FC2ブログ

PCを新しくしました!

メインPCを新しくしました!

前にもちょっと書きましたが、次のカメラは多分SONYにすると思います。
おそらくα7R4になるでしょう。発売直後は高くて買えないのでPlanar T* FE 50mmとセットで45万円くらいになるまで待とうと思っていますが。
α7R4は6100万画素という冗談みたいな画素数らしいです。となると、今のPCでRAW現像なんてできないでしょう。ということで、来たるべきその時に備えてPCを新しくしました。
ちなみに、今まで使っていたPCはcore2Quad Q9650にメモリー2GB×2 1GB×2の6GB グラボはGTX560Tiという構成でした。
かれこれ10年くらい前に組んだPCなのでLightroomの動作は激重で、Photoshopなんて辛うじて動いているレベル。You TubeでフルHDの動画を動かすのも困難。
ネットサーフィンくらいならできますがYou Tubeが快適に見れないのは不便だし、カメラと同時にPC組んだら60万円とかになっちゃうからボーナスで新PCを組むことにしました。

自作のベテランでは無いですが、ちょいちょい友人のPCを組んだりしてるので問題ないだろうと思ったらトラブルが起きました。結果はメモリの初期不良だったのですが、それに気付かず無駄な出費に・・・。

core i9 自作PC 01

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

ポータブルオーディオ環境を変更しました。

ポータブルオーディオ環境を変更しました。。

2014年の1月にイヤホンを購入し、かれこれ5年近く愛用しています。
特に不満もなく、断線等も無いのでまだまだ使えますが「ちょっと違う系統のイヤホンが欲しいな~」なんて思って色々調べていました。
イヤホンの事を調べたらDAP(デジタルオーディオプレーヤー)の記事もたくさんヒットするので、それも読んでいたら「とりあえずDAPを更新だ!」ということに。
今はiPod touchに直挿しなのであまり良いイヤホンにしても真価を発揮できないでしょうし、今のイヤホンを良いDAPで鳴らしたら隠れた実力を発揮して変える必要が無くなるかもしれません。今のイヤホンだってそこそこ良い物ですからね。

それから数日間DAPについて調べた結果、私が選んだのはこちら

Pioneer private XDP-30R 01
Pioneer private XDP-30R です。
この機種に決めた理由は色々ありますが、一番は名の通ったPioneer製だということ。
DAPについて調べると様々なメーカーから販売されていることが分かりました。
海外のメーカー製で良いDAPは色々あるようですが、初めてのDAPなので名の通った国内メーカーの物にしようと思います。
となると無難なところはウォークマンになるわけですが、それじゃあつまんないかなぁ。
そう思って調べてみたらONKYOがDAPを作っている事を知りました。更に調べたらPioneerから兄弟機が出ているとのこと。少し音質が違うみたいですが多分私には聴き分けられないでしょう。ということでデザインが好みのPioneerの方に決定!
『XDP-30R レビュー』で調べるとこれ以上の物は私には必要ないのではないか?というくらい良い物に思えます。

Pioneer private XDP-30R 02
こちらのモデルは型落ちになるのですが、実売20,000円前後とは思えない高コスパモデルということで人気だったようです。今はちょっと値段が上がってしまって買おうと思ったときにシルバーは27,000円くらいでした。
どうせ型落ちだし、正直DAPという初めての物にあまりお金をかけたくなかったのでヤフオクを見てみたらケース付きの美品があったので16,000円で落札。
ちょうど良いタイミングでした。

続きを読む

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

Xperia XZ Premium購入!

Xperia XZ Premiumに機種変更しました!

久しぶりにガジェット系の記事です。
Z3に機種変した時も書いたので今回も書いておこうかと。
この記事ではとりあえずZ3と比べてのファーストインプレッションと一緒に買った小物の事を書いていこうと思います。

Xperia XZ Premium 01
外箱。Xperiaは初代Z1→Z3→XZ Premiumと使っていますが、外箱がだんだん小さくなって、ついにiPhoneみたいに端末の大きさの箱になりました。
付属品もアンテナのケーブルとスタートアップガイド的な紙が数枚と保証書だけと、たいへんシンプルです。

USB-C ケーブル
シンプルなのはいいのですが、ケーブルも付属していないので別で買いました。
ドコモショップでも扱っていましたが2,200円だったかな?くらいの値段で、USB Type-Cのケーブルを買うのは初めてでも「それは高すぎるんじゃない?Type-Cってそんなもんなの?」と思ってとりあえず断っておいて、後で調べたらやっぱり高かった!結果ヨドバシさんで購入。ちょっと長めの1.5mで1,220円でした。

Xperia XZ Premium 02
早速開封してZ3と並べてみました。まずは正面。XZPの方がひと回り大きいです。
Z3が147㎜×約73㎜×約7.4㎜でXZPが156㎜×約77㎜×約7.9㎜。
画面サイズは5.2インチから5.5インチになっています。
色はLuminous Chromeにしました。写真だと上手く伝わらない・・・というか、普通に写すと写り込むのでわざとそう撮っているのですが普通にクロームメッキです。鏡として使えるくらいに反射します。

Xperia XZ Premium 03
裏側はこんな感じ。Z3同様docomoのロゴが邪魔ですね。XZPはカメラの横にLEDとRGBC-IRセンサーというホワイトバランスがより正確になるセンサーとレーザーAFセンサーという暗所でAFが正確になるセンサーを搭載しています。
カメラの事については長くなりそうなので次の機会にします。

Xperia XZ Premium 11
Xperia XZ Premium 05
上側はイヤホン端子があるだけです。
Z3の角が樹脂になっているのに対してXZPは金属です。Z3の角の部分は衝撃吸収できそうですけど、以前角から落として液晶割ってますからあまり効果は無いでしょう。デザインはこっちの方がカッコいいと思います。

Xperia XZ Premium 10
Xperia XZ Premium 06
端末の左側。XZPはSDカードとSIMカードのスロットがあるだけです。Z3はいつも卓上スタンドで充電していたので不便になるかと思っていましたが・・・↓

Xperia XZ Premium 09
Xperia XZ Premium 07
USB Type-Cの端子がむき出しで、蓋を外す手間がないので卓上スタンドでなくてもさほど不便を感じませんでした。

Xperia XZ Premium 08
Xperia XZ Premium 04
右側は電源キーと音量キーとカメラのシャッター。というボタンは同じですが、電源キーに指紋センサーが搭載されました。右手の親指と左手の薬指を登録しましたが、ボタンの位置は使いやすいし認証までの時間も短くて快適です。今のところZ3と比較して一番良くなった所がこの指紋センサーです。
6月17日に機種変更したのでまだ全然使っていないですが、やっぱり重いしデカイです。
機種変更する度に段々サイズが大きくなってきていますが、さすがにこのサイズが限界でしょうね。カバンを持たずに外出する時ポケットに入れて持ち歩くと結構違和感があります。
初めて手に持った時はかなり大きくなった印象でしたが、側面がRになっているので持ちやすくなっているのも相まってすぐに慣れました。
でも、正直サイズに限って言えばXZsの方が良いかなぁ。なんて思います。『ハイエンド機』という響きがいいからXZPにしましたが、重いゲームとかしないのでオクタコアの恩恵を受けることもありませんし、4K HDR対応ディスプレイも4Kコンテンツを利用しないので「まぁZ3に比べれば綺麗かな」という程度。

Xperia XZ Premium 11
Z3と比べると洗練されていて、ハイエンド感溢れるこのエッジの部分とかのデザインは最高に気に入っていますけどね。

続きを読む

テーマ : スマートフォン
ジャンル : 携帯電話・PHS

iPad Proを買ったらApple Pencilも買うべき!

Apple Pencilが思った以上に便利!

私がiPad Air2ではなく、iPad Pro 9.7を選んだ理由は『最新モデルだから』という一点です。
重たい作業やゲームをやるわけでもないのでA9Xプロセッサの恩恵を受けることはほぼ無いでしょうし、iPadで写真を撮ることは無いのでカメラの性能アップもあまり関係ありません。
しいて言えば、スピーカーが増えたのがありがたいくらい。
ProならではのApple Pencil対応も、私は絵を描かないので必要ないだろうから別にiPad Air2でも問題無いのですが長く使うので最新型が良いだろうという理由でProを選びました。
先日の記事にも書きましたが製品寿命は3年の設定らしいので結果的に正解でした)

それなので、iPad ProをSoftBankで予約してから保護ケースと保護ガラスのみ買ってApple Pencilは購入しませんでした。

iPad AirからiPad Pro 9.7への乗り換えなのでそんなに大きな変化は無いでしょうが、それでも新しいガジェットはテンションが上がるので届くまでiPad Proのレビューのブログや動画を見ていました。

やはり大体はiPadで絵を書いたりペンタブ代わりにしたりするのが便利だという記事が多かったのですが、『手書きメモとして素晴らしい』との記事も散見されます。
どうやら、アプリとの組み合わせによってはすごく便利らしいです。
私は何かを考えるとき(ごく最近で言うと旅行の予定を立てるとき)は『紙のメモに思いつくことをバーっと書いていって、後でEvernoteにまとめる』というやり方をしています。
(それなのでノートやメモ帳をたくさん持っています。

そういう使い方にもApple Pencilがあると便利らしいです。
「そっか、それなら買うか」となるところですが、すぐに買うのを躊躇う価格です。
スタイラスに12,700って・・・。Apple Pencilが如何に素晴らしいものだとしても、スタイラスに出せるのは頑張っても10,000円までだよなぁ・・・。
ということで、ヨドバシカメラで12,740円のところをポイントを2740ポイント使って10,000円の500ポイント還元で購入。
まぁ、クレカの引き落としが10,000円だからどうにか許そうと。

と、前置きが長くなりましたがiPad Proから1日遅れてApplePencilも到着。

Apple Pencil 01
いかにもApple製品という感じの箱に入っています。

Apple Pencil 04
横からスルッと出るようになっています。
この、出てくる感じもそこはかとない高級感があります。

Apple Pencil 05
出ました!高そうなスタイラスという感じです。(実際クソ高いですが)

Apple Pencil 06
内容物は説明書的な紙とペン先の替えが1つ。あとはLightningケーブルを使って充電する時用のメス-メスのアダプタが入っています。

Apple Pencil 07
ペンのお尻の部分が外れるようになっていて、ここから充電できます。
ちなみにこのキャップはマグネットでペンにくっつくので不用意に外れる事は無さそうです。
この部分のリンゴマークは彫ってあって、細工が細かいです。こんな所にお金をかけるならもうちょっと安くしてくれても…という気がしないでもないですが。

Apple Pencil 02
アダプタ無しでもiPadから充電することが出来ますが、充電方法はこれです。
なんじゃこりゃ?iPhoneのプレゼンで「Who wants a stylus?」と言っていたジョブズさんはこれを見てどう思うんでしょうね。
Apple信者の方はWindowsやAndroidの欠点を見つけると「Appleなら~」とか「Macは~」なんて言うイメージがありますが、これはどうなんですか?
もしSurfaceがこれを初めてやったらApple信者の人はここぞとばかりに叩きまくる気がするんですけど。
Apple Pencilが届いたら、とりあえず『Apple Pencilならでは!』ということがやりたくてZen Brush 2というアプリを入れてみました。
筆文字が書けるというだけのアプリなのですが、Apple Pencilを使うとちょっと凝ったことが出来るようになります。

Zen Brush 2 04
筆の向きが表示されています。手やスタイラスで書くと角度が一定ですが、

Zen Brush 2 03
Apple Pencilだと角度も追従します。私は字が致命的に下手くそなのでいいサンプルがお見せできませんが、習字の得意な方ならもっとそれっぽく書けそうです。
もちろん筆圧も感知します。

Zen Brush 2 02
背景や筆の太さ、墨の濃さ、色が墨と朱から選べる他、筆に含ませる墨汁の量を3段階から選べて、大体同じ速度、同じ強さで引いた線でこれだけ違います。
これらの機能を組み合わせて水墨画を書いている方もいるみたいです。

Zen Brush 2 01
漢字を書くと字の下手さがバレるので英語に逃げてみました。
生前「スタイラスなんて誰が欲しがるんだよ!?あんなもんすぐ無くすわ!」と仰っていたスティーブ・ジョブズさんの名言をば。

Zen Brush 2はApple Pencilという物を使ってみようと入れたお遊びアプリなので、正直私には使いみちがないです。「これを使って年賀状を書いてみようかな」くらいの物です。それは買う前から分かっていましたので問題なしです。

もう一つ本命のメモアプリを入れたのですが、これが便利すぎて「iPad ProとApple Pencil買ってよかった!」と心底思い、感動すら覚えました。
次はそのアプリの事について書こうと思います。
つづく。

テーマ : iPad
ジャンル : 携帯電話・PHS

ipad Proと一緒に買ったもの。

iPad Proと一緒に買ったもの。

昨日iPad Pro 9.7 256GBを買ったという記事を書きましたが、今回は一緒に買った小物について書いていこうと思います。

まず保護ケース。

iPad Pro ケース 04
iPad Pro 9.7 ケース | iPad Pro 9.7 ハードケース iPad Pro 9.7 クリアケース | Timber TIIPP02HDCCR | ポリカーボーネート 耐衝撃 (ハードケース, クリア)です。
iPad Airにもクリアのハードケースを付けていたので、値段が安くてレビューも良さそうだったこれに決めました。安いのにパッケージがカッコイイですね。

iPad Pro ケース 05
普通のクリアケースです。
安いからといって、バリがあったり質感が悪かったりということはありません。

iPad Pro ケース 01
上側と左側はこのようになっています。
Smart Keyboard用の端子が使えるように切り欠いてあります。

iPad Pro ケース 02
右側はスイッチ、カメラ、マイクの部分に穴が開いています。
カメラよりも厚いので、これで机の上に置いた時もガタつきません。
(意外と裸のまま置いてもそんなにガタつかないんですが。)

iPad Pro ケース 03
下側はこんな感じです。
横に持った時に違和感を無くすためでしょうか?スピーカーより大きめに切り欠いてあって上側と同じ幅になっています。

届くまでは「多少質感や使用感が悪くても目をつぶろう」くらいの気分でしたが、いざ届いてみると何の不満もない商品でした。
前に買った物は2,500円くらいでしたが、比べても特に悪いと思いませんのでかなりコスパが高いと言えます。
次はガラスフィルム。

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 04
Anker 強化ガラス液晶保護フィルム iPad Pro 9.7 inch / iPad Air / iPad Air 2用
今回はANKERの保護ガラスにしました。充電器タブレットスタンドが安くて高品質で気に入っているので、保護ガラスも変なものは出さないだろうということで。

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 05
ANKER製品っぽいパッケージ。シンプルでカッコイイです。

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 01
付属品がたくさん入っていました。
位置決めやホコリ取りのステッカー、ホームボタンの上に貼るボタン、アルコールクロスとマイクロファイバークロス、あとは説明書と、おなじみのHappy?Not Happy?のサポートの連絡先が書いてある紙です。

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 02
説明書通りに、まず位置決め用のステッカーをiPadの裏に貼ってから保護ガラスの位置決めをします。

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 03
次に反対側に取っ手になるステッカーを貼って、保護ガラスを持ち上げます。
その状態でiPadのガラス面をアルコールで拭いてからマイクロファイバークロスで拭き上げて、最後にホコリ除去シールで微細なホコリを取ったらガラスの保護フィルムを剥がしてiPadに載せて空気を抜いたら出来上がり。

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 09
位置決めがしやすいので不器用な私でも上手に貼れました。
角はラウンドエッジ加工になっています。

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 06
厚みは明記されていませんが0.33mmかな?ホームボタンは若干凹む感じになりますが、操作に問題はなくtouch IDも動作します。

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 07
こればかりはしょうがないとも思いますが、液晶の反射はかなり増えます。
この写真はガラスを貼る前。本棚が若干映っているかな?という程度ですが・・・

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 08
ガラスを貼るとこんな感じ。
かなり盛大に反射しています。せっかくの低反射ガラスが台無しではありますが、私は低反射ガラスではないiPad Airからの乗り換えでしかも保護ガラスを貼っていたので以前と変わらないです。
Air2を裸で使っていた人にとっては反射が気になるかもしれません。

私が初代iPadを買った時の保護ガラスはフッ素コート剤付きで約8,000円。他の製品も4,000円程度でしたが、今は保護ガラスも安くなりました。
あまりにも安いので普通なら安かろう悪かろうで手を出さない価格帯ですが、ANKER製なら大丈夫だろうということで買ってみました。
ガラス本体は今まで使ってきたこの製品より高価な物と比べて遜色ないですし、綺麗に貼るための位置決めのステッカー等はANKERの物のほうが圧倒的に良いです。

安いから耐久性が気になるところかもしれませんが、ハッキリ言って保護ガラスは高いものでも角に衝撃が加われば割れます。
最初に買ったガラスフィルムも、iPadが故障して本体交換になった時に買い直したガラスフィルムも結局割れました。
そして、一箇所割れるとだいたい他の箇所も割れてきます。
2枚目のフィルムは中野サンプラザのホテルで風呂に入った時に誤って落として割ってしまいましたが、その後は特に落とすなどの衝撃を加えなくてもヒビが拡大していきました。
Xperiaのフィルムもそうなので、そんなものなのでしょう。
どうせ何かあったら割れてしまうものなら安いものにしておいて割れたら交換したほうがいいです。そうなると、このANKER製のガラスはベストな選択だと思います。
次はApple Pencil。

Apple Pencil 01
悩みましたが、買いました。
これは長くなるので別の記事にします。




テーマ : iPad
ジャンル : 携帯電話・PHS

プロフィール

第四純愛丸

管理人:第四純愛丸
愛知県の片隅でアニメ見たりラノベとか同人誌読んだりビール飲んだり音楽聴いたりしてます。
買ったもののレビューやら思ったことをつらつら書いてます。

最新記事
カテゴリ
リンク
楽天
最近買ったもの
最近買った本
ブログパーツ