iPad Proを買ったらApple Pencilも買うべき!

Apple Pencilが思った以上に便利!

私がiPad Air2ではなく、iPad Pro 9.7を選んだ理由は『最新モデルだから』という一点です。
重たい作業やゲームをやるわけでもないのでA9Xプロセッサの恩恵を受けることはほぼ無いでしょうし、iPadで写真を撮ることは無いのでカメラの性能アップもあまり関係ありません。
しいて言えば、スピーカーが増えたのがありがたいくらい。
ProならではのApple Pencil対応も、私は絵を描かないので必要ないだろうから別にiPad Air2でも問題無いのですが長く使うので最新型が良いだろうという理由でProを選びました。
先日の記事にも書きましたが製品寿命は3年の設定らしいので結果的に正解でした)

それなので、iPad ProをSoftBankで予約してから保護ケースと保護ガラスのみ買ってApple Pencilは購入しませんでした。

iPad AirからiPad Pro 9.7への乗り換えなのでそんなに大きな変化は無いでしょうが、それでも新しいガジェットはテンションが上がるので届くまでiPad Proのレビューのブログや動画を見ていました。

やはり大体はiPadで絵を書いたりペンタブ代わりにしたりするのが便利だという記事が多かったのですが、『手書きメモとして素晴らしい』との記事も散見されます。
どうやら、アプリとの組み合わせによってはすごく便利らしいです。
私は何かを考えるとき(ごく最近で言うと旅行の予定を立てるとき)は『紙のメモに思いつくことをバーっと書いていって、後でEvernoteにまとめる』というやり方をしています。
(それなのでノートやメモ帳をたくさん持っています。

そういう使い方にもApple Pencilがあると便利らしいです。
「そっか、それなら買うか」となるところですが、すぐに買うのを躊躇う価格です。
スタイラスに12,700って・・・。Apple Pencilが如何に素晴らしいものだとしても、スタイラスに出せるのは頑張っても10,000円までだよなぁ・・・。
ということで、ヨドバシカメラで12,740円のところをポイントを2740ポイント使って10,000円の500ポイント還元で購入。
まぁ、クレカの引き落としが10,000円だからどうにか許そうと。

と、前置きが長くなりましたがiPad Proから1日遅れてApplePencilも到着。

Apple Pencil 01
いかにもApple製品という感じの箱に入っています。

Apple Pencil 04
横からスルッと出るようになっています。
この、出てくる感じもそこはかとない高級感があります。

Apple Pencil 05
出ました!高そうなスタイラスという感じです。(実際クソ高いですが)

Apple Pencil 06
内容物は説明書的な紙とペン先の替えが1つ。あとはLightningケーブルを使って充電する時用のメス-メスのアダプタが入っています。

Apple Pencil 07
ペンのお尻の部分が外れるようになっていて、ここから充電できます。
ちなみにこのキャップはマグネットでペンにくっつくので不用意に外れる事は無さそうです。
この部分のリンゴマークは彫ってあって、細工が細かいです。こんな所にお金をかけるならもうちょっと安くしてくれても…という気がしないでもないですが。

Apple Pencil 02
アダプタ無しでもiPadから充電することが出来ますが、充電方法はこれです。
なんじゃこりゃ?iPhoneのプレゼンで「Who wants a stylus?」と言っていたジョブズさんはこれを見てどう思うんでしょうね。
Apple信者の方はWindowsやAndroidの欠点を見つけると「Appleなら~」とか「Macは~」なんて言うイメージがありますが、これはどうなんですか?
もしSurfaceがこれを初めてやったらApple信者の人はここぞとばかりに叩きまくる気がするんですけど。
Apple Pencilが届いたら、とりあえず『Apple Pencilならでは!』ということがやりたくてZen Brush 2というアプリを入れてみました。
筆文字が書けるというだけのアプリなのですが、Apple Pencilを使うとちょっと凝ったことが出来るようになります。

Zen Brush 2 04
筆の向きが表示されています。手やスタイラスで書くと角度が一定ですが、

Zen Brush 2 03
Apple Pencilだと角度も追従します。私は字が致命的に下手くそなのでいいサンプルがお見せできませんが、習字の得意な方ならもっとそれっぽく書けそうです。
もちろん筆圧も感知します。

Zen Brush 2 02
背景や筆の太さ、墨の濃さ、色が墨と朱から選べる他、筆に含ませる墨汁の量を3段階から選べて、大体同じ速度、同じ強さで引いた線でこれだけ違います。
これらの機能を組み合わせて水墨画を書いている方もいるみたいです。

Zen Brush 2 01
漢字を書くと字の下手さがバレるので英語に逃げてみました。
生前「スタイラスなんて誰が欲しがるんだよ!?あんなもんすぐ無くすわ!」と仰っていたスティーブ・ジョブズさんの名言をば。

Zen Brush 2はApple Pencilという物を使ってみようと入れたお遊びアプリなので、正直私には使いみちがないです。「これを使って年賀状を書いてみようかな」くらいの物です。それは買う前から分かっていましたので問題なしです。

もう一つ本命のメモアプリを入れたのですが、これが便利すぎて「iPad ProとApple Pencil買ってよかった!」と心底思い、感動すら覚えました。
次はそのアプリの事について書こうと思います。
つづく。
スポンサーサイト

テーマ : iPad
ジャンル : 携帯電話・PHS

ipad Proと一緒に買ったもの。

iPad Proと一緒に買ったもの。

昨日iPad Pro 9.7 256GBを買ったという記事を書きましたが、今回は一緒に買った小物について書いていこうと思います。

まず保護ケース。

iPad Pro ケース 04
iPad Pro 9.7 ケース | iPad Pro 9.7 ハードケース iPad Pro 9.7 クリアケース | Timber TIIPP02HDCCR | ポリカーボーネート 耐衝撃 (ハードケース, クリア)です。
iPad Airにもクリアのハードケースを付けていたので、値段が安くてレビューも良さそうだったこれに決めました。安いのにパッケージがカッコイイですね。

iPad Pro ケース 05
普通のクリアケースです。
安いからといって、バリがあったり質感が悪かったりということはありません。

iPad Pro ケース 01
上側と左側はこのようになっています。
Smart Keyboard用の端子が使えるように切り欠いてあります。

iPad Pro ケース 02
右側はスイッチ、カメラ、マイクの部分に穴が開いています。
カメラよりも厚いので、これで机の上に置いた時もガタつきません。
(意外と裸のまま置いてもそんなにガタつかないんですが。)

iPad Pro ケース 03
下側はこんな感じです。
横に持った時に違和感を無くすためでしょうか?スピーカーより大きめに切り欠いてあって上側と同じ幅になっています。

届くまでは「多少質感や使用感が悪くても目をつぶろう」くらいの気分でしたが、いざ届いてみると何の不満もない商品でした。
前に買った物は2,500円くらいでしたが、比べても特に悪いと思いませんのでかなりコスパが高いと言えます。
次はガラスフィルム。

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 04
Anker 強化ガラス液晶保護フィルム iPad Pro 9.7 inch / iPad Air / iPad Air 2用
今回はANKERの保護ガラスにしました。充電器タブレットスタンドが安くて高品質で気に入っているので、保護ガラスも変なものは出さないだろうということで。

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 05
ANKER製品っぽいパッケージ。シンプルでカッコイイです。

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 01
付属品がたくさん入っていました。
位置決めやホコリ取りのステッカー、ホームボタンの上に貼るボタン、アルコールクロスとマイクロファイバークロス、あとは説明書と、おなじみのHappy?Not Happy?のサポートの連絡先が書いてある紙です。

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 02
説明書通りに、まず位置決め用のステッカーをiPadの裏に貼ってから保護ガラスの位置決めをします。

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 03
次に反対側に取っ手になるステッカーを貼って、保護ガラスを持ち上げます。
その状態でiPadのガラス面をアルコールで拭いてからマイクロファイバークロスで拭き上げて、最後にホコリ除去シールで微細なホコリを取ったらガラスの保護フィルムを剥がしてiPadに載せて空気を抜いたら出来上がり。

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 09
位置決めがしやすいので不器用な私でも上手に貼れました。
角はラウンドエッジ加工になっています。

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 06
厚みは明記されていませんが0.33mmかな?ホームボタンは若干凹む感じになりますが、操作に問題はなくtouch IDも動作します。

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 07
こればかりはしょうがないとも思いますが、液晶の反射はかなり増えます。
この写真はガラスを貼る前。本棚が若干映っているかな?という程度ですが・・・

ANKER iPad Pro 9.7 保護ガラス 08
ガラスを貼るとこんな感じ。
かなり盛大に反射しています。せっかくの低反射ガラスが台無しではありますが、私は低反射ガラスではないiPad Airからの乗り換えでしかも保護ガラスを貼っていたので以前と変わらないです。
Air2を裸で使っていた人にとっては反射が気になるかもしれません。

私が初代iPadを買った時の保護ガラスはフッ素コート剤付きで約8,000円。他の製品も4,000円程度でしたが、今は保護ガラスも安くなりました。
あまりにも安いので普通なら安かろう悪かろうで手を出さない価格帯ですが、ANKER製なら大丈夫だろうということで買ってみました。
ガラス本体は今まで使ってきたこの製品より高価な物と比べて遜色ないですし、綺麗に貼るための位置決めのステッカー等はANKERの物のほうが圧倒的に良いです。

安いから耐久性が気になるところかもしれませんが、ハッキリ言って保護ガラスは高いものでも角に衝撃が加われば割れます。
最初に買ったガラスフィルムも、iPadが故障して本体交換になった時に買い直したガラスフィルムも結局割れました。
そして、一箇所割れるとだいたい他の箇所も割れてきます。
2枚目のフィルムは中野サンプラザのホテルで風呂に入った時に誤って落として割ってしまいましたが、その後は特に落とすなどの衝撃を加えなくてもヒビが拡大していきました。
Xperiaのフィルムもそうなので、そんなものなのでしょう。
どうせ何かあったら割れてしまうものなら安いものにしておいて割れたら交換したほうがいいです。そうなると、このANKER製のガラスはベストな選択だと思います。
次はApple Pencil。

Apple Pencil 01
悩みましたが、買いました。
これは長くなるので別の記事にします。




テーマ : iPad
ジャンル : 携帯電話・PHS

ipad Pro 9.7インチを買いました。

ipad Pro 9.7インチ 256GB購入!

初代iPadからiPad Airに機種変更して約2年半。私の予想では3月22日のAppleの発表でiPad Air3が発表されるはずだったのでそれに機種変更する予定が、まさかのiPad Pro 9.7インチでした。
iPad Pro=Apple Pencilみたいなイメージがありますが、私はApple Pencilは要らないので来年に発売されるであろうiPad Air3を待とうと思いました。

しかし、発表があってからどうにも気になってしょうがないんです。
絵を描かないから要らないと思っていたApplePencilも手書きメモとして便利みたいですし、別に無理に買わなくてもApple PencilがないとiPad Proは使えないというわけではありませんから。
こうやって悩んでいる時はどうせ買うことになるだろうということで、SoftBankオンラインでポチッと。

悩んだ結果購入に踏み切った決定打は、いつもの『旅行に行くからその時には新しい物を持って行こう』という理屈です。
時計とかブックカバーとか、いつもそんな事言ってますがw)

私が予約してから数日後、Appleから『iPhoneの寿命は3年想定』との発言がありました。
iPad Airが出るまで初代iPadでどうにかなりましたし、iPhone4SでiPhone6Sまで頑張った友人もいるので別に3年で使い物にならなくなるというわけでも無いですがAppleさんがそう言うなら買い替えどきということですね。
安くなったiPad Air2も一瞬考えましたが、長く使うものだからと最新のモデルにして良かったです。

iPad Pro 9.7 04
オンラインで予約したのが4月17日で本申し込みのメールが来たのが5月11日。
すぐに手続きをして5月12日発送で13日に到着しました。

iPad Pro 9.7 01
USIMカードと一緒にAmazon的な梱包で入っていました。

iPad Pro 9.7 02
外箱。アップル製品!という感じでいいですね。
色はシルバーと悩みましたが、今までがシルバーだったのでゴールドにしてみました。

iPad Pro 9.7 03
初めてのtouch ID端末なのでホームボタンに□がないのが新鮮です。

iPad Pro 9.7 09
iPad Airはもう手放すので、最後にiPad Proと比較してみました。
右サイドはProの方はミュートスイッチが無くなっています。これはAir2からですね。

iPad Pro 9.7 05
左サイドはSmart Keyboard用の端子が増えています。
私はiPadには物理キーボードは必要ありませんし、あったとしてもあんな高いキーボードは買わないので必要ありませんw

iPad Pro 9.7 06
下側。こちらは従来通り、スピーカーが2つとLightning端子があります。

iPad Pro 9.7 07
上側。Proではこちらにもスピーカーがあります。
このおかげで横位置で動画を見る時もステレオになります。これは大きな進歩ですね。

iPad Pro 9.7 08
背面。今までのCellularモデルはアンテナの部分のデザインが微妙だったのですが、Proからはラインのみになりました。
性能的には変わりませんが、こちらの方がカッコイイので文句なしです。
文句があるのははこのカメラですね。性能がアップしてフラッシュも付きましたが、ついにiPadもカメラが出っ張ってしまいました。
外観の比較はこんな感じです。アンテナの変更は良いですけどカメラの変更が残念といったところです。
並べて見てみると、色はゴールドにして正解でした。「色が良い」というより、今までと違う色のほうが新しい端末という感じがするので新鮮です。

箱から出して持った時は薄さと軽さに驚きました。
初代iPadからAirに替えた時ほどではないにしても、薄さには特に驚きました。
iPad Airでも十分薄くて軽かったのにiPad Proは厚さ6.1mmと、Airの7.5mmより1.4mm薄くなっています。重量はAirが478gに対してProが444と34gの軽量化です。

iPad ProはAir2と全く同じサイズと重量なのですが、スピーカーやカメラのフラッシュ等が増えているのに同じ重量ということは若干軽量化されているということですね。
Airを買った時はこれ以上薄くするのは無理なんじゃないか?なんて思っていたのですが技術の進歩はすごいです。
冒頭でも書いた通り、今回は初めてSoftBank オンラインで購入したので自分でSIMを入れたり開通作業も自分でしなくてはいけません。
何となくつまづくんじゃないかなぁと思っていたのですが、驚くほどあっさり開通できました。SoftBankのページが親切で迷うこともありませんでしたし、色々入力しないといけないかと思っていたらMy SoftBankにログインしただけですべて終わって「あれ?本当に終わりでいいの?」という感じでした。

こんなに簡単なら次も機種変更はネットで良いかと思いました。
今回は届いてiPad Airと比較してみただけですが、もうちょっと使ってみてからレビューも書こうと思いますが、とりあえず一緒に買った小物の記事を先に書こうと思います。


テーマ : iPad
ジャンル : 携帯電話・PHS

タブレットスタンドを買い直しました。

タブレットスタンドを買い直しました。

以前に買って、特に旅行の時などは大活躍してくれたANKERのタブレットスタンド。
新幹線の中でも、ホテルの部屋でも使っていたので「もうタブレットスタンド無しでの旅行なんて考えられない!」というくらいに気に入っていたのですが、紛失してしまいました(涙)

紛失したのは去年の10月頃で、最後に使ったのは部屋の中なので確実に部屋にあるはずだから大掃除の時に出てくるだろうと思っていたのですが見つかりませんでした。

家の中では使わないのでとりあえずは問題ないのですが、来月、2月20日から東京に行くのでその時までにどうにかしないといけません。

そこで新しいタブレットスタンドを探してみたのですが、探してみるとANKERの物がいかに私の使用用途に合っていて、かつ質も良い物だったかを実感しました。

どうせ買うなら(ブログのネタにもなるし)違うものが良かったのですが、ANKERの物を買い直そうとしたらamazonに同じものが2つある?
何が違うんだろと思って高い方をクリックしたら、ANKERから新型が出ているようです。
どうやら前のモデルより軽量化された上位モデルだそうで、これは願ったり叶ったりです。迷わずポチッと!

ANKER タブレットスタンド 新型 04
箱はいつものANKER製品の箱です。

ANKER タブレットスタンド 新型 05
Thanks for choosing Anker!もいつも通り。

ANKER タブレットスタンド 新型 09
内容物もこんな感じで特に変わりなし。

ANKER タブレットスタンド 新型 01
さて、本体はこんな感じ。以前に比べると幅が狭くなっています。
そして、持った瞬間に分かるくらい軽量化されています。

ANKER タブレットスタンド 新型 02
タブレットの受け部分のゴムパーツは以前のように外れるようになっています。

ANKER タブレットスタンド 新型 03
以前はこの足の部分がプラスチックでしたが、新型はこちらもアルミになっています。
角度調整はこの上の丸い部分を押しながら行います。
9方向に調整可能で、以前よりは少ないかな?という感じ。でも必要十分です。

ANKER タブレットスタンド 新型 08
前後にゴムの足が付いています。
旧モデルはこの足のおかげで新幹線でも安定していたので安心して動画視聴できました。
こちらも同様のしっかりした物が付いているので大丈夫そうです。

ANKER タブレットスタンド 新型 06
ipad Airを置いてみました。
前のモデルより幅は狭いですが、特に不安定という感じはしないです。

ANKER タブレットスタンド 新型 07
もちろん縦置きでも大丈夫です。
ホームボタンが押せるような形状になっているのも以前と同様です。

さすがANKER製だけあって作りはしっかりしていて高級感もあり、使い心地も良くて文句の付け所がありません。
以前のモデルも十分良かったのですが、以前はプラスチックだった足の部分や角度調整のボタンもアルミになって統一感が出てさらにスタイリッシュになりました。

重量も以前のモデルに比べて40%以上軽量化されてたったの103gと、見た目の印象からするとかなり軽いです。無駄に荷物の多い私にとっては大変ありがたいことです。

これ以上のタブレットスタンドは無いのでは?というくらいに完璧な商品です。強いて悪いところを挙げるとしたら値段でしょうか。
旧型と併売されていて今現在は旧型の方が999円、新型が1499円となっています。
それなので、「持ち歩かないから重量はどうでもいい」とか「少しでも安いほうがいい」というなら旧型という選択肢もありだと思います。
商品としては旧型も間違いなくいい物なので。

久々に旅行なので張り切ってこんなグッズを買ってみました。
多分必要な物はこれくらいだと思うのですが・・・。また、何か必要な物を買い足してブログの記事になりそうな物だったら書こうと思います。



続きを読む

テーマ : 日用品・生活雑貨
ジャンル : ライフ

Xperia Z3にガラスフィルムを貼りました。

Xperia Z3用ガラスフィルム購入!

先日、不慮の事故から使っていたXperia Z1の液晶を割ってしまってXperia Z3に機種変更しました。

Z1にも保護ガラスを貼っていたにもかかわらず液晶が割れてしまったのですが、やっぱり貼ってないと落ち着かないのでZ3にも保護ガラスを貼ることにしました。

今回買ったのはMS Products LP-XPZ3FGL2という商品です。
0.2mmにしようとも思ったのですが前に使っていた0.2mmの物は結構早い段階で角が欠けてしまったので今回は0.33mmにしました。
0.2mmの物だと両面セット売りの物が無いみたいで、別々で買うと結構な金額になってしまうんですよね。
まぁ、どの程度変わるのかは不明ですが厚いほうが強いだろうということで。

買ったのは両面タイプなので合わせて0.66mm厚くなるので7.96mmとなりますが、それでもZ1より0.54mm薄いことになります。
Z1には0.2mmのガラスを貼っていたので今までに比べたら0.74mm薄いことになるので厚みが増しても今までよりは薄いので気になりません。

Xperia Z3 保護ガラス 01 Xperia Z3 保護ガラス 02

Xperia Z3 保護ガラス 03
外箱と同梱物はこんな感じです。
湿ったアルコール洗浄布と拭き跡を拭き取るための乾いた洗浄布。
それにホコリ除去のラベルが付属していました。

私は愛用のiCOLOCOLOで指紋を取ってから途中で付着したホコリはエアブロワーで吹き飛ばして貼りました。

ブロアで吹き飛ばして、いざ貼ろうと思ったらまたホコリが付着して・・・なんて事を繰り返して悪戦苦闘の末、こんな感じで貼れました。

Xperia Z3 保護ガラス 04

Xperia Z3 保護ガラス 05
若干ズレましたが、自分では結構上手く貼れたほうなので満足です。
Z1の時はスピーカーの穴が無かったので、0.2mmで近接センサーに影響のないものだと前面パネルに穴が一切無くてスッキリしていたのですが、Z3はスピーカーが全面にあるのでどうしてもそれ用の穴は必要です。

値段と強度と、あともう一つ0.33mmにした理由が『穴が無い方がシンプルでいいけど、近接センサー用の穴が無くなっても結局スピーカーの穴があるからと変わらない』というのもあったのですが、貼ってみるとやっぱり近接センサーの穴は空いてないほうがいいですね。やっぱり無駄な穴がないに越したことはないです。
見た目はちょっと気に入らないですが、まぁ強度優先ということで納得しておきましょう。
わざわざ買い替えたりはしませんが、これが破損したら薄い物にすると思います。

装着感は端末の側面のRからつながるようにラウンドエッジのガラスになっていて(穴の部分以外は)あたかも最初からそうなっていたかのようです。

次に使用感ですが、結構滑りやすくなっていて昔iPadに使っていたクリスタルアーマーに匹敵するくらい滑らかな指ざわりです。
それなのでタッチ操作の感触は抜群にいいのですが、持っている時は逆に滑りやすくて落としてしまいそうです。
初めて両面タイプを買ったのですが、裏側はフィルムでも良かったかも。

貼った状態ではデフォルトの充電クレードルには入らなくなったので、厚いほうに付け替えました。

今回は急遽機種変更だったので保護ガラスも用意していなくて、ドコモショップで手続き中に通信テストというものでちょっと待ち時間ができた時にiPadで探してポチりました。
あまりもたもたしていると次の日に届かなくなるかもしれないのでパパっと探してすぐポチッて。という感じで、吟味する時間がありませんでした。

今になって冷静に考えてみると、液晶はクリスタルアーマー® for Xperia Z3 (0.15mm ゴリラガラス)にして、背面は衝撃吸収保護フィルム Xperia Z3 背面のみを買うかなぁ・・・。という感じ。
別にこのフィルムに致命的な欠点があるわけではないのですが、やっぱり近接センサーとカメラの穴が気になってしまって。

ともあれ、わざわざ買い直す気は無いのでこれを大事に使っていこうと思います。

テーマ : XPERIA
ジャンル : 携帯電話・PHS

プロフィール

第四純愛丸

管理人:第四純愛丸
愛知県の片隅でアニメ見たりラノベとか同人誌読んだりビール飲んだり音楽聴いたりしてます。
買ったもののレビューやら思ったことをつらつら書いてます。

最新記事
カテゴリ
リンク
楽天
最近買ったもの
最近買った本
ブログパーツ