生まれて初めてイヤホンを購入。

生まれて初めてイヤホンを買いました。

半年くらい前にイヤホンに興味があった時期があって、その時にビックカメラで色々視聴してみて気に入ったものをいくつかピックアップはしたのですが結局買わずに年を越しました。
正月休みに暇に任せてまとめサイトを見てた時に“【警告】外で「白いイヤホン」付けてる奴、ヤバイぞ”というまとめを見て「そうかヤバいのか。じゃあ買うしかない!」ということでポチッと。
(というのは半分冗談で、初代iPadを売って臨時収入があったので今まで手が出せなかったものを買おうと思ってイヤホンになったのですが)

買ったのはVictorのHA-FXZ200という機種です。
店頭で見た時は25000円くらいだった気がするのですが、調べてみたら16000円くらいまで値下がりしてました。

HA-FXZ200 1 HA-FXZ200 3

音質がどうのというレビューは書けないので他の方に任せます。
というのも今まで「外で聞くのなんか聞ければどうでもいい」というスタンスだったのでAAC192kbpsでリッピングしてましたがせっかくなのでゆかりん等よく聞く曲はApple losslessでリッピングしなおしました。
新しくリッピングしたものを聴いてみましたが「ん?コレ、何か変わった?」って程度の耳なのでレビューなんか書いても仕方ないかと。
ただ、純正に比べたら良くなったことは間違いないです。特に低音の出方は全然違いますね。

「初めて買ったイヤホンに満足で今までよりもいい音で聴けるようになって良かったです」 まる
で終わればいいのですが、ビールの時でも言いましたが自分はオタク気質なんです。
今回、少しでも音質が向上したことが分かりました。となると、今回買ったのはダイナミック型だけどBA型だとどうだろう?とか。
SHUREのSE535みたいな予算オーバーの機種は店頭で手に取らなかったのでそういう機種が気になったり。
そもそもiPod touch直挿しだからポタアンも必要か。どうせならDACになる機種のほうがいいか?とか。
色々気になってしょうがない今日このごろです。

私は“オタク気質”でも“狭く深く”というより“浅く広く”という感じなので新しい世界を見るとそっちに興味が湧いてしょうがなくなるんです。
新しくなったiPadで寝転びながらブラウジングしてる時はだいたいポタアンの記事を読んでます。
読みながら「何だか変な世界に足を突っ込んでしまったのかな」と思いいつつも読めば読むほど興味が湧いてくる始末・・・。また、機会があったらちょっと試してみたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ : AV機器・家電製品
ジャンル : ライフ

ガラスフィルムにiCOLOCOLO

前から気なっていたKINGJIMのiCOLOCOLOを買ってみました。
 
iCOLOCOLO 1  iCOLOCOLO 2


かなり前から存在は知っいたのですが、初代iPadには保護フィルムを貼っていて使えないからスルーしていました。
しかし、今回iPadAirには保護ガラスを貼ったので保護フィルムよりもはがれにくいから大丈夫かと思ってポチろうとしてみたら、今は保護フィルム用の商品が出ているみたいですね。

それなら保護フィルム用を買えばいいのでしょうが、「保護フィルムが剥がれない程度の粘着力しか無くて肝心の皮脂やホコリが取れないのではないか?」という考えが浮かんでしまって・・・
もちろんKINGJIMさんがそんな商品を出すわけ無いと分かってますけどね。
とはいえ、さすがに通常版に比べれば粘着力が若干落ちるだろうからせっかくなら通常版がいい。
ということで通常版のiCOLOCOLOをガラスフィルムに使うとどうなるのか調べてみましたが書いてある所が見つからなかったので
「それなら人柱になろう!」 ということで通常版をポチッと。
 
iCOLOCOLO 4 iCOLOCOLO 3

見た目はあの床掃除に使うコロコロをそのまま小さくした感じですね。
※ ちなみに“コロコロ”というのはニトムズの登録商標ですが、このiコロコロはちゃんとニトムズの認可を得ているそうです。

触った感じはベタベタするけど手にはつかなくて、粘着力の弱いセロテープみたいな感じです。
この粘着テープの中に皮脂を取り込んで時間が経つと粘着力が回復するそうです。
それでも皮脂汚れが取れにくくなったら床用のコロコロみたいにミシン目にそって切り取れば新しい粘着テープになる仕組みです。粘着テープ一本で12周巻になっていて1周分で≒40回使用可能だそうです。
1周分で40回×12周巻=480回分なので私の使用頻度なら3ヶ月は余裕でもつでしょう。
スペアテープも出ていて1つ300円ちょっとなのでケチケチせずに使えていいですね。

早速保護ガラスに使ってみました。(万が一剥がれたら嫌なのでXperiaで試しました)

iCOLOCOLO 5 iCOLOCOLO 6

写真が下手くそな上、アップする為にかなり画質を落としているのでわかりづらいですがピカピカになりました。
保護ガラスが剥がれるような気配は全然ありません。
Xperiaで大丈夫そうだったので、iPadでも使ってみましたが問題なしでした。

※ もちろん全ての保護ガラスで剥がれないと保証するものではありませんし、試したことで発生した損害等もこちらでは一切責任を負いません。

とりあえずiCOLOCOLOの通常版を保護ガラスに使っても問題ないことが分かりました。
これでガラスが割れたりしたら保護ガラス買い直し+保護フィルム用のスペアテープ買い直しだったので上手く言って良かったです。

私は上手くいきましたが、剥がれることもあるかもしれませんのでくれぐれも自己責任でどうぞ。

キングジム タブレット専用タッチパネルクリーナー  iCOLOCOLO C1810 白キングジム タブレット専用タッチパネルクリーナー iCOLOCOLO C1810 白
(2012/09/28)
Not Machine Specific

商品詳細を見る

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

iPadAirの保護フィルム

昨日のケースのレビューに続いて、今日は保護フィルムのレビューを書こうと思います。

先日も書いた通り、買ったのはapeiros ラウンドエッジ強化ガラス iPad Air用です。
この商品、今まで私は“保護フィルム”と書いていましたが、正確には“保護ガラス”です。

割と前から保護ガラスという商品はあったのですが、iPhone等のグローバルで売れている機種用ばかりで私の以前使っていた携帯用のガラスは無かったので裸で使っていました。
ですが、先日Xperiaに機種変更して、XperiaZ1用には保護ガラスが出ていたので物は試しとこれを買ってみました。

カッターで引っ掻いてもドリルで擦っても傷付かないとか、油性ペンを弾くコーティングがしてあるなんていう宣伝文句で、「ホントかよ」と思いつつ自分でも試しましたがホントに傷ひとつ付かないし、マッキーで落書きしても弾いてしまってティッシュで簡単に拭き取れて「保護ガラスすげ~!」となったので、もうiPad用も保護ガラスしか選択肢はありませんでした。

早速色々調べてみたところ、iPadAir発売当初はガラスはほぼ無かったようですが、もう発売から2ヶ月近く経っているということで各社から出揃っている感じです。
とりあえず“iPadAir 保護ガラス”でググってみたら上の方に【待ってた!】iPad Air用のクリスタルアーマー ラウンドエッジ強化ガラスが登場!フッ素キット付き!という記事が出てきて、「待たれてたならさぞいい商品なんだろうし、これにするか」くらいの感じでポチッと購入・・・・・・・・しようとしたら高い!

他社の商品だと4000円弱で買えるのに、まさかの7980円。
何がそんなに高いのかと思ってよく見てみたらFusso TabletPCという単品で2625円もする商品が同梱されているからみたいです。
なるほど。ということは7980-2625で実質5355円になるってことですね。うん。高い!
高いのですが、最初に見た商品がこれなので「これくらいが適正価格で他の商品は安物で粗悪品なんじゃないか?」とか思うようになってしまって・・・。そんなことないと分かってはいるのですが。
ケースは予定の半額以下に収まったし、iPod touchにフッ素コートしてみたいし。と、半ば無理矢理自分を納得させて購入。

続きを読む

テーマ : iPhone/iPad
ジャンル : 携帯電話・PHS

iPadAirのケース&保護フィルム

先日購入したばかりのiPadAir、裸で使うのが一番薄さ・軽さを実感できることは重々承知ですが、
せっかく作ってもらったねんどろいどのケースも1ヶ月しないうちにうっかり傷つけてしまうおっちょこちょいな私のことなので、今はピカピカのiPadAirも近いうちに傷つけてしまったり、落として壊してしまったりするのが目に見えています。

ということで帰ってきてから速攻でケースと保護フィルムをポチりました。買ったのはこの二品。

 iPad Air 3  iPad Air 9

XtremeMac [iPad Air用ケース Micro Folio マイクロフォリオ ココナッツホワイト] と
apeiros ラウンドエッジ強化ガラス iPad Air用 を買いましたので簡単にレビューを書いていこうと思います。

まずはケースの方から。
本当はApple純正のSmart Caseを買おうと思っていたのですが、白が無い!
ラインナップはブラウン、ベージュ、ブラック、イエロー、ブルー、レッド。
う~ん・・・正直どれもいらない・・・。妥協して、この中でなら一番無難な黒にしようかとも思いましたがせっかくシルバーなのに黒いケースなのは・・・。
しかもこのケース9400円もするんですよねぇ・・・。   はい。却下。

ということで社外品でいいケースがないか探したら、このケースが一番良さそうなので購入しました。

iPad Air 5 iPad Air 6

気に入ったポイント1。色が白。
せっかくシルバーなのでやっぱりケースは白がいいかと。
気に入ったポイント2。マグネットスリープが使える。
初代には付いてない機能だし、せっかく新しい機能が付いてるなら便利そうだし使えたほうがいいということで。
気に入ったポイント3。スタンドになる。
このケースもSmart Caseみたいに風呂の蓋部分を折りたたんでスタンドになります。
というか、形はSmart Caseをそのままパクったようなに非常によく似た形状ですね。
気に入ったポイント4。安い。
ケースとしてはそこまで安いわけではないのかもしれませんが、Smart Caseの半額以下です。

他にもカバーのピッタリ具合だったり、ボタン周りの処理だったりとか、割としっかりしています。
風呂の蓋部分の裏側はメガネケースの内側のような柔らかい布が貼ってあって、液晶を傷つけることのないようになっています。
それと、写真では伝わりにくいですが、微妙に凹凸のある壁のクロスみたいな物が貼ってあるので滑りにくいです。
重量は171gとSmart Caseの152gと比較するとさすがに若干重いですが、他の社外ケースを見た感じだと180~220gくらいらしいので軽量な部類に入ると思います。

ここまで書いてきたとおり、いいケースなのですが若干気になるポイントもありました。

iPad Air 4樹脂製のカバーのくぼみ部分にこのクロスのような生地がはまるようになっているのですが、クロスのほうが若干大きいのかくぼみ部分にきれいに収まらずに膨らんでいる箇所が角に1箇所ありました。

たまたまそういう個体だったのかも知れませんが、そのへんはまぁ値段も安いし、しょうがないかと。

私はあまり気にしませんが、気になる方はこういう個体もあるということで。


気になるポイントその2は当然の事ですが、林檎マークが入ってない。

iPad Air 7どうでもいい人には心底どうでもいいことでしょうが、
Apple製品にはやっぱり林檎マークが入ってて欲しいんです。
でも、アップル純正のSmart Caseは白が無い。
とはいえ林檎マークは欲しい・・・。
と思っていたらひらめきました。

「iPadAirと一緒に林檎シール入ってたからそれ貼ればいいじゃん!」

で、貼ってみました。
「そうじゃねえだろ!」と思われる方もいらっしゃるでしょうが
本人は結構満足しているので良しとしてください。



気になるポイントという書き方で2点挙げましたが、気にならない人には気にならない事だと思います。
総合的に見て非常に優秀なケースと言っていいでしょう。
いるのかわかりませんが、私のようにSmart Caseの代替品みたいなケースを探している方にはオススメです。

XtremeMac iPad Air用 マルチアングル式の超薄型フォリオケース オートスリープ機能対応 Microfolioシリーズ ココナッツホワイト IPD-MF5-03XtremeMac iPad Air用 マルチアングル式の超薄型フォリオケース オートスリープ機能対応 Microfolioシリーズ ココナッツホワイト IPD-MF5-03
(2013/11/01)
XtremeMac

商品詳細を見る


※保護フィルムの事も一緒に書く予定でしたが、思ったよりケースの事で書くことが多かったのでフィルムについては後日書くことにします。

テーマ : iPhone/iPad
ジャンル : 携帯電話・PHS

iPadAirキター!


あけましておめでとうございます。


新年一発目の記事はまたしてもこのブログの方向性と違う感じですが年末に届いてテンション上がった勢いでiPadAirについて書いておこうかなと。

先日xperia z1に機種変更したと書きました。
で、普通に使っていると今までよりも動作もキビキビしてるし、何だかテンション上がりますし「やっぱり新しい端末はいいな~」なんて思って使ってました。

数日経って携帯の方がキビキビ動く最新端末になると、今までは「ちょっと動作が鈍いけど普通に使えてるからいいか」と思ってた初代iPadの方も新しくしたくなってきて、iPadAirについて色々調べてみました。

今までは「新しいの出たんだ。薄くて軽くなったらしいね~」くらいにしか思ってなかったのですが、ちゃんとスペックを見るとすごい進歩で。初代との比較なので当然なんですけど。
いつもそうなんですが、ちょっと欲しいと思って調べてるのでいいところしか目に入らなくなって
これはもう買うしかない!となって早速SoftBankに行ったら在庫なし。入荷時期未定。とのこと。
店員さんに聞いたらどこに行ってもそうだろうとの事。発売から1ヶ月以上経っているのですぐに手に入るのかと思ってたら考えが甘かった・・・。そういう事ならしょうがないのでその場で予約。
(帰ってきてから調べたら確かに在庫ある店はほぼありませんでした)
今までと同じ64GBにするつもりでしたが、思ったより価格差が少なかったので128GBで色はSilverにしました。

それが12月17日の事で、来る日も来る日も今か今かと待っていました。
もう年内は無理かと諦めた12月30日にSoftBankさんから入荷の連絡が!

電話口で店員さんが丁寧に年末年始の営業時間の説明をしてくれていたところを食い気味で「今すぐ行きます!」と宣言して早速向かおうと思ったのですが、休みモード全開なので午前中からちょっと呑んじゃってて・・・。

よりによって徒歩圏内にSoftBankがあるにもかかわらず、そこはショッピングセンターの敷地内で駐車場が混むのが嫌だからという理由で通勤ルート上にある郊外のSoftBankで予約したので徒歩では無理。
でも酔いが覚めるまで待てない!今まで散々待ったんだからどうしても今すぐ欲しい!!
しょうがないのでタクシーを呼びました。タクシー代3000円・・・(泣)

ともあれ、ついに手に入りました。
iPad Air 1

早速開封してみると、とりあえず薄い!そして軽い!ベゼルが狭くてコンパクト!
使ってみるとRetinaディスプレイ超キレイ!動作も快適。持っていても手が疲れない!といい事ばかり。

特に薄さと軽さに感動です。数字上で違うのは知っていたのですが、いざ手にとってみるとものすごい差ですね。
iPadを使うシチュエーションで多いのは寝転がってだと思うのですが、初代だと重たくて枕元に置いて使わないとすぐに手が疲れてしまったのですが、iPadAirだと持ったまま使えます。

ブラウジングもRetinaディスプレイの高解像度のおかげで拡大無しで閲覧出来、とても快適です。
初めてiPadを使った時フォントの美しさに感動したものですが、今比べてみるとアナログテレビと地上デジタルくらいの差があるように感じます。技術の進歩はすごいですね。

私は初代の頃から「wifiやらテザリングやら面倒なこと考えずに使いたい!」ということでセルラーモデルを使っているので、今回もSoftBankで機種変更という形で購入して帰ってきてから紙袋の中を見たら書類と共にこんな物が!

iPad Air 2 つなカール・・・。
SoftBankさんもいろいろ頑張ってるんですね。
今までもセルラーモデルを使ってましたが
そんなに繋がりにくいとは感じませんでしたけどね。
通話ではないので気にならないのもあるでしょうが。
 
とりあえず美味しく頂きました。
左隅に小さく書いてありますが
ツナ味というわけではなく。普通にチーズ味でした。
 
ランチボックスの方は・・・う~ん・・・
まぁ・・・その・・・
いつかは使うかもしれないので食器棚に入れときますか。



劇的な進化で薄くて軽くなったiPadAir。
もちろん裸で使った時に一番その恩恵が受けられるのですが、裸だと傷つくのや落とした時に壊れるのが怖いので帰宅してすぐに液晶保護フィルムとケースをポチりました。
そちらのレビューも後日書こうと思います。

テーマ : iPhone/iPad
ジャンル : 携帯電話・PHS

プロフィール

第四純愛丸

管理人:第四純愛丸
愛知県の片隅でアニメ見たりラノベとか同人誌読んだりビール飲んだり音楽聴いたりしてます。
買ったもののレビューやら思ったことをつらつら書いてます。

最新記事
カテゴリ
リンク
楽天
最近買ったもの
最近買ったラノベ・マンガ
ブログパーツ