いみたいな致命的な欠陥は無いです。
それなのでねんどろいどと比較してどうか気付いた点をざっくり3点ほど。

1. 関節が多い。
ねんどろいどは肘や膝に関節が無くて“曲がった状態のパーツ”と交換するのでキューポッシュの方がポージングが自由にできます。自分は持っていないのですが、figmaみたいな感じですね。パーツ交換が必要ないのでパーツも少なくて済みます。
反面、どうしても肘は関節が見えるので気になる人は気になるかもしれません。というか、私はちょっと気になりました。figmaは持っていないと書きましたが、関節が嫌だというのも理由の一つなので。
まぁ、これは気にして見るから気になるだけでディスプレイしてしまえば気にならないかもしれませんが。

2.ねんどろいどより全高が高い。
上に写真を貼りましたが、全高がねんどろいどに比べて2センチちょっと高いですね。
だから何だというくらいの差なのですが、猫耳装着状態だと今使っているケースに入りませんでした。
机上に置いたりする分には問題無いですが、ケースに収納する時はこういう事もあるということで。

3.アーム無しで土台に自立する。
土台の方に金属の板が貼ってあり、足の裏側にマグネットが埋まっているのでアーム無しで自立します。
これは素晴らしいです。ねんどろいどだと飾る時にアームの左右方向の傾きと関節の角度を調整して、その時に腕の角度が変わったり・・・。というのがよくありますが、これだとポンと置いて足をちょっと押せば自立するので断然楽です。これはキューポッシュの圧勝ですね。

ねんどろいどと比べるとざっくりこんな感じです。
それと、本体では無いのですが、「気が効いてるな」と思ったのがこれです。

  キューポッシュ黒猫6  キューポッシュ黒猫7

パーツを入れておく袋が付属していました。今までねんどろいどのパーツ用の袋は自分で用意していたのでこれは地味にありがたいですね。そこそこ大きいので本体も入りました。

さて、色々書いてきましたがこの“キューポッシュ”私的にはアリですね。
ただ、いかんせんまだラインナップが少ないのが・・・。
なんとなく同じキャラのねんどろいどとキューポッシュがケースに入っているのが嫌なのと、同じ作品のキャラでキューポッシュとねんどろいどが混ざるのもなんか気に入らないんです。
物だけ見たらこの黒猫はねんどろいどバージョンより好きなので飾りたいところなのですが、桐乃とあやせはねんどろいどだから残念ながら袋に入れたままお蔵入りですね。この先、あやせのキューポッシュが出たら桐乃も買って入れ替えると思います。
今のラインナップだと魔法少女まどか☆マギカからまどか、さやか、マミさんが発売されていてほむほむも8月に発売するみたいなのできっと杏子も出るでしょう。
写真を見た感じ良さそうなので5体揃ったら買い換えるかもしれません。

そんな感じでキューポッシュが増えてきたら今のケースの棚板に薄い鉄板を貼ればどこにでも自由にディスプレイ出来て良さそうです。
そうなるようにコトブキヤさんにも頑張ってもらいたいです。
今までこういうフィギュアはねんどろいどの独壇場だったので新しくこういうものが出てきてグッスマさんとコトブキヤさんで切磋琢磨してより良いものが出てきてくれればユーザーとしては大歓迎ですね。

そして、この記事を書くためにコトブキヤさんのページを見たら9月にキューポッシュ小鳥遊六花が発売するらしいです。ねんどろいどでは発売の予定無いみたいなので膝の関節が気になるものの・・・早速ポチってきますw




追記 2014年12月2日
写真があまりにも下手くそ過ぎるので、撮り直した記事を書きました。
スポンサーサイト

テーマ : フィギュア
ジャンル : アニメ・コミック

イザワオプトさんの携帯用レンズを買ってみた。

イザワオプトさんの携帯用ワイコン・望遠・マクロレンズ買ってみました。

ちょっと写真に収めたいものがあったら、今時はまず携帯のカメラで撮ると思います。
最近は携帯のカメラといっても綺麗に撮れるのでいわゆるブツ撮りみたいな写真でちょっと人に見せるような用途ならまったく問題ありませんが、風景の写真だともうちょっと画角が広いといいな。とか。
あと、動画だとかなり画角が狭くなってしまいますよね。
まぁ所詮は携帯のカメラだからしょうがないかと思っていたら携帯用のワイコン(ワイドコンバージョンレンズ)があると知って、ちょっと調べてみたら色々あり、その中でもイザワオプトさんというところの物が良さそうなので買ってみました。

レンズ レンズケース

ワイコン以外にもいろいろ取り扱っていたのでマクロと望遠もついでに購入。
左から マクロレンズ KC-2、ワイドコンバージョンレンズ KW-1、望遠レンズKT-1 です。
付属品は各々にクリップとレンズポーチ。マクロ以外にはレンズキャップが付いていました。

こちらの商品を選んだ理由の一つが、他社製にあるような『携帯に金属の部品を付けてマグネットで固定』という方式でなく、クリップで端末に挟むという形だったからです。
端末側に加工は必要ないのでレンズを使いまわせますし、挟めればだいたい大丈夫なので制約も少ないです。
iPod touch 1 Xperia.jpg
iPad.jpg iPod touch 2

左上がiPod touch、右がXperia Z1、左下がカバーを装着した状態のiPad Airです。
iPod touchはカメラが角のギリギリの場所に付いていてレンズがRになっている箇所にかぶってしまいますが、
レンズ側にゴムが付いていて動かないのでしっかり挟むことが出来ます。
クリップ側も端末に当たる部分はゴムなので傷が付くこともありません。
クリップのサイズは初代タイプの大きいものとminiタイプがあり、これはminiタイプです。
カメラが端末の中央にある場合は初代タイプで対応できるようになっています。

早速Xperia Z1に装着して色々撮ってみました。

まずはワイコンから。左が未装着、右が装着した写真です。

new_ワイコン未装着 new_ワイコン装着

一目瞭然で画角は広くなりました。
が、隅の方にいくにつれて細部のディティールが潰れてしまって、写真中央ののGOOと洋服の青山の看板は読めるものの、三越の“MITSUKOSHI”の字は読めなくなってしましまいました。
レンズがちょっと汚れていたというのもあるかもしれませんが、どちらかと言うとこういう細々とした街なかのスナップより山などの風景写真に使うと良さそうです。
ちょっと試してみたら、動画で本領発揮する感じでした。

次に望遠。左が未装着、右が装着した写真です。

new_望遠未装着 new_望遠装着

被写体(エチケットカッター)は綺麗に写っていますが周囲が湾曲して四隅がちょっとケラレてしまいました。

最後にマクロレンズ。これも左が未装着、右が装着した写真です。

new_マクロ未装着 new_マクロ装着

左がオートフォーカスでピントが合う範囲でギリギリまで寄った写真です。
もうちょっと寄れそうな気もがるも、これ以上は無理でしたがマクロレンズを装着したらここまで寄れました。


3種類のレンズを買って試してみましたが、自分にとって一番いいのはマクロかな。と。
かなり寄れるようになるので色々と重宝しそうです。
ゆる~い感じで動画を撮る時はワイコンもいいですね。
望遠は・・・。正直使わないかな。というか、買う時から使わないんじゃないかな~。とは思っていました。
あまり望遠使う機会って無いんですよね。どうせ使う機会があまり無いんだったら魚眼の方が良かったかも。

納品書あと、商品とは直接関係ありませんが、
納品書と一緒に手書きの手紙が入っていました。
それに、普通はネットでの買い物は購入→注文確定メール→発送完了メール→商品到着。で終わりですが、イザワオプトさんは商品到着後に「ご意見などありましたらどうぞ」という趣旨のメールが来て、ネットショッピングらしからぬというか。
ちょっとした事ですがこういう事をしてもらうと今度は魚眼が欲しい。となった時には是非イザワオプトさんで!
という気になりますね。


ただ、せっかくいい商品なのに最近鞄を新調してミラーレスを持ち歩くようになったのであまり活躍の場が無いという…。

携帯で撮る写真をワンランクアップさせたいという方にはぴったりだと思います。気になる方は是非。

テーマ : 便利物グッズ&小物類
ジャンル : 携帯電話・PHS

ひらくPCバッグが便利すぎる!

ひらくPCバッグが便利すぎる!

使っている鞄が傷んできたので新しい鞄をちょっと物色したらこの“ひらくPCバッグ”という物が絶賛されてて、これは買うしか無い!!とポチったのが1月5日でその時の発送予定日が4月2日。3ヶ月長いな~。と待っていたら2月末に突然発送連絡メールが!
キャンセルがあったんですかね?ともあれ1ヶ月早く到着して何度か使ってみたのですが、これが便利すぎる!
それなので今さらながら感想を書いておこうかと思います。

ひらくPCバッグ 02
この鞄のコンセプトは“ペン立てみたいなバッグ”なのですが、このように自立します。
そしてこの状態で鞄の中身にアクセスできます。まさにペン立てのようですね。
鞄を横から見ると二等辺三角形になっているので中に入れたものの重心が真ん中に寄るので自立するらしいです。
そして、ショルダーストラップが斜めに付いているので担いだ時に体に対して面で支えることになり、重さを感じにくくなるようになっています。

今までは普通のショルダーバッグを使っていて、用事がなければカメラは持ち歩いていませんでしたし、ちょっと出かける程度の時はiPadも持ち歩いていませんでしたがこの鞄にしてからは普通に持ち歩くようになりました。

ひらくPCバッグ 01
そして“ひらくPCバッグ”の名前のとおり上半分がガバっと開きます。
これで担いだ状態でも鞄の中にアクセスしやすくなります。
この状態で使えばどこに行っても同じ環境で作業することができるようになります。

ひらくPCバッグ 05
閉じた状態の外観はこんな感じ。
外側ポケットは革製でここはパンチングになっています。
それなので電話を入れておいても音が聞こえやすくて光ってれば見えるとのこと。
ついでにピンバッジ等もつけやすくなっています。
私はメモ帳と予備のイヤホンを入れています。

ひらくPCバッグ 03

ひらくPCバッグ 04
中はベルクロが付く素材になっています。
3枚付属している板を使って任意の位置で仕切ることができます。

ひらくPCバッグ 10
これが普段出かけるときのかばんの中身です。
左上からカード入れ、ティッシュ、パスケース、文庫本、カメラ、携帯用レンズ、
モバイルブースター、iPod touch、筆記用具、iPad、イヤホン です。
iPod touch等の下に敷いてあるのは布製の紙袋みたいなもので、
買い物に行った時に鞄の中に入りきらなくなったものを入れたりします。

new_DSC_000001.jpg

ひらくPCバッグ 09

物を中に入れるとこんな感じになります。
まず背面、体に当たる側に大きなポケットがあります。
MacBookProの15インチまでが入るようになっているそうです。
私はラノベ等を買った時の特典が折り曲がらないように挟んでおく為にアクリル板を2枚入れています。
その下の大きなポケット2つは向かって左側にiPad、右側にブックカバーに入れたラノベを入れています。
右側のポケットにはNexus7等の7インチタブレットがピッタリ入るらしいです。

開いた蓋の部分にはファスナー付きのポケットが2つあります。
向かって左側はメッシュになっているので何が入っているかひと目でわかります。
右側のポケットはパスポートがピッタリ入るサイズです。
私はイヤホンケースを入れています。

ひらくPCバッグ 07
向かって左側の側面にペンが入れられるポケットが付いています。

ひらくPCバッグ 08
反対側にも同じポケットが付いています。
こちらはマチがついているのでモバイルブースターを入れるのにピッタリです。

ひらくPCバッグ 06
ちょっと公園で休憩。
こんな時も鞄が自立すると思った以上に便利です。
このようなところに置いてちょっと汚れても、底がターポリンという
ビニールのような水を弾く素材で出来ているので
染みこむこと無く拭き取れるようになっています。
そんな細かいところまで気が利いています。

ポケットのサイズが“MacBookProの15インチまで”とか“iPad、Nexus7がぴったり”とか“モバイルブースター用”とガジェット好きな人が持ち歩くであろうものがピッタリ収納できるように作ってある。
しかも自立する。便利だからとついつい詰め込んでも重さを感じにくい。
本当によく考えられた素敵な鞄だと思います。

“ひらくPCバッグ”でググるとこんなレビューより素晴らしいレビューが沢山出てくるので必要無さそうですが、このかばんがあまりにも気に入ったので勢いでレビュー書いてみました。

価格は20000円ちょっとと、決して安くは無いですが、使ってみればそれ以上の価値があります。
気になった方はどうぞ。


テーマ : バッグ
ジャンル : ファッション・ブランド

てさぐれ!部活ものBlu-ray購入!

てさぐれ!部活ものBlu-ray買っちゃいました。

てさぐれ!部活もの

悩みに悩んで、最後はお酒の力も借りてついに買っちゃいました。

最初はツイッターで“このOPがすごい”というツイートを見たのがきっかけでニコニコで配信されていたので見てみたらアニメというかラジオのような大喜利パート?新しい部活を考えるパート?が面白くて毎週楽しみに見てはいたものの、ブルーレイを買うような作品ではないだろうと。

自分がアニメのブルーレイを買う理由はまず『気に入った作品だから高画質で手元に保存しておきたい』っていうのが一番です。
となるとMMDで作ってあって1回見たら何度も見直すことも無いと思われるこの作品のブルーレイなんて全く買う理由が無いわけです。そう思っていました。

そう思っていたのですが、最近てさぐれ!ラジオものを聞いてこれが面白くてぶっ通しで聴きました。そのラジオで
1.パッケージ版には大喜利パートのロングバージョンが収録されている
2.オーディオコメンタリーが1話につき2本収録されている
と言うことを知って、そうなると俄然ブルーレイが欲しくなってしまって。

とは言え12000円かぁ・・・。と悩みに悩んでいましたが、お酒を飲んでいた時に勢いでポチっちゃいました。

早速1巻だけ見てみましたが、結果的に買って良かったです。
上記のとおり、ブルーレイを買う理由は“保存しておきたい”のでぶっちゃけ買ったまま開封していないものもあります。
ブルーレイならではのオーディオコメンタリーですが、それもあんまり面白いイメージが無いのでまともに見ないのですがこのコメンタリーは面白かったです。
特に2度目ンタリーというのはいいですね。普通に初見のコメンタリーだと終始リアクションばかりになってしまうものですが2回めだとしっかりコメントできる。というコンセプトらしいですが、これは面白かったです。
もちろん新しい○○部ロングバージョンも楽しめました。

1巻には1~4話が収録されているのですが、時間を追うごとに声優さん達も慣れて面白くなるので2巻以降も楽しみですが、とりあえず1巻見終わったのでちょっと書いてみました。

ラジオが気に入った人なら間違いなく楽しめると思うので気になってる方は買っちゃっていいと思いますよ。
実売4000円弱なのでちょっと高めのCDって金額ですしね。

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

第四純愛丸

管理人:第四純愛丸
愛知県の片隅でアニメ見たりラノベとか同人誌読んだりビール飲んだり音楽聴いたりしてます。
買ったもののレビューやら思ったことをつらつら書いてます。

最新記事
カテゴリ
リンク
楽天
最近買ったもの
最近買ったラノベ・マンガ
ブログパーツ