FC2ブログ

またまたまた、カメラバッグを買いました。

カメラバッグ Endurance Ext 購入!

またまたまた、カメラバッグを買いました。
今の手持ちのカメラバッグはオシャレでカメラを持たない普段使いにも使えるAcruのコルメナとそこそこオシャレで機能性バツグンのPeakdesign エブリデイメッセンジャーと、単体での使い勝手は悪くないけどピークデザインのバッグを買ってから使用頻度少なめのincase Ari Marcopoulos CL58033の3つです。

写真を撮りに出かけるときは機材の他にも色々入ってポケットも多いエブリデイメッセンジャーを持っていくことが一番多いのですが、荷物が多すぎるために一日外にいると方の疲労がハンパないです。

となると、バックパックタイプのカメラバッグが欲しくなるところです。
バッグ好きなので実は前から目をつけていたカメラバッグがあって、それがEndurance(エンデュランス)です。
写真好きなら一度は見たことがあるであろう有名ブログのstudio9の中原さんのプロデュースしたバッグです。

初代のEnduranceと改良型のEndurance HGと小さめのExt(エクステンド)があるようですが、私は機材がそこまで多くないのとあまり大きすぎるのも街なかで浮きそうなのでExtにします。

かなり前から存在は知っていて、studio9のエンデュランスの記事を何回も読んだり動画やブログで見て「バックパックタイプのカメラバッグならこれだな」とは思っていました。
それなのに今まで購入しなかったのはズバリ、見た目が微妙だったからです。
見た目というのはデザインと言うよりカラバリですね。

黒、ネイビー、カーキの3色展開ですが、黒はカメラバッグっぽい黒で無難ではあるのですがちょっと安っぽくも見えるので却下。ネイビーは好きな色ですが、写真で見た感じは青すぎる感じがしてちょっと・・・。単体で見ると一番好きなカーキも、いざ自分が背負って歩くとなるとバッグに合う服が無いかも。といった感じで躊躇していました。

そんな私のために(というわけでもないでしょうが)新色が出ていました。それが黒の迷彩柄です。
バッグの中が赤というのも非常に気に入って、これは買うしか無い!と購入したのが2月15日だったのですが発送は4月10日以降になるとのこと。
「桜の時期に間に合わないのか」と諦めていたら偶然AmazonのエンデュランスSHOPで在庫が復活して即発送になっているのを見つけました。
私はYahoo!ショッピングで購入していたので「Amazonの方では即日発送になっているみたいなのでどうにか4月5日到着にならないですか」的な問い合わせをしたらAmazonの倉庫の方から発送手配していただけて3月30日に受け取れました。
親切な対応感謝です。

バッグについての細かい説明は公式の記事がすごく詳しくて分かりやすいのでそちらを読んでいただくとして、届いてから1ヶ月ちょっと使ってみたので私なりの感想を書いていきます。

Endurance Ext 01

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : デジタル一眼レフ
ジャンル : 写真

キヤノンからついにフルサイズミラーレスが発表されましたが・・・

キヤノン待望のフルサイズミラーレスEOS R発表!

最近特に書くネタと気力が無いのでブログを更新していませんでしたが、この話題について触れないわけにはいかないので久々にブログを書こうと思います。

先日、キヤノンから待望のフルサイズミラーレスが発表になりましたね。
今も6DMark2を愛用しているキヤノンユーザーの私は首を長くして待っていました。

キヤノンの発表の少し前にNikonからもフルサイズミラーレスの発表があり、高画素機のZ7とスタンダードなZ6の2台が発売されるようで2機種とも良さそうなカメラだと思います。
新マウントでマウント径55mm、フランジバックが16mmになったことで58mmF0.95なんてレンズも発売されるみたいです。大きさ、重さ、価格がとんでもないことになりそうですが新時代のカメラに相応しい夢のあるレンズですよね。
先発のSONYを追撃しようとするNikonの気合の見える発表でした。

正直Nikonのカメラが予想以上だったので、この後に発表されるキヤノンのカメラもさぞ気合の入った素晴らしいものであろうとさらに期待が高まりました。
待望のキヤノンのフルサイズミラーレスは『EOS R』マウントも新しくなってRFマウントになります。マウント径はEFマウントと同じ54mm、フランジバックは20mmだそうです。
詳細なスペックはこんな感じ(軒下デジカメ情報局より引用)

・有効画素数:3030万画素(総画素数:3170万画素)
・画像タイプ:JPEG、RAW(14bit)、C-RAW
・デュアルピクセルRAW対応
・EVF:有機EL、0.71倍
・測距点(クロスキー選択時):最大5,655点
・測距輝度範囲:EV-6~18(常温23℃・ISO 100、F1.2レンズ使用時)
・ISO感度:100~40000(拡張ISO:50,51200,102400)
・シャッター速度:1/8000~30秒、バルブ
・連写性能:最高8コマ/秒(サーボAF時:最高5コマ/秒)
・動画:4K30p、フルHD60p、HD120p
・背面液晶:3.15型 210万ドット タッチパネル
・記録媒体:SD/SDHC/SDXCカード
・バッテリー:LP-E6N/LP-E6
・USB電源アダプターPD-E1を使ってカメラ内充電可能(LP-E6N使用時のみ)
・サイズ:135.8 x 98.3 x 84.4mm
・重さ:660g(バッテリー・メモリーカード含む)・580g(本体のみ)
※公式配布のスペックシートでも打ち間違え等のミスはよくあるので注意


スペックを見た感じ対抗機種はSONYだとα7Ⅲ、NikonだとZ6になりそうです。
発表されてから各種メディアの情報を読んだりYouTubeで動画を見たりして他メーカーのミラーレスと比較検討して出た私の結論は『どうした!?キヤノン』です。

続きを読む

テーマ : デジタル一眼レフ
ジャンル : 写真

ホココス 2018に行ってきました。

ホココス 2018に行ってきました。

2018年5月20日に行われた『ホココス ~南大津通歩行者天国COSPLAY~』に行ってきました。ちゃんとコスプレ撮影をするのは去年のコスサミ以来です。
最初に言い訳をしておくと、かなり間が開いたから前回と同じような失敗を連発してしまいました。やっぱりコンスタントに撮影してないとだめですね。

せっかくの素敵な衣装のコスプレイヤーさんの魅力を引き出してるとは言い難い写真ばかりですが、写真を載せていきます。
コスプレイヤーの皆さん、撮影させてありがとうございました。そしてブログの掲載許可もありがとうございます。
ブログでは1枚づつ載せていますが、Twitterから連絡頂ければデータをお渡しします。
(プレートの撮影漏れ等でお名前が不明な方は???さんとさせて頂いております。)

(機材は6DMark250mm単焦点レンタルの430EX 3-RTディフューザーです。)

2018 05 20 ホココス 01
???さん/???

続きを読む

テーマ : *コスプレ*
ジャンル : サブカル

Lightroom用にMIDIコントローラーを買ってみました。

RAW現像用にMIDIコントローラーを買ってみた。

前にちょっとブログでも書いた通り、Lightroomにプラグインを入れるとMIDIコントローラーが使えるというのを知りました。
MIDIコントローラーというのはDTMをやる人が使っている、あのノブやらボタンやらスライダーやらが付いているアレです。


こんな感じの演奏をするのに使う楽器です。この機材を使って直感的にLightroomが操作出来るようになるみたいです。

そんなにたくさん写真を撮るわけでもないし、Lightroomで高度な現像するわけでもないくせに気になって調べていたら欲しくなって買ってしまったのでブログに書こうと思います。
これからLightroomにMIDIコントローラーを導入しようと考えている人の参考になれば幸いです。

LightroomでMIDIコントローラーが使えるというのを知ったのは、写真を趣味にしている人ならだいたい見たことあるであろうstudio9さんのブログです。
こちらの記事にとても分かりやすく解説されています。

Lightroom専用編集コントローラーを3000円台で作るロマンセッティングを紹介する!

MIDIコントローラーの相場なんて全然知りませんでしたが4,000円程度からあって、筐体が若干安っぽかったりするものの普通に使えるみたいです。
思った以上に安いので早速購入しようとしたら4,000円の物だと微妙に使いづらいところもあるみたいで、安物だからというわけではなく機材の仕様の問題でつまみが絶対値のモデルだと1枚目の写真を現像してから次の写真を現像しようとすると設定値がジャンプしてしまうみたいです。
そのことはこちらのteaさんのブログに分かりやすく解説されています。

MIDIコントローラーをLightroomに導入する際の注意点 https://photo-tea.com/p/17/lightroom-midi-con-attention/

この現象を回避できる、つまみが相対値のモデルだとBEHRINGER X-TOUCH MINIArturia BEATSTEPが定番みたいです。

BEATSTEP 01
相対値で設定出来るものの方が良いので上記の2機種で悩んだ結果、BEATSTEPにしました。
X-TOUCH MINIの方はすぐに手に入らなそうなのと、BEATSTEPの方がノブが多くて使いやすそうなので。

続きを読む

テーマ : デジタル一眼レフ
ジャンル : 写真

クロスフィルターを買ってみました。

クロスフィルターを買ってみました。

カメラを買い替えてレンズも買って新しい機材で撮影に出掛けたら久しぶりに「写真撮るぜ!」という気分になったので新しいことにチャレンジしてみようとクロスフィルターを購入しました。ちょうどイルミネーションの季節ですし、分かりやすく今までにない写真が撮れるので良いかな。と。

クロスフィルター 07
Kenko レンズフィルター PRO1D R-クロススクリーン (W) for wide-angle lens 77mm です。クロスフィルターには光芒の数が4本、6本、8本の物があるようです。
事前に調べた感じだと4本が扱いやすいみたいなので4本に決めてヨドバシへGO!
サクッと買っていこうと思ったら店頭には4本のクロススクリーンがたくさんあり、値段も結構変わります。パッケージを見て首を傾げていたら店員さんが来てくれたので条件を伝えてどれが良いか聞いたらこれを勧められました。
「これ一番高いやつやんか!!」と思いましたが、話を聞くとこちらは最近出たモデルらしくて従来のクロススクリーンだと広角レンズで絞って撮るとクロスの線が破線になることがあるようです。
このモデルではそこが改善されているのと前のモデルより効果が出やすくなっているみたいです。従来モデルだと思ったよりクロス効果が出ないということがあるらしいです。
ここまで全部店員さんの受け売りですが、Kenkoさんのページを見たら以前のモデルでは焦点距離50mm以上でF5.6以下を想定した設計だったそうです。なるほど。最初に35mmで使う事を伝えたのでこちらを勧めてくれたんですね。店員さん、一瞬高いのを勧めただけかと疑ってすみません。

クロスフィルター 02
早速効果をを見てみましょう。
この普通の夜の街の写真が・・・

クロスフィルター 01
こうなります。C-PLフィルターみたいに前が回るようになっているので45度くらいに傾けてみました。効果は出ていますが、あんまりいい写真では無いですね。光芒がそこら中に散らばっていてごちゃごちゃしています。

続きを読む

テーマ : デジタル一眼レフ
ジャンル : 写真

プロフィール

第四純愛丸

管理人:第四純愛丸
愛知県の片隅でアニメ見たりラノベとか同人誌読んだりビール飲んだり音楽聴いたりしてます。
買ったもののレビューやら思ったことをつらつら書いてます。

最新記事
カテゴリ
リンク
楽天
最近買ったもの
最近買った本
ブログパーツ